シンガポール航空インターナショナルカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンガポール航空インターナショナルカップ
Singapore Airlines International Cup
開催国 シンガポールの旗 シンガポール
主催者 シンガポールターフクラブ[1]
競馬場 クランジ競馬場
創設 2000年
2015年の情報
距離 芝2000m[2]
格付け G1[2]
賞金 賞金総額300万シンガポールドル[2]
出走条件 サラブレッド3歳以上[2]
負担重量 北半球産3歳馬50kg
南半球産3歳馬54.5kg
4歳以上57kg、牝馬1.5kg減
テンプレートを表示

シンガポール航空インターナショナルカップSingapore Airlines International Cup)は、シンガポールクランジ競馬場で行われていた競馬の競走である。

概要[編集]

2000年に創設され、2001年には国内G1(グループワン)となった。2002年からは国際G1に格付けされ同時にワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ(後にワールドレーシング・チャンピオンシップに改称)の対象競走に加わった(2006年度は同シリーズは休止)。2003年SARSの影響で開催が中止された。

2006年にはホッカイドウ競馬所属のコスモバルク地方競馬所属馬として初の国際G1勝利(なおかつ地方所属馬の日本国外でのG1初制覇)を収めた。さらに翌2007年には、シャドウゲイトとコスモバルクの日本調教馬2頭が出走し1、2着を独占した。

地元シンガポール調教馬での勝利は2000年の第1回大会のみでその後は15年連続で海外調教馬が勝利を収めている(南アフリカ3勝、日本2勝、フランス2勝、イギリス1勝、ドイツ1勝、UAE1勝、オーストラリア1勝、香港3勝)。ちなみに2006年以降のシンガポール調教馬の最高着順は2006年と2008年の2着。

2015年9月28日、シンガポールターフクラブはクリスフライヤーインターナショナルスプリントとともに2015年限りで廃止されることを発表した[3][4]

2019年より再開され、施行距離が芝1600mとなる予定[5]

優勝馬の馬主など関係者には、シンガポール航空杯が贈られる。

歴史[編集]

  • 2000年 - クランジ競馬場開場1周年を記念して、シンガポール航空をスポンサーに「シンガポール航空インターナショナルカップ」として創設。
  • 2001年
    • 開催日を5月第2日曜日に変更。
    • 国内GIに認定された。
  • 2002年
    • 国際GIに認定。
  • 2003年
    • SARSの影響で中止になった。
  • 2015年
    • 香港のダンエクセルが初めての連覇を達成。またジョン・ムーア調教師が異なる馬で3連覇を達成。
    • この年を最後に一旦廃止。
  • 2019年
    • 施行距離を芝1600mに変更して再開予定。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 2000年3月4日 シンガポールの旗Ouzo ウーゾ 騸7 2:03.4 S.ジャマート M.スウェイツ
第2回 2001年5月12日 イギリスの旗Endless Hall エンドレスホール 牡5 2:00.8 J.スペンサー L.クマーニ
第3回 2002年5月11日 アラブ首長国連邦の旗Grandera グランデラ 牡4 2:01.3 L.デットーリ S.ビン・スルール
第4回 2004年5月16日 ドイツの旗Epalo エパロ 牡5 2:02.6 A.シュタルケ A.シュッツ
第5回 2005年5月15日 オーストラリアの旗Mummify マミファイ 騸6 2:05.0 D.ニコック L.フリードマン
第6回 2006年5月14日 日本の旗Cosmo Bulk コスモバルク 牡5 2:06.5 五十嵐冬樹 田部和則
第7回 2007年5月20日 日本の旗Shadow Gate シャドウゲイト 牡5 2:04.01 田中勝春 加藤征弘
第8回 2008年5月18日 南アフリカ共和国の旗Jay Peg ジェイペグ 牡4 2:00.89 A.マーカス H.ブラウン
第9回 2009年5月17日 フランスの旗Gloria De Campeao グロリアデカンペオン 牡5 1:59.20 T.ペレイラ P.バリー
第10回 2010年5月16日 南アフリカ共和国の旗Lizard's Desire リザーズディザイア 牡5 2:02.12 K.シェイ M.デコック
第11回 2011年5月22日 南アフリカ共和国の旗Gitano Hernando ジターノエルナンド 牡5 2:03.93 G.スコフィールド H.ブラウン
第12回 2012年5月20日 フランスの旗Chinchon シンチョン 騸7 2:04.43 O.ドゥルーズ C.ラフォン=パリアス
第13回 2013年5月19日 香港の旗Military Attack ミリタリーアタック 騸5 1:59.58 Z.パートン J.ムーア
第14回 2014年5月18日 香港の旗Dan Excel ダンエクセル 騸6 1:59.07 T.ベリー J.ムーア
第15回 2015年5月17日 香港の旗Dan Excel ダンエクセル 騸7 2:01.54 T.ベリー J.ムーア

日本調教馬の成績[編集]

シンガポール航空インターナショナルカップの記録[編集]

同レースによる地元・海外調教馬(同国馬のみ)によるワンツー・フィニッシュ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Singapore Turf Club - 2015年3月29日閲覧
  2. ^ a b c d Singapore Airlines International Cup - シンガポールターフクラブ、2015年3月29日閲覧
  3. ^ シンガポールの国際レース2鞍が廃止 - ヤフースポーツ、2015年9月28日閲覧
  4. ^ Discontinuation of Singapore Airlines International Cup and KrisFlyer International Sprint - シンガポールターフクラブ、2015年9月30日閲覧
  5. ^ シンガポールの国際レース、2019年に再開(シンガポール)[開催・運営]ジャパンスタッドブックインターナショナル、2017年9月2日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]