ミヤマポピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミヤマポピー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1985年5月26日
カブラヤオー
グリーンシャトー
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 錦野牧場
馬主 大宮良吾
調教師 松田由太郎栗東
競走成績
生涯成績 14戦3勝
獲得賞金 1億924万7400円
テンプレートを表示

ミヤマポピー日本競走馬カブラヤオーの代表産駒で、おもな勝ち鞍はエリザベス女王杯半兄GI競走3勝のタマモクロス(父シービークロス)がいる。

馬齢グレード表記は旧表記で統一する。

経歴[編集]

1987年11月の新馬戦(中京競馬場)でデビューし、2着に2馬身半差を付けて快勝する。だが、その後なかなか2勝目を挙げることができず、1988年8月の北洋特別(400万下条件)でようやく2勝目をマークした。恵山特別(900万下条件)2着を挟んで格上挑戦でローズステークスに出走、4着に入りエリザベス女王杯への優先出走権を獲得する。そしてエリザベス女王杯ではローズステークス優勝馬シヨノロマンをハナ差抑えて優勝を飾った。この2週間前に半兄タマモクロスが天皇賞(秋)を制しており、僅か2週間で兄妹GI制覇という快挙を達成した。

翌年も現役を続行したが、当時の中央競馬ではまだ古牝馬路線が充実しておらず、さらにエリザベス女王杯劇走の無理がたたったのか、引退まで4走したものの勝ち星はひとつもあげられず、天皇賞(春)9着を最後に競走馬を引退、繁殖牝馬となった。代表産駒は中京2歳ステークス優勝馬で皐月賞にも出走したゼンノカルナック。

ミヤマポピーを生産した錦野牧場は、ミヤマポピーが活躍するころには経営難ですでに倒産していた。さらに、母グリーンシャトーも環境激変がたたったのか移籍先で急死した。

血統表[編集]

ミヤマポピー血統プリンスビオ系(プリンスローズ系) / Hyperion5×5=6.25% Fairway5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

カブラヤオー
1972 黒鹿毛
父の父
*ファラモンド
Pharamond
1957 黒鹿毛
Sicambre Prince Bio
Sif
Rain Fair Trial
Monsoon
父の母
カブラヤ
1965 黒鹿毛
*ダラノーア Sunny Boy
Danira
ミスナンバイチバン *ハロウェー
*スタイルパッチ

グリーンシャトー
1974 栗毛
*シャトーゲイ
Chateaugay
1960 栗毛
Swaps Khaled
Iron Reward
Banquet Bell Polynesian
Dinner Horn
母の母
クインビー
1966 鹿毛
*テューダーペリオッド Owen Tudor
Comice
コーサ *ヒンドスタン
*ミスチャネル F-No.21-a
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]