鮫島克也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鮫島克也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1963-01-30) 1963年1月30日(56歳)
身長 167cm
体重 52kg
血液型 AB型
騎手情報
所属団体 佐賀県競馬組合
所属厩舎 真島元徳
勝負服 胴白、赤山形一本輪、袖紫
初免許年 1979年
免許区分 平地
テンプレートを表示

鮫島 克也(さめしま かつや、1963年1月30日 - )とは、地方競馬佐賀競馬場真島元徳厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は胴白、赤山形一本輪、袖紫。佐賀県出身、血液型AB型。身長167センチメートル、体重52キログラム。

4000勝以上を挙げている、地方競馬を代表する騎手のひとりである。「キングシャーク」という愛称があり、場内実況でもそのように呼ばれている。

来歴[編集]

1979年10月19日、佐賀競馬場にてデビュー。初騎乗で初勝利を挙げる(騎乗馬・アリサホーク)[1]

1992年7月19日、JRA初騎乗(小倉9R・ツルマルヤエコー、9着)。

1993年7月25日、地方競馬通算1000勝を達成(佐賀4R・キョウシンカイソク、6806戦目)。

1995年、佐賀競馬リーディングジョッキーとなる。以降2005年まで継続[2]

1999年10月16日、地方競馬通算2000勝を達成(佐賀7R・ロトハピネス、11290戦目)。

2000年9月3日、JRA初勝利(小倉7R・エイシンダンカーク)。

2001年、第15回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場し2勝を挙げ、総合優勝を果たす[3]

2004年2月3日、第2回佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリに出場し優勝[4]7月19日には地方競馬通算3000勝を達成(佐賀5R・スズノジョージ、14989戦目)[5]

2007年3月3日から3月10日にかけて、佐賀競馬において3開催日に渡って騎乗機会10連勝を記録[6]9月9日には史上7人目となる地方競馬通算3500勝を達成した[7]

2010年7月から9月上旬までの予定で韓国釜山慶南競馬場で期間限定騎乗を行った[8]。同年9月5日の開催を最後に帰国、9月13日から11月12日まで南関東公営競馬で期間限定騎乗を行う。期間中の所属は大井競馬場宮本康厩舎[9][10]。同年11月11日第13回大井競馬4日目第1競走2歳一般戦(60万円以上140万円未満)をカントリーホーマで優勝(10頭立て4番人気)し、期間限定騎乗での初勝利をあげた[11]

2011年10月23日、佐賀競馬第2競走をシゲルトウカツカン号で優勝し、19,033戦目にして地方通算4,000勝を達成した。地方競馬では史上7人目、現役では5人目となる。[12]

2019年3月、手島勝利厩舎から真島元徳厩舎に所属変更となる。


受賞歴[編集]

おもな騎乗馬[編集]

  • ブルキング(1982年開設記念
  • ウメノフアスト(1986年開設記念)
  • シルバーブリツト(1986年〜1987年)
  • カムイファースト(1991年開設記念)
  • ニシキトウカイ(1992年栄城賞
  • オクタマキング(1995年西日本アラブ大賞典)
  • キングオブザロード(1995年佐賀場外オープン記念天山賞など)
  • エコルプレイス(2004年シリウスステークス2着)
  • ユウワン(2006年九州ダービー栄城賞)
  • ウオッカ(2006年10月29日、京都競馬第6競走の新馬戦において騎乗し勝利)
  • ミヤノオードリー(2009年ロータスクラウン賞九州大賞典
  • エスワンプリンス(2012年飛燕賞、九州ダービー栄城賞、ロータスクラウン賞、2013年六角川賞、志布志湾賞、玄界灘賞、笠松グランプリ
  • ディアフロイデ(2014年九州オールカマー、由布岳賞)

家族[編集]

日本中央競馬会(JRA)の騎手鮫島良太は長男。2005年7月24日小倉競馬第1競走において初めて同じレースで騎乗。父・克也が1着、子・良太が2着となり、JRA史上初めて親子でのワン・ツーフィニッシュとなった。親子対決についての詳細は鮫島良太を参照。次男の鮫島克駿もJRAの騎手として2015年3月1日にデビューした。

妹はかつてタレント活動をしており、佐賀競馬場で行われたステージにも出演した[16]。雑誌『地方競馬』において「佐賀競馬のアイドル」と紹介されている[16]

一方、JRA調教師鮫島一歩とは親戚関係にない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 佐賀の鮫島騎手に市民栄誉賞(netkeiba.com、2004年12月8日)
  2. ^ 佐賀の鮫島克也騎手、10連勝でストップ(netkeiba.com、2007年3月10日)
  3. ^ 中央競馬を振り返る 2001年12月(競馬ニホン)
  4. ^ 佐々木竹見C、鮫島騎手が優勝(netkeiba.com、2004年2月3日)
  5. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)3,000勝達成(地方競馬全国協会、2004年7月20日)
  6. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)が10戦10勝を記録!(地方競馬全国協会、2007年3月10日)
  7. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)地方競馬通算3,500勝達成(地方競馬全国協会、2007年9月9日)
  8. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)が韓国で期間限定騎乗へ(地方競馬全国協会、2010年6月18日)
  9. ^ 平成22年度期間限定騎乗騎手が決定!(南関東4競馬場、2010年3月17日)
  10. ^ 高橋華代子 (2010年9月13日). “大井開催、にぎやかに始まります!” (日本語). 南関魂. 南関東4競馬場. 2010年12月3日閲覧。
  11. ^ 鮫島克也騎手 期間限定騎乗後 初勝利! - TCK
  12. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)地方通算4000勝達成(地方競馬全国協会、2011年10月24日)
  13. ^ 『NARグランプリ2009』表彰馬・表彰者決定!(地方競馬全国協会、2010年1月7日)
  14. ^ 『NARグランプリ2004』年度代表馬はコスモバルク!(地方競馬全国協会、2005年1月12日)
  15. ^ 鮫島克也騎手(佐賀)が名誉市民賞を受賞(地方競馬全国協会、2005年1月21日)
  16. ^ a b 地方競馬全国協会『地方競馬』1986年8月号、p.50

関連項目[編集]

外部リンク[編集]