高橋なんぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋たかはし なんぐ
生年月日 (1981-03-27) 1981年3月27日(40歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県長岡市
血液型 A型
身長 170cm
言語 日本語
コンビ名 ヤングキャベツ
相方 中静祐介
事務所 NAMARA
現在の代表番組 高橋なんぐの金曜天国
作品 米十俵 高橋なんぐのお笑い授業
配偶者 あり(2014年2月14日入籍[1]
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
全国お笑いコンテストin 東京ドーム優勝、長岡市名誉市民「しなの川大賞」
テンプレートを表示

高橋 なんぐ(たかはし なんぐ、1981年3月27日[2] - )は、日本ローカルタレント。主に新潟県で活動。

新潟市を本拠地とするお笑い集団NAMARAのメンバー。お笑い芸人としての活動の他、講演会、執筆活動などもある。

経歴[編集]

1996年吉本興業主催「全国お笑いコンテストin 東京ドーム」で優勝。同年、中静祐介と共に「ヤングキャベツ」を結成。2009年から2011年までニュージーランドオーストラリア、ほか数ヶ国で2年間の海外生活。2011年、日本に帰国。ヤングキャベツ解散、[3]ピン芸人となる。マネージャーは[4]ドラキュラ加藤2012年、世界一周の旅をする。趣味は、大相撲、阪神タイガースビートルズ、ディズニー。

小中学校を中心とした教育現場での講演は、全国各地から呼ばれ、その数は1,300回を超える。新潟県内の学校はほぼ全域を回っており、PTAや教諭の間でもファンが多い[要出典]

NegiccoのリーダーNao☆とは、「父の従妹の旦那のお姉さんのお孫さん」という遠い親戚。八千代コースターの共演者、新井翔子からは「それ他人です」と突っ込まれている[5]

2016年4月、BSNラジオで放送が開始した『高橋なんぐの金曜天国』のパーソナリティを務める。番組にメッセージを投稿するリスナーを「共犯者」、サイレントリスナーを「傍観者」と呼び、番組の合言葉である「聴けたら聴いてね!」の生みの親。番組ノベルティーである「共犯者ステッカー」は配布を渋っているため、希少価値が異常に高い[独自研究?]

2016年12月、お笑いコンビ「ヤングキャベツ」を再結成。

2017年、出身地の長岡市にちなんで「米十俵 高橋なんぐのお笑い授業」というタイトルのエッセイ集を出版。表紙は、愛弟子である同事務所の金子ボボが担当。印税生活のスタートを夢見て、ミニトーク&サイン会に長岡会場(長岡駅CoCoLo本館2F文信堂書店)と上越会場(春陽館書店)にて開催。用意した本が足りなくなるほどの大盛況で終わる。

執筆・連載[編集]

  • 新潟日報「米十俵 高橋なんぐのお笑い授業」
  • 新潟日報「笑王休暇(ワーキングホリデー)」
  • 新潟日報「高橋なんぐの地産地笑」
  • 教育専門誌「授業作りネットワーク」
  • シドニー現地情報誌「cheers」

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • オートバンク
  • 補聴器のみみ太郎
  • 総合生協

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新井翔子 (2014年2月19日). “おめでとコースター”. アナウンサー日記. 新潟総合テレビ. 2014年4月7日閲覧。
  2. ^ 高橋なんぐ”. 所属芸人. ナマラエンターテイメント. 2020年9月11日閲覧。
  3. ^ 「ヤングキャベツ解散 中静ブログより」(2011年4月28日、所属事務所 有限会社ナマラエンターテイメント代表のブログ)
  4. ^ ドラキュラ加藤という芸名はスマイルスタジアムの番組内で板尾創路から名付けられる。
  5. ^ NST新潟総合テレビ「八千代コースター」2015年3月14日放送分[出典無効]

外部リンク[編集]