ダンスパートナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダンスパートナー
Silk-Justice and Dance-Partner 19971005 Scan10013.JPG
1997年10月5日 第32回京都大賞典ゴール(奥はシルクジャスティス)
欧字表記 Dance Partner
香港表記 舞伴
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1992年5月25日
死没 2016年10月14日(24歳没)
登録日 1994年4月21日
抹消日 1998年1月5日
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
母の父 Nijinsky II
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム千歳
馬主 吉田勝己
調教師 白井寿昭栗東
厩務員 村田浩行
競走成績
生涯成績 25戦4勝
獲得賞金 6億378万1000円(中央競馬のみ)
テンプレートを表示

ダンスパートナーは、日本の元競走馬で現在は繁殖牝馬となっている馬。1995年優駿牝馬(オークス)に優勝するなどの活躍をした。半兄に青葉賞ステイヤーズステークス優勝馬エアダブリン(父:トニービン)、全弟に菊花賞ダンスインザダーク、全妹に桜花賞馬、ヴィクトリアマイル優勝馬ダンスインザムード全弟種牡馬トーセンダンスがいる。

※馬齢は2000年以前に使用された旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

4歳[編集]

ダンスパートナーはゲートが苦手なためにデビューは1995年1月小倉競馬の新馬戦までずれ込んだが、出遅れながらも2馬身差で勝利した。その後、ダンスパートナーはこの出遅れ癖で後方からのレースを余儀なくされ、2戦目のオープン特別のエルフィンステークスで2着、チューリップ賞でも2着になった[1]阪神・淡路大震災のため、京都競馬場で行われた桜花賞でも出遅れ癖は治らず、これが原因でダンスパートナーはワンダーパヒュームの2着に敗れた。

3番人気に支持されたオークスではこの出遅れ癖が解消され、2着のユウキビバーチェに1馬身3/4の差を付けて優勝、GI初制覇を遂げた。しかも、翌週の日本ダービーを優勝したタヤスツヨシよりも速い勝ちタイム(共に良馬場でオークス:2.26.7、ダービー:2.27.3)だったことで高い評価を得た。

オークス後、ダンスパートナーはフランスへ遠征し、ステップレースのノネット賞で2着、GIヴェルメイユ賞で6着の成績を残した。帰国後、ダンスパートナーは牝馬限定のエリザベス女王杯ではなく菊花賞に挑戦した(エリザベス女王杯が翌年から古馬に開放されることが決まっていたため「エリザベス女王杯は来年以降でも取れる」ということで、菊花賞に出走した)。菊花賞への牝馬出走は18年ぶり、勝てば48年ぶりという歴史的挑戦で1番人気に支持されるも、結果はマヤノトップガンの5着に敗れた。

菊花賞後、阪神牝馬特別にも出走したが2着に敗れてしまい、結局この年ダンスパートナーはオークスしか勝てなかった。しかしながら、このオークス優勝が評価され、JRA賞最優秀4歳牝馬を受賞している。

5歳[編集]

1996年、初戦となったアメリカジョッキークラブカップでは、武豊がスキーキャプテンを選んだため、このレースのみ蛯名正義が騎乗して2着。その後、武豊に鞍上が戻り京都記念2着、大阪杯4着と相変わらず惜敗が続いた。京阪杯四位洋文が初めて騎乗して優勝し、宝塚記念ではマヤノトップガンの3着と好走した。

秋は京都大賞典4着を経て、古馬に開放されリニューアルしたエリザベス女王杯に出走。このレースで1番人気に推されたダンスパートナーはヒシアマゾンらを退けて優勝、GI2勝目を挙げた。エリザベス女王杯後、ジャパンカップ10着、有馬記念6着と勝てなかったものの、ダンスパートナーはJRA賞最優秀5歳以上牝馬を受賞している。

6歳[編集]

1997年、初戦となった香港クイーンエリザベス2世カップに出走するが8着に敗れた。続く鳴尾記念では河内洋とコンビを組んだが、3着に終わった。宝塚記念は引き続き河内が騎乗したが、前年に続きマーベラスサンデーの3着に終わった。

秋は京都大賞典2着を経て、エリザベス女王杯に出走して連覇を目指したが、ゴール前の最後の直線で馬群に突っ込む不利を蒙りながらエリモシックとの競り合いに持ち込んだが、2着に競り負けて連覇はならなかった。続く有馬記念は、終始後方のまま全く走らずシルクジャスティスの14着に敗れ、このレースを最後に現役を引退した。

