ワンダフル競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワンダフル競馬(ワンダフルけいば)は新潟放送が制作・放送するテレビ競馬中継の表題である。 放送時間は、新潟競馬場の裏開催(第3場開催)期間中(春季及び秋季)の毎週土曜日15:00~16:00である。

概要[編集]

1999年まで、同局は土・日とも中央競馬中継(土曜日はテレビ東京、日曜日はフジテレビ系列に中継。新潟総合テレビFNS/FNNシングルネット=マストバイに移行した1983年10月以後もスポンサーの日本中央競馬会の都合で日曜競馬を中継していた)を行っていたが、日曜日については2001年の新潟競馬場リニューアルに伴い、新潟総合テレビ(NSTスーパー競馬(現・NSTみんなのKEIBA) ネット受けは2000年1月から)に移行したため、土曜日のみの中継となった。

なお、新潟夏季開催(7~9月)を含む、その他の開催(東京中山・夏季福島競馬)のときはテレビ東京制作のウイニング競馬を中継する(著作はTXだがBSNは技術協力として制作に携わっている)。なお1980年代まで、テーマソングはJNN系列のスポーツ中継で使用された「コバルトの空」が使用された。

2007年8月18日は、ウイニング競馬の放送がBSNでは15:24~15:54と、短縮版であったため、代替措置として15:54~16:30にワンダフル競馬の放送予定があったが、馬インフルエンザの影響により競馬が中止になったため、放送は取りやめになった。なお、ウイニング競馬では、オープニングの後に、JRA新潟競馬場からの開催中止のお知らせが文字とアナウンスにより30秒間放送されたのち、番組のネットが始まった。

2009年函館競馬場全面改修工事に伴う開催の振り替えで9月開催が行われ、7月18日から9月5日のウイニング競馬のネット受け(BSN協力)に続いて、9月12日9月19日にもワンダフル競馬が放送された。また、東日本大震災の影響により新潟開催が多く組まれた2011年は例年以上に当番組が放送された。

2014年5月開催まで、BSNのテレビ中継車はハイビジョン対応していなかった。同年5月8日の放送までは地上デジタル放送において両サイドには番組タイトルをカット画像として使用していたため、レースをネットする『ウイニング競馬』や『うまDOKI』の地上デジタル放送(BSジャパンでの中継含む)において番組タイトルが入ったカット画像がそのまま放送された。翌週の放送からは両サイドには番組タイトルから馬をイメージしたカット画像に変更された。

レース実況について[編集]

BSNでは、テレビとラジオの実況音声は、同一である(ラジオ実況で「ご覧のメンバーで」という発言がそのまま放送されることがある)。

出演者[編集]

レース解説[編集]

実況・司会進行[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]