エリモシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリモシック[1]
欧字表記 Erimo Chic[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 青鹿毛[1]
生誕 1993年3月19日[1]
死没 2014年8月6日[2]
登録日 1995年12月21日
抹消日 1998年4月12日
ダンシングブレーヴ[1]
エリモシューテング[1]
母の父 テスコボーイ[1]
生国 日本の旗 日本北海道えりも町[1]
生産 えりも農場[1]
馬主 山本慎一[1]
調教師 沖芳夫栗東[1]
競走成績
生涯成績 17戦4勝[1]
獲得賞金 2億3093万3000円[1]
 
勝ち鞍
GI エリザベス女王杯 1997年
テンプレートを表示

エリモシックとは日本の元競走馬繁殖馬1997年エリザベス女王杯に優勝した。

戦績[編集]

1996年春の阪神でデビューし、初戦こそ4着に敗れたものの次の新馬戦と500万下特別のはなみずき賞を連勝、オークスの出走権を賭けて出走した4歳牝馬特別では後方待機から上り33.6秒の強烈な末脚を繰り出して3着に入り、オークスへの優先出走権を手にした[3]。オークスではエアグルーヴに次ぐ2番人気に支持されるものの6着に敗れた[3]。秋は9月の函館の900万下特別の津軽海峡特別から復帰、この時は5着に敗れたものの、続く京都で行われた嵯峨野特別を快勝し900万下クラスを卒業、秋華賞に挑んだ[4]。秋華賞ではファビラスラフインの2着と健闘したが、その後のエリザベス女王杯では古馬の壁に跳ね返されて8着に敗れた[3]

1997年はオープン特別の都大路ステークスから復帰したが6着、テレビ愛知オープンでは1番人気に推されたが10着と大敗してしまう。続くマーメイドステークスでも7着に敗れたのち、札幌遠征を期に主戦騎手河内洋から的場均へ変更し、的場はエリモシックの特徴を生かすため、最後方から追い込む競馬に専念することとし、その結果、札幌日経オープンで出走メンバー中最速の脚を繰り出して3着になると、札幌記念でもエアグルーヴの2着に入り、復調した[3]府中牝馬ステークス4着を経て、主な勝ち鞍が嵯峨野特別という身で迎えたエリザベス女王杯では後方から追い込み、かつての主戦騎手だった河内洋騎乗の連覇を狙ったダンスパートナーをクビの差で交わして優勝[3][4]。初重賞制覇をGI制覇という最高の形で飾り、的場も後に「会心のレース」と振り返った[3]。翌1998年も現役を続けたが、産経大阪杯でエアグルーヴの5着を最後に現役を引退し、繁殖生活に入った[3]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[5]およびJBISサーチ[6]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
(kg)
距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1996 3. 3 阪神 新馬 13 4 5 59.1 (8人) 4着 渡辺薫彦 52 芝1600m(良) 1:36.2 (35.7) 0.5 トウショウオリオン
3. 17 阪神 新馬 12 3 3 6.7 (4人) 1着 河内洋 53 芝2200m(重) 2:16.7 (35.6) -0.3 (マチカネナナヒカリ)
4. 6 阪神 はなみずき賞 500 18 7 15 3.0 (1人) 1着 河内洋 54 芝2200m(良) 2:13.4 (35.3) -0.2 (サンデーライオン)
4. 28 東京 サンスポ賞4歳牝馬特別 GII 16 6 11 2.9 (1人) 3着 河内洋 54 芝2000m(良) 2:03.8 (33.6) 0.4 センターライジング
5. 26 東京 優駿牝馬 GI 18 8 16 5.5 (2人) 6着 河内洋 55 芝2400m(良) 2:29.7 (35.0) 0.6 エアグルーヴ
9. 8 函館 津軽海峡特別 900 12 5 6 2.6 (1人) 5着 四位洋文 53 芝1800m(良) 1:49.9 (36.5) 1.0 プリンセストウジン
10. 5 京都 嵯峨野特別 900 8 4 4 2.7 (2人) 1着 河内洋 53 芝2200m(良) 2:13.5 (34.2) -0.2 (ニシノダイオー)
10. 20 京都 秋華賞 GI 18 6 11 15.1 (3人) 2着 河内洋 55 芝2000m(良) 1:58.3 (35.5) 0.2 ファビラスラフイン
11. 10 京都 エリザベス女王杯 GI 16 4 7 9.3 (6人) 8着 河内洋 54 芝2200m(良) 2:14.8 (34.6) 0.5 ダンスパートナー
1997 5. 4 京都 都大路S OP 12 8 11 9.8 (4人) 6着 河内洋 53 芝1600m(良) 1:35.5 (36.5) 0.7 ナムラホームズ
5. 31 中京 テレビ愛知OP OP 16 6 12 3.5 (1人) 10着 河内洋 56 芝1800m(良) 1:50.1 (38.4) 1.6 マジックキス
6. 22 阪神 マーメイドS GIII 13 2 2 17.2 (5人) 7着 河内洋 55 芝2000m(稍) 2:03.8 (37.6) 1.2 エアグルーヴ
8. 3 札幌 札幌日経OP OP 14 7 12 10.0 (3人) 3着 的場均 54 芝1800m(良) 1:47.3 (34.4) 0.6 ナリタプロテクター
7. 7 札幌 札幌記念 GII 13 1 1 17.6 (4人) 2着 的場均 54 芝2000m(良) 2:00.6 (35.6) 0.4 エアグルーヴ
10. 12 東京 府中牝馬S GIII 11 8 10 3.0 (2人) 4着 的場均 55 芝1800m(良) 1:46.6 (33.6) 0.3 クロカミ
11. 9 京都 エリザベス女王杯 GI 15 3 5 8.8 (3人) 1着 的場均 56 芝2200m(良) 2:12.5 (34.8) 0.0 (ダンスパートナー)
1998 4. 5 阪神 産経大阪杯 GII 9 8 8 23.3 (5人) 5着 的場均 57 芝2000m(良) 2:01.7 (34.2) 0.4 エアグルーヴ

