田中法彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 法彦
セガサミー硬式野球部
N-tanaka57.jpg
2019年11月9日 日南市天福球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県三重郡川越町
生年月日 (2000-10-19) 2000年10月19日(22歳)
身長
体重
173 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
初出場 2020年10月29日
最終出場 2020年10月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 法彦(たなか のりひこ、2000年10月19日 - )は、三重県三重郡川越町出身の社会人野球選手、元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

川越町立川越北小学校1年から川越北野球少年団で野球を始め、5年から投手[1]川越町立川越中学校では三重川越ヤングに所属[1]

三重県立菰野高等学校では1年秋からベンチ入りし2年秋から背番号1を付ける[1]。「4番・エース」として臨んだ3年夏の三重大会3回戦で自己最速を152キロまで更新[2]するも、のちに甲子園初出場を決めた三重県立白山高等学校に破れベスト16で敗退[3]。また、高校通算30本塁打を記録している。1学年上に岡林飛翔、1学年下に岡林勇希がいた。

2018年10月25日ドラフト会議広島東洋カープから5巡目で指名を受け、11月20日に三重県内のホテルにて仮契約交渉に臨み、契約金3000万円、年俸450万円(金額はともに推定)で仮契約した[2]

高校通算30本塁打と打撃でも非凡な才能を見せるが、プロでは投手に専念することになった[2]

プロ入り後[編集]

2020年は二軍で主に抑えを務め、その後、10月16日に一軍選手登録された[4]。この日までに二軍で25試合に登板し、1勝1敗12セーブ、防御率1.73だった[4]。また、12セーブを挙げウエスタン・リーグのセーブ王となった。29日の対東京ヤクルトスワローズ23回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の6回に一軍公式戦初登板し、1回無失点だった[4]

2021年は一軍キャンプ参加となったものの、開幕前に一軍登録を抹消[5]。その後も一軍登録はされず、この年の一軍出場はなかった。

2022年は一軍登板の無いままオフをむかえ、戦力外通告を受ける[6]。11月8日に行われた12球団合同トライアウトに参加した[7]

広島退団後[編集]

広島退団後の同年12月7日に自身のインスタグラムを更新し、2023年からは広島OBの西田真二が監督を務める、社会人野球の強豪・セガサミーでプレーすることを発表した[8]

プレースタイル・人物[編集]

身長173cmと投手としては小柄ながらも、最速152キロを出す本格派右腕[9]。故障が多かった高校時代を踏まえ、1年目は体づくりに重点を置き「2年目には155キロを出して1軍で投げられるようになりたい。ゆくゆくは開幕投手をやれるように」と成長曲線を思い描いた[2]

担当スカウトの松本有史は「球の強さ、速さがあり、けん制やフィールディングと何をやらせてもセンスがある。ウチは体が大きくて上から投げ下ろす選手が多いが(田中に関しては)身長は関係ない」と潜在能力に期待を寄せた[2]

太くて凛々しいが特徴的であり、「太さでは(中日ドラゴンズ1位指名の)根尾昂選手に負けていない」と語る。サイン色紙にも、太い眉毛が印象的な似顔絵を描き入れ、「(ファンにも)眉毛で覚えてもらえたら」と笑顔を見せた[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 広島 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 広島 2 0 0 0 0 ----
通算 2 0 0 0 0 ----
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録

背番号[編集]

  • 57(2019年 - 2022年)

出典[編集]

  1. ^ a b c “【注目選手ピックアップ 三重】田中法彦 根尾に負けん!MAX150キロ“菰野の二刀流””. スポニチアネックス. (2018年7月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/06/kiji/20180705s00001002218000c.html 
  2. ^ a b c d e “広島ドラ5田中 根尾に負けん プレーはもちろん眉毛も!”. スポニチアネックス. (2018年11月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/21/kiji/20181121s00001173017000c.html 
  3. ^ 三重)白山、シードの菰野を破り8強 高校野球. 朝日新聞デジタル. (2018年7月22日)
  4. ^ a b c "カープの新星、堂々デビュー!2年目・田中法が3者凡退の好投 2軍で12セーブ挙げる期待の星". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 October 2020. 2020年10月30日閲覧
  5. ^ 20歳の挑戦。昨季ファームで最多セーブを獲得したカープ田中法彦が目指す速球の正体”. 広島アスリートマガジン (2021年6月13日). 2023年2月6日閲覧。
  6. ^ 白濱、安部、中田、菊池保、山口、田中法の6選手が戦力外通告”. 広島アスリートマガジン (2022年10月22日). 2023年2月6日閲覧。
  7. ^ 今季でカープを去る、鯉戦士たちへの思い【カープOB・笘篠賢治コラム】”. 広島アスリートマガジン (2022年11月14日). 2023年2月6日閲覧。
  8. ^ 田中法彦 [@tananoricarp57] (2022年12月7日). "遅くなりましたが4年間ありがとうございました。". Instagramより2023年2月6日閲覧
  9. ^ 菰野高・田中投手「徐々に実感」 プロ野球ドラフト 広島が指名あいさつ 三重. 伊勢新聞. (2018年11月14日)
  10. ^ 菰野高・田中投手「155キロを」 プロ野球広島と仮契約 三重. 伊勢新聞. (2018年11月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]