ウアルドマイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウアルドマイン
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 1937年
死没 1941年?
プライオリーパーク
プロミーズース
母の父 コイワヰ
生国 日本青森県
生産 東北牧場
馬主 杉崎昇
調教師 野平省三
競走成績
生涯成績 30戦5勝
テンプレートを表示

ウアルドマイン1937年-1941年?)は日本競走馬である。第2回の横浜農林省賞典四歳呼馬(現在の皐月賞競走)勝ち馬として知られる。

経歴[編集]

3歳になった1940年4月2日中山競馬場の芝1800メートルの競走でデビューしたが、4頭立ての4着の最下位に敗れる。しかし続く2戦を連勝すると、横濱農林省賞典四歳呼馬では2着テツキヤクを首差抑えて優勝した。騎手調教師兼任の野平省三であった[1])。

続く東京の四歳呼馬も勝ち、東京優駿競走(日本ダービー)では1番人気に支持されるもイエリユウの15着に惨敗。次走の古呼馬優勝ではクモハタの2着に健闘したが、以降は精彩を欠いた。この年の京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)では5着に入っている。

4歳になった1941年も不振が続き、11月8日の古呼馬ハンデで競走を中止、これがラストランとなった。種牡馬になる事はなく、以後の消息は不明である。

競走成績[編集]

血統表[編集]

ウアルドマイン血統ロックサンド系 / St. Simon 5×4×5×5 Isonomy 5×5) (血統表の出典)

*プライオリーパーク
Priory Park
1922 鹿毛
父の父
Rocksavage
1915 鹿毛
Rock Sand Sainfoin
Roquebrune
Manuka Eager
Sempronia
父の母
Chatham
1908 鹿毛
Darley Dale St. Simon
Ismay
Coronation Day Ermak
Farceuse

プロミーズース
1923 鹿毛
*コイワヰ
1908 鹿毛
Chatsworth Persimmon
Meadow Chat
*エナモールド Gonsalvo
Young Lady
母の母
*第二プロポンチス
1910 青毛
*インタグリオー Childwick
Cameo
*プロポンチス Ravensbury
Marmora F-No.4-d


参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は「調教師兼騎手」は珍しい存在ではなく、日本競馬会発足以前に免許を受けていた調教師(騎手)に対しては、1942年12月31日までは調騎分離に関する猶予期間とされたため、猶予期間中は引き続き調教師が騎手としても騎乗することができた。