リチャード・ヒューズ (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リチャード・ヒューズ
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1973-01-11) 1973年1月11日(45歳)
騎手情報
初免許年 1988年
騎手引退日 2015年
テンプレートを表示

リチャード・ヒューズRichard Hughes1973年1月11日 - )は、イギリスを拠点とする元騎手、現調教師。アイルランド・ダブリン出身。父は障害の名調教師でもあったデジー・ヒューズ、義父はイギリスリーディングにもなった名伯楽リチャード・ハノン(2013年調教師引退)。現在は義理の弟でもあるリチャード・ハノンJr厩舎主戦騎手を務めている。

約5フィート10インチ(約178センチ)と騎手にしては長身である。

来歴[編集]

1988年3月19日にナース競馬場の未勝利戦で騎手デビュー。

1993年、3月にヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップ出場のために来日し、日本での初騎乗を果たす。

1995年イタリア大賞でG1初勝利。

1997年にはアイリッシュチャンピオンハードルを勝ち、障害G1も制覇した。

2001年から2007年まで、カリッド・アブドゥーラ殿下と主戦契約を結ぶ。

2003年にはオアシスドリームとのコンビでジュライカップに勝ち英G1初制覇。このコンビでは続くナンソープステークスも勝ちG1連勝。オアシスドリームはこの年のカルティエ賞最優秀スプリンターに輝いた。

なお、2003年11月より短期免許取得で10年ぶりに日本で騎乗したが、騎乗停止等もありあまり勝つことはできなかった。

2012年10月15日ウインザー競馬場で、ランフランコ・デットーリの記録に並ぶ1日7勝(全8レース中)を達成。また、この年172勝をあげて初のイギリス平地競走年間最多勝騎手。

2013年スカイランターンとのコンビで1000ギニーに勝利し待望の英クラシック初制覇。またオークスではタレントとのコンビで優勝し、別馬での牝馬クラシック二冠を達成した。この年208勝をあげて2年連続のイギリス平地競走年間最多勝騎手に輝いた。また、12月には第27回ワールドスーパージョッキーズシリーズに初出場。49Pを獲得し初出場で初優勝を達成した。(翌年のワールドスーパージョッキーズシリーズにも出場したが20Pで9位)

2014年、161勝をあげて3年連続のイギリス平地競走年間最多勝騎手を達成。

2015年、夏のグッドウッド開催を最後に現役引退。今後は調教師の道に進む。

主な勝ち鞍[編集]

イギリス[編集]

アイルランド[編集]

フランス[編集]

イタリア[編集]

アメリカ[編集]

その他[編集]


関連項目[編集]