ジョニー・ムルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョニー・ムルタ
Johnny-Murtagh20111204.jpg
2011年WSJS表彰式
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
出身地 ミーズ州ナヴァン
生年月日 (1970-05-14) 1970年5月14日(49歳)
騎手情報
初免許年 1989年
騎手引退日 2014年
テンプレートを表示

ジョニー・ムルタJohnny Murtagh1970年5月14日 - )は、アイルランドの元騎手で現在は調教師。父のジョン・ムルタも元騎手。

発音の関係でジョン・ムルタと呼ばれることも多い。香港における名前の中文表記は莫狄

人物[編集]

エイダン・オブライエン厩舎のスーパー・サブとしての代打騎乗も多く、その期待に応えることも多い。2008年からは、キーレン・ファロンが18か月の騎乗停止になったこともあり、オブライエン厩舎の主戦騎手となる。

来歴[編集]

キルダーレの騎手養成学校に入学し、その後騎手となる。1989年、ジョン・オックス厩舎の見習騎手となり、同年のアイルランドの最優秀見習い騎手となる。

1992年に第1回ヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップで来日し、初戦のオープニングカップには重量オーバーで騎乗できなかったものの、第3戦のセレブレイションカップに優勝し、総合では3位に入る(この時の優勝はランフランコ・デットーリ騎手)。

1995年と翌1996年にはアイルランドのリーディングジョッキーに輝く。

1999年、JRAの短期免許を取得する。95戦4勝の成績であった。

2000年にはシンダーダービーステークス凱旋門賞に勝利した。

2011年、第25回ワールドスーパージョッキーズシリーズにおいて48ポイント(7着・3着・5着・1着)を獲得し、優勝。

2013年、調教師免許を取得し、騎手と兼任する。

2014年、騎手を引退し、調教師に専念する。

主な騎乗馬[編集]

外部リンク[編集]