現役時代は前述の通り、出遅れ癖や気性的な面から追い込みを主とした脚質だったため、展開が向かないなどの惜敗(2着が9回ある)が多く[1]、通算成績は25戦4勝(うち重賞3勝)にとどまっている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1995.01.29 小倉 新馬 16 02.7 0(1人) 01着 増井裕 53 芝1200m(良) 1:10.6 (35.2) -0.3 (ゲイリーアタック)
0000.02.18 京都 エルフィンS OP 12 03.8 0(2人) 02着 角田晃一 53 芝1600m(良) 1:35.3 (34.9) -0.1 シェイクハンド
0000.03.11 京都 チューリップ賞 GIII 11 02.4 0(2人) 02着 武豊 54 芝1600m(良) 1:35.1 (36.1) -0.0 ユウキビバーチェ
0000.04.09 京都 桜花賞 GI 18 07.6 0(3人) 02着 武豊 55 芝1600m(稍) 1:34.4 (35.3) -0.0 ワンダーパヒューム
0000.05.21 東京 優駿牝馬 GI 18 04.6 0(3人) 01着 武豊 55 芝2400m(良) 2:26.7 (35.4) -0.3 (ユウキビバーチェ)
0000.08.27 ドーヴィル ノネット賞 G3 4 0(3人) 02着 武豊 58 芝2000m(稍) 2:11.3 (00.0) -0.0 Matiara
0000.09.10 ロンシャン ヴェルメイユ賞 G1 10 0(1人) 06着 武豊 58 芝2400m(重) 2:33.1 (00.0) -0.3 Carling
0000.11.05 京都 菊花賞 GI 18 04.9 0(1人) 05着 武豊 55 芝3000m(良) 3:05.0 (36.0) -0.6 マヤノトップガン
0000.12.17 阪神 阪神牝馬特別 GII 12 01.7 0(1人) 02着 武豊 54 芝2000m(良) 2:00.5 (35.1) -0.2 サマニベッピン
1996.01.21 東京 AJCC GII 9 07.4 0(4人) 02着 蛯名正義 55 芝2200m(良) 2:15.3 (33.8) -0.3 カネツクロス
0000.02.11 京都 京都記念 GII 8 02.8 0(2人) 02着 武豊 55 芝2200m(良) 2:14.6 (34.4) -0.6 テイエムジャンボ
0000.03.31 阪神 大阪杯 GII 12 04.2 0(2人) 04着 武豊 56 芝2000m(稍) 2:00.8 (34.4) -0.1 タイキブリザード
0000.05.11 京都 京阪杯 GIII 16 02.9 0(1人) 01着 四位洋文 56 芝2200m(良) 2:12.8 (33.5) -0.0 (イブキタモンヤグラ)
0000.06.09 東京 安田記念 GI 17 15.4 0(7人) 06着 四位洋文 56 芝1600m(良) 1:33.6 (34.8) -0.5 トロットサンダー
0000.07.07 阪神 宝塚記念 GI 13 06.2 0(3人) 03着 四位洋文 56 芝2200m(良) 2:12.3 (34.6) -0.3 マヤノトップガン
0000.10.06 京都 京都大賞典 GII 14 06.5 0(2人) 04着 四位洋文 57 芝2400m(良) 2:25.2 (33.9) -0.1 マーベラスサンデー
0000.11.10 京都 エリザベス女王杯 GI 16 02.4 0(1人) 01着 四位洋文 56 芝2200m(良) 2:14.3 (34.0) -0.0 (フェアダンス)
0000.11.24 東京 ジャパンC GI 15 13.6 0(6人) 10着 四位洋文 55 芝2400m(良) 2:25.6 (37.3) -1.8 シングスピール
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 14 46.2 (12人) 06着 四位洋文 55 芝2500m(良) 2:35.2 (37.4) -1.4 サクラローレル
1997.04.13 沙田 クイーンエリザベス2世C 14 0(4人) 08着 四位洋文 55.5 芝2000m(良) 2:01.7 (00.0) -1.4 London News
0000.06.15 阪神 鳴尾記念 GII 15 11.3 0(4人) 03着 河内洋 57 芝2000m(良) 2:01.8 (35.7) -0.4 バブルガムフェロー
0000.07.06 阪神 宝塚記念 GI 12 18.7 0(4人) 03着 河内洋 56 芝2200m(良) 2:12.1 (36.3) -0.2 マーベラスサンデー
0000.10.05 京都 京都大賞典 GII 10 02.0 0(1人) 02着 河内洋 57 芝2400m(良) 2:26.2 (34.3) -0.0 シルクジャスティス
0000.11.09 京都 エリザベス女王杯 GI 15 01.4 0(1人) 02着 河内洋 56 芝2200m(良) 2:12.5 (35.1) -0.0 エリモシック
0000.12.21 中山 有馬記念 GI 16 10.9 0(5人) 14着 河内洋 54 芝2500m(良) 2:38.8 (39.8) -4.0 シルクジャスティス

