齊藤信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
齊藤 信介
CD-Shinsuke-Saito20120322.jpg
中日時代(2012年3月22日、ナゴヤ球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1982-02-12) 1982年2月12日(34歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト6巡目
初出場 2006年10月16日
最終出場 2009年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

齊藤 信介(さいとう しんすけ、1982年2月12日 - )は、香川県高松市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

高松一高時代は、2年秋の県大会ベスト4が最高。龍谷大学時代は、関西六大学リーグ通算21試合に登板し、10勝5敗、防御率1.77、147奪三振。2003年の秋季リーグ戦では6勝を挙げて最優秀選手に選ばれた。

大学卒業後は、社会人野球NTT西日本に入団。オーバースロースリークォーターサイドスローとフォームに試行錯誤を繰り返していたが、MAX149km/hのストレートスライダーフォークを操り、セットアッパーとして臨んだ2005年第32回社会人野球日本選手権大会では、計8イニング無失点の活躍で決勝進出に導いた。同年の大学生・社会人ドラフト会議中日ドラゴンズが6巡目指名で交渉権を獲得し[1]、契約金4000万円、年俸1200万円(金額は推定)[2]で入団した。

社会人時代から藤井淳志と一緒にプレーし、同時期に中日ドラゴンズに入団した。

プロ入り後[ソースを編集]

ルーキーイヤーの2006年はシーズン最終戦の10月16日に初登板。2008年5月28日の対オリックス戦で1年7ヶ月ぶりに一軍出場を果たし、同年9月10日の対巨人戦でプロ初勝利を挙げた[3]クライマックスシリーズには2試合登板。2009年に初の開幕一軍入りを果たし4月22日の対阪神戦で初ホールドを記録した。

2010年には一度も一軍登板が無く12月2日付で自由契約選手として公示され[4]育成選手として引き続き中日と契約した[5]2011年11月25日に、再び支配下選手登録されることが発表された。2012年11月30日付で自由契約選手公示された[6]。同年限りで現役を引退し、中日の球団職員に転身した[7]。その後、2015年3月で球団職員を退職し、同年4月からプルデンシャル生命保険のライフプランナーとして勤務していることが、東海ラジオのアナウンサー大澤広樹のブログの中で紹介されている[8]

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2006 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 2.00
2008 17 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 61 15.0 10 2 6 0 0 10 0 0 5 5 3.00 1.07
2009 18 0 0 0 0 2 1 0 3 .667 55 12.0 10 2 9 0 1 13 1 0 6 4 3.00 1.58
通算:3年 36 0 0 0 0 3 2 0 3 .600 121 28.0 22 4 15 0 1 23 1 0 11 9 2.89 1.32

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 38 (2006年 - 2010年)
  • 203 (2011年)
  • 48 (2012年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 2005年 新人選手選択会議
  2. ^ 『朝日新聞』2005年12月2日付朝刊 (10版、29面)
  3. ^ 『朝日新聞』2008年9月11日付朝刊 (14版、19面)
  4. ^ 2010年度 自由契約選手
  5. ^ 来季の選手契約について 中日ドラゴンズ公式サイト
  6. ^ 2012年度 自由契約選手
  7. ^ 『プロ野球カラー名鑑 2013』(ベースボール・マガジン社) 301頁。ISBN 978-4-583-61937-8
  8. ^ 齊藤信介、営業マンに! 東海ラジオ放送「直球勝負!大澤広樹」、2015年4月28日配信、2016年4月29日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]