スノーフェアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スノーフェアリー
Snow-Fairy20101114(1).jpg
欧字表記 Snow Fairy
香港表記 飛雪仙蹤
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2007年2月12日(10歳)
Intikhab
Woodland Dream
母の父 Charnwood Forest
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Windflower Overseas Holdings Inc.
馬主 アナモイン社
調教師 エドワード・ダンロップイギリス
競走成績
生涯成績 21戦8勝
内訳
イギリス:13戦3勝
アイルランド:3戦2勝
フランス:2戦0勝
日本:2戦2勝
獲得賞金 558,609ポンド(イギリス・アイルランド)
1億8,781万2000(日本)
+9,000万円(褒賞金)
1,140万香港ドル(香港)
テンプレートを表示

スノーフェアリー (Snow Fairy) はアイルランドで生産されたイギリス競走馬2010年2011年エリザベス女王杯の連覇を含めGI競走6勝を挙げ、外国調教馬として日本中央競馬会 (JRA) 史上初となる同一平地GI競走の連覇も記録している。2010年のカルティエ賞最優秀3歳牝馬。

経歴[編集]

2008年[編集]

2008年に開催された1歳馬のセールに上場されたが、1800ユーロ(当時のレートで約23万4000)で買主がつかず生産者の主取りとなるなど、周囲の評価は極めて低かった。

2009年[編集]

2009年6月ニューベリー競馬場の未勝利戦でデビューし、3着となる。次走半月後の未勝利戦で勝利を収める。その後年内はすべて7F以下の短距離を中心に使われ、勝利を挙げられないまま翌年を迎える。

2010年[編集]

年が明けて2010年、初戦のハイトオブファッションステークスでは初めての中距離でのレースとなったが、ここを3馬身差で快勝しオークスに駒を進める。 これまでの実績がほとんど無いため7番人気に甘んじていたが、激戦をクビ差でしのぎ、重賞初勝利をクラシックレースにて収める。

続いてアイリッシュオークスに出走。2着Miss Jean Brodieに8馬身の差をつけて圧勝し、イギリスとアイルランドのオークス制覇を達成した。その後は8月のヨークシャーオークスに出走するも、Middayに3馬身及ばず2着に敗れた。

続いて9月のセントレジャーステークスに出走。牝馬の挑戦は2008年のUnsung Heroine(2着)、Look Here(3着)以来となるが4着と敗れた。

2010年エリザベス女王杯表彰式

その後、陣営はボーナス[1]を目指し、エリザベス女王杯ジャパンカップ等に登録、日本に渡る。11月14日のエリザベス女王杯ではライアン・ムーアが騎乗し、4コーナー出口で馬群が外にバラけたところを内から一気に突き抜け、2着の京都巧者メイショウベルーガに4馬身差をつける圧勝[2]。なお、ジャパンカップは馬体の回復が思わしくないため、回避することとなった。その後香港へ遠征し、12月12日に行われた香港カップでは後方2番手から直線に入ると一気に豪脚を発揮しIrianをわずかにかわして勝利した。

これらの活躍により2010年のカルティエ賞最優秀3歳牝馬を受賞した。

2011年[編集]

2011年エリザベス女王杯表彰式

2011年、当初はドバイミーティングで始動する予定であったが軽い脚部不安が発生し回避し、6月25日カラ競馬場で行なわれたG1プリティーポリーステークスにエントリーしたが直前の荒天で馬場が悪化したため出走を取り消した[3]。翌週7月2日エクリプスステークスに出走することになったが、So You Thinkの4着に敗れた。続いてナッソーステークスに出走するも、Middayに2馬身及ばず2着に敗れた。アイリッシュチャンピオンステークスでは中団から追い上げたがSo You Thinkの2着。10月2日凱旋門賞では後方から鋭い脚を使い伸びてきたが伏兵Danedreamの3着、10月15日チャンピオンステークスではCirrus Des Aiglesの3着に敗れた。11月13日にはエリザベス女王杯ではシンメイフジの大逃げから直線で各馬大きくを差を詰め、アヴェンチュラアパパネホエールキャプチャの3頭の競り合いと見えた場面で馬場の真ん中を抜け出して1着でゴール、前年に続くエリザベス女王杯2連覇となった。尚、同一外国馬による日本中央競馬会(JRA)同一平地GI競走の連覇は史上初のことである[4]

その後香港ヴァーズに登録し、2年連続香港国際競走の勝利を目指したが、現地調教中に左前脚を故障(屈腱炎[5])のため出走を取り消し、長期の休養に入ることとなった。

2012年以降[編集]

8月19日にドーヴィル競馬場で行なわれたG1ジャンロマネ賞に出走。前年のエリザベス女王杯以来のレースとなったが、道中は後方から3、4番手で追走し、最後の直線でイジートップとの追い比べを制して優勝した。ライアン・ムーアとのコンビでの戦績は6戦6勝となったが、この勝利は後日、屈腱炎の治療のために投与された抗炎症剤が残留していたことが発覚し、禁止薬物の使用を理由に取り消されている[5]

その後、昨年に続いてアイリッシュチャンピオンステークスに出走し、2012年のエクリプスステークス勝ち馬Nathanielに1馬身1/4差をつけ、レコードタイムで優勝した。

その後に、凱旋門賞、ブリーダーズカップターフ[6]に出走する予定であったが、凱旋門賞直前に脚部不安が発生により2レースを回避し、年内の休養に入ることとなった。[7]

