石戸四六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石戸 四六
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県大館市
生年月日 (1941-06-04) 1941年6月4日
没年月日 (1980-08-02) 1980年8月2日(39歳没)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石戸 四六(いしど しろく、1941年6月4日 - 1980年8月2日)は、日本プロ野球選手投手)。秋田県大館市出身。

経歴[編集]

長男ではあるが、6月4日に生まれたことに因んで「四六」というユニークな名前が付けられた。“六四”ではないのは、父親によると「六四だと頭が重くて、下が軽いからフラフラするだろう。四六だと下が大きくて安定する。男が一生、フラフラ生きてどうするのだ」であるためという。秋田商業高校時代は、エースとして1958年の夏の甲子園に出場するも、初戦(2回戦)で板東英二を擁する徳島商業高校と対戦し、自らのエラーもあり0-3で敗れた。高校時代は赤根谷飛雄太郎に指導を受けたという[1]

社会人野球日立製作所に進み、1962年日本鉱業日立の補強選手として都市対抗に出場。1回戦で倉敷レイヨンに完投勝利。2回戦では山陽特殊製鋼に0-1とリードされた4回からリリーフで登板。山陽の左腕エース益田昭雄と互いに無失点で投げ合い惜敗するが、好投手として注目を集める。

同年9月末に契約金500万円、初任給15万円で国鉄スワローズに入団する[2]。入団契約後に契約金(支度金)を使って、東京有楽町の国鉄球団事務所からタクシーに乗り、途中運転手温泉宿に1泊して大館の実家まで帰ったといわれる[3]

入団して3年間は勝ち星がなかったが、1965年には対大洋戦での桑田武の1安打のみに抑えた無四球完封勝利を含むチーム2位の8勝を挙げて、この頃から主力投手に加わる。翌1966年からは4年連続二桁勝利、1967年からは3年連続でチーム最多勝を記録して、金田正一が去った後の弱体化したサンケイ(アトムズ)のエース格として、佐藤進石岡康三らとチームを支えた。この間、別所毅彦が監督に就任した1968年にはペナントレース最終戦の対広島戦で勝利し、金田に次いで球団2人目の20勝を達成(防御率2.84はリーグ8位)[4][5]。翌1969年も16勝を挙げる。

1970年は体調を崩して一転して不調となり、3勝15敗に終わった。7月の対中日戦で11連敗をストップする勝ち星を挙げたのがプロでの最後の勝利になり、また最後の意地でもあった。肝機能障害慢性胃炎を併発していたこともあり現役を引退。節制が出来ない私生活と、ヤクルト球団との感情のもつれなども影響し、手足の何処にも故障が無いにも関わらずユニフォームを脱ぐことを決意したという[4]

現役引退後は、故郷に戻ってスナック『神宮』を開く[3]。スナックの経営は順調であったが、寿司屋(『球寿司』)に事業の手を拡げて失敗し、失意の晩年を送る。失意の底であった1978年には、ヤクルトが初優勝して記念品として贈られたネクタイピンに涙を流して喜んだという。

1980年8月2日に肝硬変のため39歳で没した。

プレースタイル[編集]

サイドハンド[6]から繰り出す鋭いシュートを主武器に、スライダーシンカーナックル等を自在に投げ分けた。

人物[編集]

無類の好きで、いわゆる酒仙投手の異名を取った選手の一人である。試合が終わり宿舎に戻ると、ステテコ姿で日本酒湯のみ茶碗で嗜むのが常であった[3]。その風格に、チームメイトたちは “村長”の愛称を捧げ奉った。秋田銘醸の日本酒「爛漫」を愛飲し、生涯で一番呑んだ日には日本酒1升、ウイスキー4本、ビール10本以上を一晩で空けたという[7]

打倒巨人に闘志を燃やし、巨人戦で勝利投手となった日には「幸せだ。俺はこの時の為に生きている。」と言って日本酒を飲み倒し、背広ワイシャツ下着の順番で脱いでゆき、最後はパンツ姿でぶっ倒れるまで飲んだという[2]。その姿から、ファンの間からは「巨人キラー」と呼ばれる程であった[7]

酒と博打にのめり込む余り、門限破り、朝帰りとなる事も数知れず。20勝を挙げた翌年の1969年のキャンプでは、朝帰りの際に怪しまれないようトレーニングウエアに着替えて宿舎に向かったところ、たまたま石戸を見かけた別所監督に「一人で朝練習をしている」と勘違いされ、「若手の模範である」と褒められたという珍事も発生した[4]

国鉄の番記者で後にサンケイの正捕手ともなる岡本凱孝らとも親交があった三枝貢によると、石戸は故郷にスナックを開いた際も「毎晩飲んでいる常連客の一人が自分自身である」という程酒を呑みつづけていたといい[3]、これらの大量の飲酒が、結果的に肝機能障害および肝硬変の発症と、39歳での早世につながる大きな原因になった。只し、武上四郎によると、豪快な生き様とは対照に、性格は繊細であったともいい[4]、没後間もない1981年には秋田魁新報の吉田一雄ら[8]、石戸と親交があった有志により石戸の全戦績を纏めた著作である『白球の軌跡』が上梓された[7]

なお、酒仙投手とはチームの主軸投手である「主戦投手」のうち、特に酒豪と讃えられた者を示す言葉として大和球士が考案した称号[9]で、戦前の西村幸生に始まり、戦後は大崎三男と石戸、その後は今井雄太郎へと受け継がれていった。

また、漢数字のみで構成された名前の選手はNPB史上は10名ほどがいるが、大成した選手は石戸と関本四十四高橋一三くらいであったとされる[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 国鉄
サンケイ
アトムズ
ヤクルト
3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 10 2.1 3 0 1 0 0 1 0 0 1 1 3.00 1.71
1963 10 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 81 17.1 24 3 4 1 0 6 1 0 16 15 7.50 1.62
1964 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 24 6.0 7 0 0 0 0 1 0 0 2 2 3.00 1.17
1965 56 20 4 1 3 8 18 -- -- .308 787 195.0 178 10 43 4 6 74 3 1 70 66 3.05 1.13
1966 50 26 11 5 1 11 11 -- -- .500 870 210.1 204 15 49 11 9 72 0 0 83 74 3.17 1.20
1967 51 36 6 0 0 12 18 -- -- .400 1028 244.1 249 17 62 4 11 100 1 0 120 101 3.73 1.27
1968 54 35 11 3 1 20 14 -- -- .588 1135 282.1 251 27 63 3 15 119 2 0 97 89 2.84 1.11
1969 43 36 11 1 2 16 13 -- -- .552 946 233.0 224 26 49 3 9 96 1 1 96 90 3.48 1.17
1970 30 25 2 0 0 3 15 -- -- .167 559 129.0 144 12 42 1 13 47 2 0 75 66 4.60 1.44
通算:9年 301 180 45 10 7 70 90 -- -- .438 5440 1319.2 1284 110 313 27 63 516 10 2 560 504 3.44 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (1962年)
  • 49 (1963年 - 1966年)
  • 20 (1967年 - 1970年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 近藤唯之 『引退 そのドラマ』新潮社(新潮文庫)、1986年
  • 吉田一雄 『白球の軌跡  巨人キラー石戸四六の全記録集』石戸四六投手を偲ぶ会、1981年10月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]