長谷川国利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 国利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1962-05-26) 1962年5月26日(56歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長谷川 国利(はせがわ くにとし、1962年5月26日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手(外野手)。

来歴・人物[編集]

東海大相模高では右翼手、四番打者として活躍。1979年秋季関東大会に進むが1回戦で君津商に惜敗。翌1980年春季関東大会は決勝に進出するが愛甲猛のいた横浜高に敗退。同年夏の甲子園県予選でも有力視されたが、3回戦の三浦高との試合中に不祥事があり、以後の出場を辞退した。高校同期に中堅手宮下正彦がいる。

卒業後は東海大学に進学、原貢の指導を受ける。首都大学野球リーグでは在学中に4回優勝。1年上のエース高野光を擁し、1983年明治神宮野球大会では決勝で駒大を破り優勝を飾る。しかし4年生時の1984年園川一美のいた日体大に圧倒され、春秋季連続優勝を許す。31試合連続安打のリーグ記録を樹立した。

1985年ドラフト4位で横浜大洋ホエールズに入団。その打撃力と強肩を高く評価され松原誠背番号25を受け継ぐなど期待された。しかし故障が相次ぎ1軍出場はならず、1990年引退

その後はスコアラーからスカウトに転身、チーフスカウトとして木塚敦志を獲得するなど活躍していたが2002年に東海大学の人脈を活かして久保裕也を獲得する予定が、フロントがチーフの長谷川に無断で断ってしまい激怒し、また球団フロントとの対立もあり同年夏に退団した。このため横浜球団と東海大学は疎遠になり、前年に指名した小田嶋正邦(2006年に巨人へ移籍)を最後に東海大学在籍の選手を指名していなかった。ただし、2012年8月と2013年の8月に横浜DeNAベイスターズと東海大学のオープン戦が行われ、2016年には東海大学北海道キャンパスから水野滉也を指名した。

現在は読売ジャイアンツのスカウト[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 25 (1985年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20

関連項目[編集]