アンドレアシュ・シュタルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドラシュ・シュタルケ
Andrasch-Starke20111126.jpg
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1974-01-04) 1974年1月4日(43歳)
騎手情報
初免許年 1989年
テンプレートを表示

アンドラシュ・シュタルケAndrasch Starke1974年1月4日 - )は、ドイツを拠点とする騎手である。ニーダーザクセン州シュターデ出身。

来歴[編集]

1989年3月19日、アマチュア騎手としてキャリアをスタートさせる。初騎乗は10着。同年6月18日に初勝利。

1992年6月12日、アイリッシュシチュー(Irish Stew)に騎乗して、ホッペガルテン競馬場のベルリン・ブランデンブルクトロフィー(G3)を制す。デビュー4年目にして重賞初勝利。

1994年、年間61勝を挙げ10位となり、自身初のトップ10入りを果たした。

1996年5月27日ナイトペティコート(Night Petticoat)に騎乗してディアナ賞(独オークス)を制し、クラシック初勝利を挙げた。この年は初めて年間100勝を突破し、111勝を挙げた。

1997年8月3日オクサラグ(Oxalagu)に騎乗してバイエルンツフトレネンを制し、G1初勝利を挙げる。10月4日デヴィルリヴァーピーク(Devil River Peek)に騎乗してヴィットーリオ・ディ・カープア賞を勝ち、ドイツ国外のG1初制覇。11月にはジャパンカップに出走するカイタノ(Caitano)に騎乗するため初来日を果たす。11月23日中央競馬初騎乗となったインターナショナルジョッキーズで、8番人気だったオンワードアイガーに騎乗し6着となり、中央GI初騎乗となったジャパンカップは、6番人気で4着だった。

1998年7月5日ロベルティコ(Robertico)に騎乗してドイチェスダービー初勝利。この年は144勝を挙げ、自身初のドイツのリーディングジョッキーも獲得した。

2000年香港インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップで優勝する。

2001年香港ジョッキークラブ遠征中に薬物検査でコカインの陽性反応が出て半年間の騎乗停止となる(本人は使用を否定している)。

2005年、香港のインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップで2回目の優勝を果たす。

2007年ワールドスーパージョッキーズシリーズに初出場し10位となる。2008年も出場したが14位に終わった。

2011年10月2日デインドリーム(Danedream)に騎乗して凱旋門賞を勝利。自身のみならず、ドイツ人騎手として凱旋門賞初勝利を果たした[1]

表彰[編集]

  • ドイツリーディングジョッキー(1998年、1999年、2000年、2001年、2003年

主な勝ち鞍[編集]

ドイツ[編集]

イタリア[編集]

その他[編集]

年度別成績表[編集]

  • ドイツ
騎乗数 勝利 勝率 獲得賞金
勝数 順位 金額 順位
2006年 426 66勝 5位 .231 109万4330 5位
通算 ? ?勝 - --- - -

※金額の単位はユーロ

  • 中央競馬
騎乗数 勝利 勝率 連対率 獲得賞金
勝数 順位
1997年 2 0勝 188位 .000 .000 2000万
2001年 1 0勝 191位 .000 .000 0
2007年 7 0勝 179位 .000 .000 466.7万
2008年 4 0勝 169位 .000 .000 0
2011年 8 0勝 148位 .000 .125 390万
通算 22 0勝 - .000 .045 2856.7万

※金額の単位は

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 優駿」2011年11月号 p.39

関連項目[編集]