リードスワロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リードスワロー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年2月20日
死没 不明
フジオンワード
ライトフレーム
母の父 ライジングフレーム
生国 日本北海道門別町
生産 佐々木節哉
馬主 熊本芳雄
調教師 服部正利栗東)
競走成績
生涯成績 30戦5勝
獲得賞金 1億1425万4200円
テンプレートを表示

リードスワローは、日本競走馬繁殖牝馬1978年エリザベス女王杯の勝ち馬。 半兄に1974年の年度代表馬キタノカチドキがいる。

戦績[編集]

※馬齢は旧表記に統一する。

3歳[編集]

半兄キタノカチドキと同じ服部正利厩舎に入厩し、半兄の主戦であった武邦彦を背にデビュー。初戦は7着に敗れたが、連闘で臨んだ折り返しの新馬戦で初勝利をあげる。
その後、年内は3戦したが2着が最高であった。

4歳[編集]

年が明けても勝ちきれない競馬が続いたが、福永洋一が騎乗した菜の花賞で2勝目をあげる。
9番人気で迎えた桜花賞では中団から追いこんで来たものの0秒3差の4着に終わる。(勝ったのは前走で騎乗した福永が騎乗したオヤマテスコであり、勝ち馬から8着までが0秒4差の大混戦であった。)
4歳牝馬特別5着を挟んで迎えたオークスでは前走に騎乗した蓑田早人を背に参戦。桜花賞馬オヤマテスコには先着するものの、ファイブホープの5着に敗れる。
秋は条件戦を3戦挟み、桜花賞以来の武邦彦騎乗で挑んだエリザベス女王杯。前走京都の勝ちっぷりも評価されたのか1番人気に支持された。レースは中団から鋭く伸びて初重賞勝ちを飾った。

初の古馬との対戦となった次走阪神牝馬特別は7着に終わった。

5歳以降[編集]

お手馬との兼ね合いもあり、5歳以降は田島信行が主戦騎手となるが5歳時の小倉大賞典2着と阪急杯勝ちが目立つ程度で、連覇を狙った翌年の阪急杯8着を最後に引退した。

血統表[編集]

リードスワロー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リボー系
[§ 2]

*フジオンワード
Fuji Onward
1963 鹿毛
父の父
Ribot
1952 鹿毛
Tenerani Bellini
Tofanella
Romanella El Greco
Barbara Burrini
父の母
Fiji
1956 鹿毛
Hill Prince Princequillo
Hildene
Fifth Fleet Count Fleet
Lost Horizon

ライトフレーム
1959 黒鹿毛
*ライジングフレーム
Rising Flame
1947 黒鹿毛
The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille de Poete
Admirable Nearco
Silvia
母の母
グリンライト
1947 栗毛
*ダイオライト
Diolite
Diophon
Needle Rock
栄幟 *プライオリーパーク
賀栄
母系(F-No.) フロリースカツプ(GB)系(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Pharos5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [1]
  3. ^ [1]
  4. ^ [1]

なお、ニホンピロウイナーは半姉ニホンピロエバート(父・チャイナロック)の産駒であり、リードスワローの甥である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 血統情報:5代血統表|リードスワロー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年7月15日閲覧。