キラ・カアイフエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キラ・カアイフエ
Kila Ka'aihue
フリーエージェント
HC-Kila-Ka'aihue20131012.jpg
広島東洋カープ時代
(2013年10月12日、阪神甲子園球場にて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ州オアフ島カイルア
生年月日 (1984-03-29) 1984年3月29日(34歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2002年 ドラフト15巡目(全体438位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 MLB / 2008年9月4日
NPB / 2013年7月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイカ・キラ・カアイフエMicah Kila Ka'aihue , 1984年3月29日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身のプロ野球選手一塁手)。右投げ左打ち。現在は、フリーエージェント日本プロ野球での登録名は「キラ」。

経歴[編集]

高校時代[編集]

2001年、ハワイ州高校選抜チームの一員として来日している。投手、内野手として日米親善高校野球大会に出場した(中国地区を巡回)。

ロイヤルズ時代[編集]

2002年6月4日に、ドラフト15巡目でカンザスシティ・ロイヤルズから指名を受け、6月24日に選手契約を結んだ。2002年は、ガルフ・コーストリーグGCLロイヤルズ(ルーキー級)に所属。43試合に出場し、打率.259・3本塁打・21打点という成績を残した。

2003年は、バーリントン・ビーズ(A級)に昇格した。そこでは114試合に出場して打率こそ.238と低かったものの、11本塁打を放ち、63打点をマークした。

2004年も、引き続きビーズでプレイ。2003年より僅かに出場試合数が増え、125試合に出場した。また、打率も僅かながら上昇したが、それでも.246と、2年連続で.250以下の打率に終わった。一方で15本塁打を放ち、62打点をマークした。

2005年は、ハイデザート・マーベリックス(A+級)に所属し、132試合に出場。打率.304・20本塁打・90打点という好成績を残した。また、97三振に対して同数の97四球を選び、出塁率は.428という高い数字を残した。

2006年は、ウィチタ・ラングラーズ(AA級)でプレイして、103試合に出場。しかし、103試合で65本しかヒットを放てず、打率.199・6本塁打・45打点という低調な成績に終わった。

2007年は、ウィルミントン・ブルーロックス(A+級)で60試合に出場。2006年と比べると復調し、打率.251・9本塁打・42打点という成績をマーク。シーズン途中でラングラーズに再昇格し、70試合で打率こそ.246だったが、12本塁打・40打点という成績を残し、2005年に20本塁打を記録して以来、2年ぶりの20本塁打を記録した。

2008年は、ノースウェスト・アーカンサスナチュラルズ(AA級)で91試合に出場。打率.314・26本塁打・79打点と2007年までとは比べものにならないペースで打ちまくった。また、91試合で80四球を選んだのに対して、喫した三振は41個。その為、出塁率は.463という高い数字だった。その後、好調の影響でオマハ・ロイヤルズ(AAA級)に昇格したが、ここでも勢いは衰えず、33試合の出場で打率.316・11本塁打・21打点という成績を残した。結局2008年は、AA級とAAA級の2チームで計124試合に出場し、打率.314・37本塁打・100打点というハイレベルな成績を記録した。そして、9月のロースター拡大に伴って、メジャーリーグに昇格[1]9月4日にメジャーデビューを果たした。メジャーリーグでは12試合に出場しただけだったが、打率.286という数字を記録し、メジャー昇格1年目で本塁打も放った。

オークランド・アスレチックス時代

2009年は、メジャーでの出場は無かったものの、2010年には、メジャーで、8本塁打。

2011年は、エリック・ホズマーの台頭もあり、控えに回された。9月21日にDFAになる[2]

アスレチックス時代[編集]

2011年9月27日にオークランド・アスレチックスへトレードされた。

2012年6月6日にDFAになる[3]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2012年11月21日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結ぶ[4]

2013年は3Aで53試合に出場し、打率313、16本塁打、50打点の成績を残した。

広島時代[編集]

2013年6月11日、契約合意した事が球団から発表された[5]。キラの入団により、広島は外国人選手が7人(入団当初)という異例の事態となった(申成鉉は日本人扱い)。背番号は13に決まった。登録名は「キラ」だが、ユニフォームには苗字の「KA'AIHUE」が書かれている。

