中村晨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中村 晨
福岡ソフトバンクホークス #136
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1997-08-08) 1997年8月8日(20歳)
身長
体重
193 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 育成選手ドラフト4位
年俸 270万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 晨(なかむら しん、1997年8月8日 - )は、熊本県熊本市出身の[2]福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

慶徳小学校の4年生から春日少年野球クラブで野球を始め、藤園中学校では軟式野球部で捕手をしていた[2]

ルーテル学院高等学校に進学。1年生の夏の終わり頃から本格的に投手に転向する[2]

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから育成選手ドラフト4巡目で指名され[3]、支度金300万円、年俸270万円(いずれも推定)[4]で入団した[5]

背番号136

プロ入り後[編集]

2016年、二軍公式戦での登板は無く、三軍戦では15試合に登板し、32回1/3を投げ、0勝5敗、防御率5.57でシーズンを終えた[6]

2017年、今シーズンも二軍公式戦での登板機会は得られなかったが、三軍戦において、21試合の登板で58イニングを投げ、2勝2敗、防御率3.26と、前年より好成績を挙げる[7]

シーズンオフの10月19日、11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された[8]

選手としての特徴[編集]

天性の柔らかさとキレの良いストレートを投げる、将来性豊かな本格派右腕。将来の先発候補として期待[3]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 136 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球 日刊スポーツ 2016年11月26日閲覧
  2. ^ a b c ルーテル学院・中村、10球団スカウト高評価/熊本日刊スポーツ 2015年7月8日掲載。
  3. ^ a b ドラフト会議特集・2015年ドラフト会議 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  4. ^ 宝島社、プロ野球パーフェクトデータ選手名鑑2016、雑誌66097-22,P22、2016年3月18日発行。
  5. ^ 育成の星に続け 育成入団会見 西日本スポーツ 2015年12月4日掲載。
  6. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2016年12月1日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  7. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2017/10/13(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月13日). 2017年10月16日閲覧。
  8. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]