引退後[編集]

引退後、繁殖馬として2013年まで活躍し、2013年にワークフォースの仔を産んだのを最後に繁殖を引退して、その後は認定NPO法人引退馬協会の支援でフォスターホースとして、北海道浦河町にある本桐牧場で功労馬として余生を過ごしていた[2][3]。しかし、2014年7月頃から体調を崩し、同年8月6日午後3時(JST)、両肺からの出血による呼吸不全のため21歳で死亡した[2]

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 厩舎 馬主 戦績 出典
初仔 1999 エリモシャイニー 鹿毛 ブライアンズタイム 沖芳夫(JRA)
→謝明方(兵庫
山本慎一 14戦1勝(地方1勝)(引退・繁殖) [7]
2番仔 2000 エリモトップスター 鹿毛 トニービン 沖芳夫 山本菊一 (不出走) [8]
3番仔 2001 サイレンスゴールド 青鹿毛 サンデーサイレンス 山本慎一 50戦3勝 [9]
4番仔 2004 ファストパス 鹿毛 タイキシャトル 山本敏晴 16戦1勝(繁殖) [10]
5番仔 2005 レディーファースト 青毛 ダンスインザダーク 森秀行 (有)エクセルマネジメント 9戦0勝(繁殖) [11]
6番仔 2006 ダノンエリモトップ 鹿毛 キングカメハメハ (株)ダノックス 30戦5勝 [12]
7番仔 2010 サトノフェニックス 青鹿毛 シンボリクリスエス 村山明(JRA)
→新子雅司(兵庫)
→村山明
里見治 21戦5勝(うち地方5勝) [13]
8番仔 2012 プレシャスロード 青鹿毛 ネオユニヴァース 佐々木晶三 山本三津子 9戦1勝(うち地方1勝) [14]
9番仔 2013 エレンシア 黒鹿毛 ワークフォース 和田正道 (株)グリーンファーム 2戦0勝 [15]

血統表[編集]

エリモシック血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リファール系

*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛
父の父
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
父の母
Navajo Princess
1974 鹿毛
Drone Sir Gaylord
Cap and Bells
Olmec Pago Pago
Chocolate Beau

エリモシューテング
1984 黒鹿毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
母の母
デプグリーフ
1974 鹿毛
Vaguely Noble *ヴィエナ
Noble Lassie
*デプス Buckpasser
Batteur
母系(F-No.) (FN:9-f) [§ 2]
5代内の近親交配 Nearco 5×5・5、Tom Fool 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [16]
  2. ^ [16]
  3. ^ [16]

全妹のエリモピクシーの産駒にリディルデイリー杯2歳ステークススワンステークス)、クラレント(デイリー杯2歳ステークス、富士ステークス東京新聞杯エプソムカップ関屋記念京成杯オータムハンデキャップ)がいる[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o エリモシック”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c 97年エ女王杯馬エリモシックが死ぬ”. 競馬 - ニュース. 日刊スポーツ (2014年8月7日). 2019年8月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h エリモシック”. フォスターホース紹介. 認定NPO法人引退馬協会. 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ a b エリモシック 大本命をねじふせた極上の切れ味[1997年]”. エリザベス女王杯 歴代優勝馬ピックアップ. JRA-VAN. 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ エリモシックの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月24日閲覧。
  6. ^ エリモシック 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月24日閲覧。
  7. ^ エリモシャイニー”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  8. ^ エリモトップスター”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  9. ^ サイレンスゴールド”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  10. ^ ファストパス”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  11. ^ レディーファースト”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  12. ^ ダノンエリモトップ”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  13. ^ サトノフェニックス”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  14. ^ プレシャスロード”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  15. ^ エレンシア”. JBISサーチ. 2019年8月24日閲覧。
  16. ^ a b c d 血統情報:5代血統表|エリモシック”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]