入団後しばらくは二軍生活だったが、7月9日に一軍昇格し、同日のDeNA戦で「5番・一塁」でスタメン出場し、第3打席で来日第1号本塁打を放つ。翌10日には「3番・一塁」でスタメン出場し第1打席で2試合連続となる本塁打を放ち、さらに翌日11日の試合では2本の本塁打を放つなど、このDeNAとの3連戦だけで10打数5安打、4本塁打、10打点、打率.500という驚異的な成績を残した[6]。後半戦から強打を買われて一軍のクリーンナップに定着した当シーズンは、途中加入ながら14本塁打45打点をマークする活躍を見せ、カープとしては16年ぶりのAクラス入りに大きく貢献した。

2014年は同じく助っ人のブラッド・エルドレッドとともに打線の軸として期待され、開幕からまずまずの結果を出し、自身初のオールスターゲームに出場するなど順調だったが、シーズン中盤から故障などもあって成績が徐々に下降。更に負傷離脱の間に1軍で活躍したライネル・ロサリオの台頭によって外国人枠から弾き出され、後半戦は大きく出場機会を減らした。最終的には88試合の出場で打率.257、本塁打11本、40打点と、1シーズン在籍しながら打撃成績を軒並み昨年より落とした。12月2日、自由契約公示された[7]

広島退団後[編集]

2015年1月18日に、ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。スプリングトレーニングには招待選手として出場したが[8]、5月24日に解雇となる。6月18日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結ぶ。

選手としての特徴[編集]

マイナーリーグ時代には12シーズン中、2ケタ本塁打を10度、うち20本塁打以上を4度記録しているパワーが持ち味。また選球眼に優れており、マイナーリーグでは通算871三振に対して812四球を記録し、通算打率.268ながら通算出塁率.391という高い数字を残している。NPBでも2013年は打率.259だが出塁率.362で1割以上高かった。

エピソード[編集]

弟のカラ・カアイフエは、元マイナーリーガーで、父親も元マイナーリーガーである[9]

応援歌の原曲はハワイ民謡の「Ta-Hu-Wa-Hu-Wai(タフワフワイ)」。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 KC 12 24 21 4 6 0 0 1 9 1 0 0 0 0 3 0 0 2 0 .286 .375 .429 .804
2010 52 206 180 22 39 6 1 8 71 25 0 1 1 1 24 2 0 39 5 .217 .307 .394 .702
2011 23 96 82 6 16 4 0 2 26 6 0 0 1 1 12 0 0 26 3 .195 .295 .317 .612
2012 OAK 39 139 128 13 30 9 0 4 51 14 1 0 0 0 10 0 1 28 6 .234 .295 .398 .693
2013 広島 66 265 224 31 58 7 0 14 107 45 0 0 0 3 36 0 2 65 2 .259 .362 .478 .840
2014 88 335 288 25 74 13 0 11 120 40 0 0 0 2 41 0 4 85 4 .257 .355 .417 .772
MLB:4年 126 465 411 45 91 19 1 15 157 46 1 1 2 2 49 2 1 95 14 .221 .305 .382 .687
NPB:2年 154 600 512 56 132 20 0 25 227 85 0 0 0 5 77 0 6 150 6 .258 .358 .443 .805
  • 2014年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁












2013 63 498 45 7 52 .987
2014 75 592 32 8 56 .987
通算 138 1090 77 15 108 .987
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB
NPBその他の記録
  • 来日初戦から3試合連続本塁打:2013年7月9日~11日 ※プロ野球記録
  • 来日3試合までに4本塁打:2013年7月9日~11日 ※史上3人目
  • オールスターゲーム出場:1回(2014年

背番号[編集]

  • 25 (2008年、2010年、2012年)
  • 30 (2011年)
  • 13 (2013年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 『月刊スラッガー2008年11月号』 日本スポーツ企画出版社出版、2008年、78頁。雑誌15509-11。
  2. ^ Royals designate Ka'aihue for assignment
  3. ^ A's turn to Moss at first as Ka'aihue designated
  4. ^ Minor Moves: Ka'aihue, Hinshaw, Luna, Pirates
  5. ^ http://www.carp.co.jp/news13/s-022.html キラ・カアイフエ選手、選手契約合意
  6. ^ 広島救世主キラ様 3戦連発4号10打点
  7. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  8. ^ Bill Ladson Nationals sign Ka'aihue to Minor League deal MLB.com (2015年1月18日) 2015年1月19日閲覧
  9. ^ 『月刊スラッガー2009年4月号』 日本スポーツ企画出版社出版、2009年、27頁。雑誌15509-11。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]