リワードウイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リワードウイング
RewardWing.jpg
2007年6月17日 うらかわ優駿ビレッジAERU
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1982年4月26日
死没 2008年1月15日(26歳没)
グリーングラス
フクインデアナ
母の父 インディアナ
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 川崎清
馬主 宮崎忠比古
調教師 鶴留明雄栗東
競走成績
生涯成績 20戦4勝
獲得賞金 9458万8000円
テンプレートを表示

リワードウイング日本競走馬1985年エリザベス女王杯を制した、グリーングラスの産駒として、唯一のGI勝ち馬である。主戦騎手は内田国夫(現・調教助手)。

戦績[編集]

420キログラム前後の小柄な馬。デビューは1984年10月14日京都競馬場の新馬戦で内田国夫が騎乗し2着。その後も勝ち切れず、初勝利は5戦目で翌年2月の未勝利戦であった。

そして小島貞博に乗り替わりチューリップ賞に挑戦するも5着。さらに忘れな草賞も2着と、オープンクラスで善戦はするも本賞金の加算を逃す。5月、鞍上を内田に戻し、奇しくもエリザベス女王杯と同じコースとなる京都競馬場の芝2400メートルで行われた、自己条件(400万円下)の特別戦(端午賞)でようやく2勝目を挙げた。その後もオークス出走を見送り、無理をしない程度に月1走ペースで自己条件のレースに出走するが、3勝目は9月の長月特別までお預けとなった。

ようやく10月に初めて重賞(ローズステークス)に挑むも、後方待機のこの馬にとって先行馬有利の流れが災いし、8着と完敗。そして20頭立てで6番人気で臨んだエリザベス女王杯では、桜花賞エルプスオークスノアノハコブネ、1番人気アサクサスケールを相手に、後方追走から直線では大外から一気に差し切り、当時のレースレコードとなる2分26秒8で快勝。内国産種牡馬不遇の時代の中、父グリーングラスの名をさらに高めた。

同年にエルプス、ノアノハコブネはターフを去ったが、リワードウイングは翌々年まで引き続き内田を背に現役を続行した。しかし大原ステークスの3着が最高で、結局エリザベス女王杯以降、1勝も挙げられず引退。通算成績20戦4勝。

引退後[編集]

引退後は繁殖牝馬となる。これという代表産駒は出なかったが、孫の世代でリワードフォコン、リワードアンセルを出すなど、地道ながら血は続いている。

高齢のため繁殖牝馬を引退し、2002年2月より功労馬として観光施設(うらかわ優駿ビレッジAERU)に移り余生を送る。ほかの仔馬を見守るなど優しい一面を見せ、ファンも多く訪れたというが、2008年1月15日、老衰のため死亡した。

血統表[編集]

リワードウイング血統ハイペリオン系) / Nearco4×4=12.50%、Gainsborough5×5=6.25% (父内) ) (血統表の出典)

グリーングラス
1973 鹿毛
父の父
*インターメゾ
Intermezzo
1966 黒鹿毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Plaza Persian Gulf
Wild Success
父の母
ダーリングヒメ
1964 栗毛
*ニンバス Nearco
Kong
ダーリングクイン *ゲイタイム
Gay Time
ダーリング

フクインデアナ
1968 鹿毛
*インディアナ
1961 鹿毛
Sayajirao Nearco
Rosy Legend
Willow Ann Solario
Court of Appeal
母の母
フクミノリ
1955 鹿毛
トサミドリ プリメロ
フリツパンシー
ニユージランド ダイオライト
レデイライモンド F-No.4-d
  • 祖母フクミノリの半兄に天皇賞(春)馬・ミツハタがいる。

外部リンク[編集]