2013年も現役を続行し、復帰に向けて調教されていたが、左前脚の屈腱炎を再発したため、引退した。引退後は馬主が所有するアイルランドの牧場で繁殖生活に入り、初年度の配合相手は馬主の自家生産馬であるElusive Pimpernel[8]に決まっている[9]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 馬場 着順 騎手 タイム 着差 1着(2着)馬
2009. 6. 23 ニューベリー メイドン 芝6f8y 堅良 3着 D.オドノヒュー 1:12.1 2馬身1/2 Lady Pattern
7. 8 リングフィールド メイドン AW6f 1着 K.ミルチャレック 1:12.0 3馬身1/2 (Baby Dottie)
8. 1 ニューマーケット 牝馬2歳 芝6F 2着 A.カービー 1:13.2 She's Ok
8. 8 ニューマーケット スウィートソレラS G3 芝6f 4着 J.クロウリー 1:26.5 3馬身1/4 Long Lashes
8. 29 グッドウッド プレスティージS G3 芝7f 3着 S.ホウリー 1:27.4 短首 Sent From Heaven
10. 24 ニューベリー ラドリーS 準重 芝7F 9着 P.スマレン 1:34.6 19 1/2馬身 Electric Feel
2010 5. 19 グッドウッド ハイトオブファッションS 準重 芝9f192y 1着 E.アハーン 2:06.9 3馬身 (Pipette)
6. 4 エプソム 英オークス G1 芝12f10y 1着 R.ムーア 2:35.7 クビ (Meezanah)
7. 18 カラ 愛オークス G1 芝12f 稍重 1着 R.ムーア 2:34.8 8馬身 (Miss Jean Brodie)
8. 19 ヨーク ヨークシャーオークス G1 芝12f 2着 R.ヒューズ 2:31.0 3馬身 Midday
9. 11 ドンカスター セントレジャー G1 芝14f132y 4着 E.アハーン 3:03.6 3馬身 Arctic Cosmos
11. 14 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m 1着 R.ムーア 2:12.5 4馬身 メイショウベルーガ
12. 12 沙田 香港C G1 芝2000m 1着 R.ムーア 2:02.96 クビ (Irian)
2011 6. 25 カラ プリティーポリーS G1 芝10f 取消 R.ムーア - Misty for Me
7. 2 サンダウン エクリプスS G1 芝10f7y 4着 J.ムルタ 2:06.1 9馬身 So You Think
7. 30 グッドウッド ナッソーS G1 芝9f192y 堅良 2着 L.デットーリ 2:08.0 2馬身 Midday
9. 3 レパーズタウン 愛チャンピオンS G1 芝10F 2着 L.デットーリ 2:04.3 1/2馬身 So You Think
10. 2 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 3着 L.デットーリ 2:25.2 5馬身 Danedream
10. 15 アスコット 英チャンピオンS G1 芝10F 3着 O.ペリエ 2:02.7 1馬身1/4 Cirrus Des Aigles
11. 13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m 1着 R.ムーア 2:11.6 クビ アヴェンチュラ
2012 8. 19 ドーヴィル ジャンロマネ賞 GI 芝2000m 失格[5] R.ムーア 2:06.3 3/4 IzziTop
9. 8 レパーズタウン 愛チャンピオンS GI 芝10F 1着 L.デットーリ R2:00.92 1 1/2馬身 Nathaniel

※タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

  • 競走成績は2012年11月29日現在

血統表[編集]

スノーフェアリー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

Intikhab
1994 鹿毛
父の父
Red Ransom
1987 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
*アラビアII Damascus
Christmas Wind
父の母
Crafty Example
1987 鹿毛
Crafty Prospector Mr.Prospector
Real Crafty Lady
Zienelle Danzig
Past Example

Woodland Dream
2002 黒鹿毛
Charnwood Forest
1992 黒鹿毛
*ウォーニング Known Fact
Slightly Dangerous
Dance of Leaves Sadler's Wells
Fall Aspen
母の母
Fantasy Girl
1992 黒鹿毛
Marju *ラストタイクーン
Flame of Tara
Persian Fantasy Persian Bold
Gay Fantasy
母系(F-No.) 1号族(FN:1-k) [§ 3]
5代内の近親交配 Roberto 15.63% 3 x 5, Northern Dancer 6.25% 5 x 5, In Reality 6.25% 5 x 5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ スノーフェアリー(IRE) 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com スノーフェアリー(IRE) 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ スノーフェアリー(IRE) 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com スノーフェアリー(IRE) 5代血統表2017年9月12日閲覧。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海外の対象レース勝ち馬がエリザベス女王杯で1~3着に入ると、JRAから賞金とは別に1着9,000万円、2着3,600万円、3着2,250万円の褒賞金が支給される。
  2. ^ 外国調教馬としては初となるエリザベス女王杯優勝である。
  3. ^ 合田直弘 (2011年6月29日). “合田直弘 世界の競馬「エクリプスSに豪華メンバーが集結」” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ. 2011年7月4日閲覧。
  4. ^ 障害競走では、カラジ中山グランドジャンプを3連覇している。
  5. ^ a b c netkeiba ニュース「スノーフェアリーが禁止薬物の使用で、GI勝利を剥奪」” (日本語). netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2012年11月30日). 2012年12月2日閲覧。
  6. ^ ブリーダーズカップ・チャレンジのルールにより、アイリッシュチャンピオンステークスの勝ち馬は、同年のブリーダーズカップターフの追加登録料を免除し、渡航費用など出場コストは一部負担される。
  7. ^ スノーフェアリー 凱旋門賞回避/競馬・レース/デイリースポーツ” (2012年9月30日). 2012年10月4日閲覧。
  8. ^ 1991年生のインド生産馬イルーシヴピムパーネルと同スペルだが、2007年生の別の馬である。主な実績は2009年レーシングポストトロフィー2着(勝馬セントニコラスアビー)。
  9. ^ Snow Fairy retired after glittering career

外部リンク[編集]