ザカリー・パートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザカリー・パートン
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1983-01-03) 1983年1月3日(35歳)
騎手情報
初免許年 2000年
テンプレートを表示

ザカリー・パートンZachary Purton、香港表記:潘頓1983年1月3日 - )は、香港ジョッキークラブに所属している騎手オーストラリア出身。義父はオーストラリアの名騎手だったジミー・キャシディ

通称はザック・パートンZac Purton)。

来歴[編集]

オーストラリア時代[編集]

2000年、オーストラリアで騎手デビュー。

2002年/2003年、見習騎手のままブリスベン地区のリーディングタイトルを獲得。後にシドニー地区に拠点を移す。

2006年サイアーズプロデュースステークスで豪G1初勝利。

香港時代[編集]

2007年/2008年より香港に拠点を移す。

2010年にはスチュワーズカップフェローシップで制して香港G1初勝利。

2011年/2012年は62勝をあげ、同郷のブレット・プレブルに1勝差で競り勝ち香港リーディング2位に躍進。

2012年には、リトルブリッジとのコンビでキングズスタンドステークスに勝利して欧州G1初勝利。

2012年/2013年は88勝をあげ2年連続の香港リーディング2位。

2013年/2014年香港ヴァーズを勝つなど112勝の大活躍。前年まで13年連続の香港リーディングだったダグラス・ホワイトを抑えて初の香港リーディングに輝いた。

2014年/2015年は95勝をあげたが、ホワイトの年間勝利数を更新したジョアン・モレイラに次ぐリーディング2位に終わった。また、オーストラリアではアドマイヤラクティとのコンビでコーフィールドカップに勝利した。

日本での騎乗[編集]

2010年、安田記念に参戦したフェローシップの鞍上として初来日。当日6月6日東京競馬場第2競走でコウセイベイビーに騎乗したのが中央競馬初騎乗(結果は7着)。なお、メインレースの安田記念では7番人気で9着。最終レースに設定されたユニコーンステークスではドロに騎乗し5着に入線した。

2012年の12月には第26回ワールドスーパージョッキーズシリーズに初出場。2勝をあげ52Pを獲得し初出場で初優勝を達成した。

2014年には初めての短期免許を取得(期間は7月12日〜8月17日)。身元引受人は池江泰寿調教師と馬主の吉田勝己。20鞍騎乗し6勝するという好成績だったが7月20日の5レースで踵の古傷を痛めその後の騎乗をキャンセル。途中帰国し治療に専念した。その後、12月のワールドスーパージョッキーズシリーズに2年ぶり2度目の出場するも20Pで9位タイに終わった。

2015年、エアロヴェロシティとのコンビで高松宮記念に参戦。好位置から抜け出し快勝し、JRAの重賞初勝利をG1勝利で飾った。また、7月18日〜8月9日にかけて2度目の短期免許取得(身元引受人は前年度同様に池江泰寿調教師と馬主の吉田勝己)。今回は途中離脱することなく小倉中京に参戦し、52戦8勝の成績をあげる。

主な勝ち鞍[編集]

オーストラリア[編集]

香港[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]