高橋純平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「髙橋純平」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
髙橋 純平
福岡ソフトバンクホークス #47
Takahashi-junpei.jpg
2018/5/1 ウエスタンリーグ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県岐阜市
生年月日 (1997-05-08) 1997年5月8日(21歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2017年4月14日
年俸 1,470万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙橋 純平(たかはし じゅんぺい、1997年5月8日 - )は、岐阜県岐阜市出身の[2]プロ野球選手投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生から「梅林スポーツ少年団」で軟式野球を始めた。数ある小学校の中で強い茜部や、方県などを倒す。岐阜市立梅林中学校では「揖斐本巣パワーボーイズ」に所属する[2]

岐阜県立岐阜商業高等学校では1年春から控え投手としてベンチ入り[3]3年春の選抜大会では初戦の松商学園高校戦、2回戦の近江高校戦では好投したが、準々決勝の浦和学院高校戦では5失点で敗れた[4]。夏は左太もも肉離れの影響で準々決勝の中京院中京高校戦で打者7人の登板のみとなり[5]、準決勝の斐太高校戦では登板の機会なく敗退した。その後第27回 WBSC U-18ワールドカップの日本代表に選出された[6]

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークス中日ドラゴンズ北海道日本ハムファイターズの3球団が競合1位指名し、抽選の結果ソフトバンクが交渉権を獲得した[2]。その後11月26日に岐阜市内のホテルで契約交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円と、球団の高校生では2001年のドラフト1位の寺原隼人以来となる最高額で契約に合意した[7]

背番号47

プロ入り後[編集]

2016年は、一軍公式戦での登板機会は無かった。ウエスタン・リーグでの成績は、7試合に登板、28回1/3投げ、2勝1敗、防御率2.22だった[8]。7月14日に倉敷マスカットスタジアム開催された、フレッシュオールスターゲームにウエスタン・リーグ選抜として選出され、1イニングを被安打1失点0で抑え、自己最速の154km/hを記録した[9]

2017年4月14日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対オリックス・バファローズ戦において、2番手として登板し、1軍初登板を果たすが、いきなりT-岡田小谷野栄一に本塁打を打たれ、3回4失点。それでも、5奪三振の投球を見せた[10]。一軍公式戦登板はこの1試合にとどまるが、二軍公式戦において、17試合に登板し、69イニングを投げ、2勝4敗、防御率4.70の成績を残す[11]

選手としての特徴[編集]

ストレートの最速は154km/h[9]。変化球はスライダー、カーブ、スプリットを持っている[12]

詳細情報[編集]





















































W
H
I
P
2017 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 6 2 2 0 0 5 0 0 4 4 12.00 2.67
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 6 2 2 0 0 5 0 0 4 4 12.00 2.67

記録[編集]

投手記録
初記録
その他の記録
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:2017年4月14日、対オリックス・バファローズ1回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、6回表にT-岡田から右越ソロ ※史上72人目

背番号[編集]

  • 47 (2016年 - )

登場曲[編集]

  • 「Just Like Fire」P!nk (2017年 - )

[13]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2017年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c 高橋純平はソフトバンクが交渉権 3球団が1位競合”. 日刊スポーツ (2015年10月22日). 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P64。
  4. ^ 浦和学院、ドラ1候補・純平を攻略し4強!スポーツ報知 2015年3月29日配信
  5. ^ 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P67。
  6. ^ 清宮幸太郎、オコエ瑠偉、高橋純平らU18代表選出 日刊スポーツ 2015年8月9日掲載。
  7. ^ ソフトバンク1位高橋純平が公立高初の満額契約 - 日刊スポーツ(2015年11月27日7時22分配信、2015年12月8日閲覧)
  8. ^ 2016年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  9. ^ a b ソフトバンク高橋純平1回0封154キロ!最速更新 -日刊スポーツ 2016年7月15日掲載。
  10. ^ ソフトバンク高橋純平先頭被弾デビューも片りん5K 日刊スポーツ 2017年4月15日
  11. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年11月29日閲覧。
  12. ^ 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P65。
  13. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月16日閲覧。
  14. ^ 2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 出場選手一覧”. 野球日本代表侍ジャパンオフィシャルホームページ. 2017年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]