正隨優弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正隨 優弥
広島東洋カープ #49
Shozui49.jpg
2019年3月12日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市南区[1]
生年月日 (1996-04-02) 1996年4月2日(24歳)
身長
体重
180 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
初出場 2020年9月8日
年俸 700万円(2020年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

正隨 優弥(しょうずい ゆうや、1996年4月2日 - )は、広島東洋カープに所属する広島県広島市南区出身(出生地は大阪府[3]プロ野球選手外野手)。右投右打。母方の祖父に当たる三原卓三[3]も元プロ野球選手(外野手)で、現役時代には広島カープに所属していた。

「正隨」は、日本国内における珍しい苗字の一つで、出身地の広島県内でおよそ10世帯にしか見られないとされる[4][5]。また、「隨」が旧字体であるため、登録上は「正随 優弥」という表記を用いている。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府で出生した後に、幼稚園を卒園するまで府内で生活。当時はサッカーに興じていたという[3]

実父の仕事の関係で、小学校へ入学する直前に、広島東洋カープの本拠地であるマツダスタジアムから徒歩圏内の地域へ転居[1][3][6]。広島市立比治山小学校1年時から軟式野球を始めると、広島市立段原中学校への進学後は、シニアリーグの広島鯉城シニアで投手兼外野手として活躍した[7]

中学3年時の途中までは、地元高校球界の強豪校である広陵高等学校への進学を志していた。しかし、3年時(2011年)の夏に観戦した広陵高校硬式野球部創立100周年記念試合で、同部が山足達也藤浪晋太郎澤田圭佑森友哉などを擁する大阪桐蔭高等学校の硬式野球部に大敗。この試合をきっかけに、卒業後の進路を、出生地の大阪府内にある大阪桐蔭高校へ変更した[3]。ちなみに同校では、鯉城シニアの7学年先輩に当たる中田翔が、北海道日本ハムファイターズへ入団するまで硬式野球部の4番打者として名を馳せていた[8]

大阪桐蔭高校では、硬式野球部への入部後に野手へ専念すると、3年時(2014年)夏の第96回全国高等学校野球選手権大会に「4番・一塁手」として出場。2番・峯本匠、3番・香月一也と組んだ異色のクリーンアップで、チームの優勝に貢献した[7]。硬式野球部での1学年後輩に、青柳昴樹福田光輝がいる。

高校からの卒業後に、後述する経緯亜細亜大学へ進学。東都大学野球のリーグ戦では、1年時の春季から出場すると、3年時の秋季に外野手としてベストナインに選ばれた。在学中には、通算87試合の出場で、打率.260(261打数68安打)、9本塁打、34打点、10盗塁をマーク[7]。硬式野球部での同期生に、頓宮裕真中村稔弥がいる[9]

2018年のNPBドラフト会議で、広島から6巡目で指名[4]。契約金4,000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で、祖父の三原に続いて同球団の選手になった[7]。背番号は49。この会議では、亜細亜大学でチームメイトの頓宮・中村[9]に加えて、出身の大阪桐蔭高校硬式野球部から4人の選手(根尾昂藤原恭大柿木蓮横川凱)が他球団から指名(いずれも後に入団)。ただし、同部出身の選手が広島へ入団した事例は、OBを含めても正隨が初めてである[10]

プロ入り後[編集]

2019年には、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム2位の105試合へ出場するとともに、リーグの最終規定打席へ到達。6本塁打を記録したが、打率は規定打席到達者で最も低い.208で、一軍への昇格は見送られた。

2020年には、春季キャンプ前の1月に中田との合同自主トレーニングへ参加すると、春季キャンプからオープン戦の途中まで一軍に帯同。レギュラーシーズンの開幕一軍入りには至らなかったものの、ウエスタン・リーグの公式戦では、打率ランキングで一時10位以内に名を連ねていた[11]9月8日に地元のマツダスタジアムで催された対東京ヤクルトスワローズ戦6回裏に、代打で一軍公式戦にデビュー。9月18日明治神宮野球場で開かれた同カード7回表に、一軍公式戦での初本塁打を代打ソロ本塁打で記録した[12]

選手としての特徴[編集]

大阪桐蔭高校・亜細亜大学で打線の主軸を務めた右打ちの長距離打者。目標の選手は新井貴浩で、正隨とは「広島県の出身」「東都大学リーグ加盟校からのドラフト6位指名を経て広島へ入団」「右の長距離砲」といった共通点がある[7]。本人も、広島球団との間で仮契約を結んだ際に、「(新井の現役時代に)とにかく練習をする風景を、テレビでよく見ていた。自分も練習するのが取りえの一つ。(新井を)見習って、(自分に)力がない分練習して(一軍へ)這い上がっていけるようにしたい」と語っている[4]

