ジェリー・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェリー・D・ベイリーJerry D. Bailey1957年8月29日 -)はアメリカ合衆国騎手である。

経歴[編集]

テキサス州ダラス生まれ。騎手としては1974年ニューメキシコ州サンランドパーク競馬場においてフェッチというで初勝利し、引退までに5,893勝(30,804戦)を挙げた。1984年にはフィットトゥファイトでニューヨークハンデ三冠を達成。アメリカ三冠競走6勝。ブリーダーズカップは15勝で、うちクラシック5勝、1993年1995年には3連覇を果たした。1990年代のアメリカ最強馬とされるシガー主戦騎手として知られる。

エクリプス賞最優秀騎手賞は最多の7回受賞し、1995年~1997年には史上初となる3年連続、さらに2000年から2003年には4年連続で受賞した。

1992年にはジョージ・ウルフ騎手賞を受賞、1995年にはアメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

2005年には「アゲインスト・ザ・オッズ」を著し、自身の初期の騎手生活に大きな影響を及ぼしたとされるアルコールとの苦闘について触れている。

48歳となった2006年1月19日に引退を発表、同月28日の騎乗が最後となった。獲得賞金は約2億9500万ドルで、パット・デイの約2億9800万ドルに次ぐ国内2位の記録である。引退後は競馬中継テレビ解説者などで活躍している。

日本では、2001年リドパレスに騎乗するために来日したことなどでも知られている。

騎乗馬[編集]