BSNラジオ競馬中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
BSN競馬中継
ジャンル スポーツ中継番組
放送方式 生放送
放送時間 土曜・日曜15:00-16:00
放送局 新潟放送
パーソナリティ 新潟放送アナウンサー
出演 新潟放送アナウンサー、専門紙のトラックマンら多数
特記事項:
自社製作は新潟競馬場の日曜日開催時のみ。通常は日経ラジオ社製作の関東主場の競走を中継。
テンプレートを表示

BSNラジオ競馬中継』(ビーエスエヌラジオけいばちゅうけい)は、新潟放送(BSN)が放送する競馬中継ラジオ番組新潟競馬場の開催期間中は自社製作で放送されている。

概要[編集]

放送時間は、土・日曜日の15:00~16:00(ただし2009年以降土曜日は新潟競馬開催中でも全編ラジオNIKKEI第一放送をネット)。

実況は自社のアナウンサーが担当するが、他場のレースはラジオNIKKEIをネットする。他場レースは第3場開催の場合は関東主場の10~11Rと関西メイン、夏開催は函館および札幌の10~11Rと関西メインを放送する。なお、実況中継部分のうち、第3場開催扱い(原則として5月と10月)[1]の土曜日の分は、自社製作の場合はテレビ・ワンダフル競馬と同じものを共有して使用していた(2008年まで)。

新潟での開催がない期間は、ラジオNIKKEI第一放送をネットする。

なお1995年頃まで自主制作は裏開催時のみで、さらにレース実況部分は新潟のレースを含めて自社アナではなくラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)をネットしていた。また、1999年までは、新潟主場時のラジオたんぱにて日曜メインのパドック進行をBSNのアナウンサーが担当し、ラジオたんぱ・BSN双方に放送された(BSN自主制作開始後は、ラジオたんぱ側で先にパドックの放送を始め、BSNが枠連オッズの読み上げ最中にフェードインする形を取った)。

またBSNでは現在に至るまで、ラジオNIKKEI第一放送の放送波を直接受信してネットしている(本社屋には短波放送受信用のダイポールアンテナが架設されている)。このため、BSNの放送音声はビート音が混じるなど、音質が著しく劣化している。

放送時間[編集]

日曜日
  • 1991.4.14まで…15:30 - 16:00(発走時刻が冬時間時は15:10 - 16:00)
  • 1991.4.21-1992.3.29…15:00 - 16:00
  • 1992.4.5-1999.12.26…15:00 - 16:23
  • 2000.1.9-…14:00 - 16:23(新潟競馬最終レースの発走時刻により終了時刻が変動する)
  • 2011.4-2012.3…15:00 - 16:23
  • 2012.4-…15:00 - 16:00
土曜日
  • 2009.3.28まで…ワイド番組内コーナーとして放送

新潟競馬開催中は新潟競馬の9~12レース発走時刻から約10分間[2] 、それ以外は東西メインレースの発走時刻から約5分間(2000年までは新潟県競馬の開催が無い日のみ)

  • 2009.4.4-…15:00 - 16:10(2010年まで新潟競馬開催中は14:00-16:10だったが、2011.4.23より15:00 - 16:10に変更)
  • 2012.3.31-…15:00 - 16:00

出演者[編集]

現在

過去

備考[編集]

  • 変則開催等で平日に競馬が行われた場合は、東西メインレース実況をワイド番組内で放送する。
  • 日曜日の放送では15:00の時報のあと、BGMとともに番組名を言わずいきなりスポンサーが読み上げられ(杉浦健元アナウンサー)、1本目のCMの後、15:00:30にタイトルコール、もしくはネット受けが始まる。
  • 番組の最後に当日行われたレースの実況録音を流した後スポンサーを読み放送を終了する。

脚注[編集]

  1. ^ 2009年は9月開催含む
  2. ^ レース実況(自社)と解説、並びに前走の結果と次走の展望

関連項目[編集]