渋谷誠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷 誠司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県弘前市
生年月日 (1939-04-24) 1939年4月24日(80歳)
身長
体重
180 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月11日
最終出場 1969年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渋谷 誠司(しぶたに せいじ、1939年4月24日 - )は、青森県弘前市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

弘前商業高校卒業後、日本通運の弘前支社に入社。同支社の軟式野球チームに所属。全国大会で活躍したことにより日通の野球関係者に注目され、社長命令で浦和支社へ異動。当時の日本通運浦和硬式野球部に移る。1961年都市対抗では、2回戦(初戦)で電電九州と対戦。妻島芳郎をリリーフして好投するが惜敗[1]

投手育成に実績のあった当時の稲葉誠治監督に「金田正一のような投手になる」と言われ、当時日通が出資していたプロ野球チーム・国鉄スワローズも育ちあがった上での入団を見据えていたが、噂を聞いた東映フライヤーズのスカウトが駆け付けたことにより、日通社長の特別許可をもらう形で1962年に国鉄へ入団[2]

同年は開幕7試合目の4月15日に初先発、広島竜憲一と投げ合い4安打完封勝利を飾る。シーズン後半は失速するが3完封を含む6勝を挙げた。翌1963年はリーグ最多の45試合に先発し14勝。1965年には8勝を挙げ、オールスターゲームに初出場を果たす。しかし1962年以降Bクラスを続ける弱小チームということもあり、同年はリーグ最多敗戦の22敗を記録してしまう。1966年まで主力投手として起用されるが、その後は徐々に登板数も減り、1970年には一軍で投げる事が出来ず同年限りで引退した。

入団当時「久々の大型左腕」と言われた。また、全くの無名の軟式投手が巨人と対等に渡り合う投手になったことから、「シンデレラボーイ」とも言われた[3]。ギクシャクしたややサイド気味の投球フォームから威力のあるストレート、カーブ、シュートを武器にしたが、気が弱く、また制球力が悪かった。

2005年王貞治が「週刊ベースボール」の最も速い投手は誰かというアンケートに渋谷と答えている[4]。一方で王には初のシーズン30号本塁打(1962年)・シーズン40号本塁打(1963年)をそれぞれ献上している。

高校の野球部の2学年先輩に、第49代横綱栃ノ海の花田茂廣がいるが、花田は3年次より相撲部に転部してしまったため、渋谷と同時期にはほぼ在籍していない。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 国鉄
サンケイ
アトムズ
42 17 4 3 1 6 8 -- -- .429 536 133.0 111 20 43 0 6 75 2 0 51 45 3.05 1.16
1963 57 45 7 3 0 14 17 -- -- .452 1089 255.2 217 19 137 3 11 185 3 0 98 89 3.13 1.38
1964 52 25 4 2 0 6 13 -- -- .316 724 163.0 160 21 90 2 5 115 1 1 99 91 5.02 1.53
1965 56 34 4 1 0 8 22 -- -- .267 1071 258.2 239 21 98 5 3 128 6 0 110 101 3.51 1.30
1966 32 27 4 2 0 4 17 -- -- .190 630 150.0 125 16 65 9 4 77 1 0 62 54 3.24 1.27
1967 15 6 0 0 0 0 4 -- -- .000 98 20.1 27 7 12 0 0 15 1 0 25 25 11.25 1.92
1968 26 7 3 1 1 2 4 -- -- .333 223 54.1 45 5 17 2 2 32 1 0 20 20 3.33 1.14
1969 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 66 14.0 15 2 6 0 3 7 1 0 9 8 5.14 1.50
通算:8年 291 161 26 12 2 40 85 -- -- .320 4437 1049.0 939 111 468 21 34 634 16 1 474 433 3.71 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに球団名を変更

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 24 (1962年 - 1967年)
  • 16 (1968年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 「プロ野球人国記完全版〜北海道・東北編」(2004年ベースボール・マガジン社発行)
  3. ^ 「プロ野球人国記完全版〜北海道・東北編」
  4. ^ 週刊ベースボール2005年9月5日号=37号、豊田泰光の「オレが許さん!」第592回より。

関連項目[編集]