大学の先輩でもある広島の松本有史スカウトからは、「最近右打ちの長距離打者がなかなかいない。(正隨をドラフト会議で指名した2018年に)新井さんが辞められた(現役を引退した)ので、(彼の)穴を埋められるような右打者になってもらいたい」との期待を掛けられている[4]。もっとも、本人が広島への入団後に述懐したところによれば、「高校時代は(『4番打者』と言っても)良い意味で『4番目の打者』という感じで、いわゆる『4番打者らしい成績』を残していなかった」という[13]

人物[編集]

「正隨」という苗字のルーツは定かでないが、一説には、吉兆を意味する「祥瑞」という言葉が原型とされている[5]。本人は、広島球団との間で仮契約を結んだ際に、「苗字を(正しく)読んでもらえないので、(苗字の読み方を)覚えてもらえるように活躍したい」との抱負を述べている[4]

大阪桐蔭高校から亜細亜大学へ進学したきっかけは、高校への入学当初からNPB入りを目指していながら、高校から直接入ることの厳しさを3年時に悟ったことにある。夏の選手権大会で優勝したことを受けて、卒業後の進路を監督の西谷浩一へ相談した際には、「東都大学野球リーグ(に硬式野球部が加盟している大学)へ行きたい」と自信たっぷりに発言した。正隨曰く「本当は東都大学リーグのことをほとんど知らないまま、何の根拠もなく発言した」とのことだが、結局は西谷の勧めで、同リーグ加盟校の亜細亜大学に進んだ[13]

祖父の三原とは、軟式野球のチーム練習が週末に限られていた小・中学校時代の平日に、マンツーマンでよく練習していた。正隨曰く「お互いに気が短いのでよく反発していたが、(今となっては)『野球の師匠』とも言える存在」とのこと[3]で、「(打球を)とにかく遠くに飛ばせ」と言われ続けたという[4]。三原も、80歳だった2018年秋のNPBドラフト会議で正隨が広島から指名された後に、「(一軍で)活躍するまで死ねん」という言葉で正隨を激励[4]。さらに、直筆の手紙を広島球団に送った[7]ほか、新入団選手発表の記者会見に同席した。ちなみに、三原も広島選手時代(入団3年目)の1958年に、正隨と同じく一軍公式戦での初安打を代打でマーク。一軍公式戦での安打はこの1本のみで、本塁打を放つことなく、翌1959年限りで現役を引退している[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 広島 7 8 7 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .143 .250 .571 .821
通算:1年 7 8 7 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .143 .250 .571 .821
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 49(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【広島】ドラフト6位正随が“ピラニア男”襲名”. スポーツ報知 (2019年1月17日). 2019年2月3日閲覧。
  2. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年1月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 2年目の長距離砲・カープ正隨優弥が目指すのは「コンスタントにホームランを打てる打者」(2)”. 広島アスリートマガジン (2020年7月24日). 2020年9月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 広島ドラフト6位正随、プロで成り上がる 大先輩・新井さんお手本に”. デイリースポーツ (2018年11月11日). 2019年2月3日閲覧。
  5. ^ a b 広島ドラフト6位正随、140メートル“新井さん弾” 東出コーチ「飛距離同じくらい」”. スポーツニッポン (2018年2月3日). 2019年2月3日閲覧。
  6. ^ 【広島土砂災害】 「早く練習したい」被災地の安佐南区の野球チームの中学生が甲子園観戦…大阪桐蔭・正随選手の後輩が声援”. 産経新聞 (2014年8月24日). 2019年2月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 広島ドラフト6位正随が仮契約 右の長距離砲 目標は「新井さん」”. スポーツニッポン (2018年11月15日). 2019年2月3日閲覧。
  8. ^ 広島・正随 大阪桐蔭の衝撃で進路変更 中田との縁 今につながる強打の系譜”. スポーツニッポン (2020年9月19日). 2020年9月19日閲覧。
  9. ^ a b ドラフト会議で頓宮君、中村君、正隨君が指名”. ASIA SPORTS (2018年10月25日). 2020年9月19日閲覧。
  10. ^ 亜大・正随は広島6位、大阪桐蔭の後輩たちに負けん”. 日刊スポーツ (2018年10月26日). 2019年2月3日閲覧。
  11. ^ 2年目の長距離砲・カープ正隨優弥が目指すのは「コンスタントにホームランを打てる打者」(1)”. 広島アスリートマガジン (2020年7月24日). 2020年9月19日閲覧。
  12. ^ a b 広島・正随 信念の強振でプロ初安打が本塁打 元カープ戦士の祖父が打てなかったアーチかけた”. スポーツニッポン (2020年9月19日). 2020年9月19日閲覧。
  13. ^ a b 2年目の長距離砲・カープ正隨優弥が目指すのは「コンスタントにホームランを打てる打者」(3)”. 広島アスリートマガジン (2020年7月24日). 2020年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]