引退後[編集]

現在は繁殖牝馬となっている。サンデーサイレンス譲りの激しい気性のためか、これまで活躍馬が出ていなかったが、2012年中山金杯フェデラリストが優勝し、産駒初の重賞制覇を果たした。

2016年10月14日、蹄葉炎のため、繋養先の社台ファームで死亡した[2]

産駒[編集]

生年 馬名 毛色 厩舎 馬主 戦績・用途
1 1999 ロイヤルパートナー 鹿毛 *エリシオ 栗東白井寿昭
→栗東・藤岡健一
社台レースホース 34戦3勝
繁殖牝馬
  • ロイヤルライン(2006年生、牝、父クロフネ、0勝、繁殖牝馬)
  • サンライズロイヤル(2009年生、 牡、父クロフネ)
2 2000 ドリームパートナー 鹿毛 *エリシオ 美浦大久保洋吉 臼田浩義 46戦4勝
3 2003 ダンスオールナイト 鹿毛 *エルコンドルパサー 美浦・加藤征弘 社台レースホース 36戦5勝
中山牝馬S-GIII 3着
繁殖牝馬
4 2005 マンボパートナー(USA 青鹿毛 Kingmambo 栗東・橋口弘次郎
北海道原孝明
水沢伊藤和
社台レースホース
→伊藤博
95戦9勝
(現役)
5 2006 スマーティーダンス (USA) 栗毛 Smarty Jones 栗東・橋口弘次郎
→美浦・鈴木伸尋
社台レースホース 11戦1勝
繁殖牝馬
6 2007 フェデラリスト 黒鹿毛 Empire Maker 栗東・松田国英
船橋出川克己
西脇田中道夫
→美浦・田中剛
社台レースホース 16戦7勝(地方:2戦2勝)
中山金杯-GIII 1着
中山記念-GII 1着
種牡馬
7 2009 ロンギングダンサー 黒鹿毛 *シンボリクリスエス 美浦・勢司和浩 坂本浩一 30戦5勝
(現役)
8 2010 ラカ 鹿毛 キングカメハメハ 栗東・松田博資
→西脇・田中道夫
グリーンファーム 18戦0勝
(引退)
9 2011 レインオーバー 青鹿毛 キングカメハメハ 美浦・堀宣行 グリーンファーム 17戦2勝
(現役)
10 2012 キーフォーサクセス 黒鹿毛 キングカメハメハ 美浦・田中剛 社台レースホース 14戦0勝(地方:2戦2勝)

(現役)

11 2014 ベストダンス 黒鹿毛 *ワークフォース 美浦・戸田博文 平井裕 (デビュー前)

2014年8月22日現在

血統表[編集]

ダンスパートナー血統サンデーサイレンス系(ヘイルトゥリーズン系) / (Almahmoud4×5=9.38%、Blue Swords・Bluehaze5×5=6.25%、Native Dancer=5×5=6.25%) (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*ダンシングキイ
Dancing Key 1983
鹿毛 アメリカ
Nijinsky II 1967
鹿毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
Key Partner 1976
黒鹿毛 アメリカ
Key to the Mint Graustark
Key Bridge
Native Partner Raise a Native
Dinner Partner F-No.7
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典
  • 兄弟は前出の他に、キングフラダンス(全弟、種牡馬)、エアギャングスター(全弟、騸馬札幌記念2着)など。
  • 叔母Key Flyerの孫にスズカマンボ天皇賞・春)。他にも、牝馬の近親の多くが輸入され、産駒の多くが日本で競走生活を送っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 武豊『ターフの女王』朝日新聞社、2003年 - 57-73頁
  2. ^ “95年オークス馬ダンスパートナー死す 秋華賞にはめいのカイザーバルが出走”. デイリースポーツ. (2016年10月15日). http://www.daily.co.jp/horse/2016/10/15/0009583417.shtml 2016年10月15日閲覧。 Web Archive

外部リンク[編集]