田村恵 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 恵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県田川郡糸田町
生年月日 (1976-05-22) 1976年5月22日(43歳)
身長
体重
172 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1994年 ドラフト6位
初出場 1998年7月30日
最終出場 2000年7月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田村 恵(たむら けい、1976年5月22日[1] - )は、福岡県田川郡糸田町出身[1]の元プロ野球選手捕手)。現在は、広島東洋カープスカウトを務める。

経歴[編集]

1992年鹿児島商工高等学校に入学。その年の夏の甲子園では、1年生ながら控え捕手としてベンチ入りする。その後、1年の秋から福岡真一郎とバッテリーを組み[2]1993年には春夏連続で甲子園に出場する[3]

1994年、校名が「樟南高等学校」に変更される。その年の夏の甲子園ではチームの主将を務め、準優勝という成績を収める[1]。その後、同年のドラフト会議広島東洋カープから6位で指名され、契約金3000万円、年俸400万円で入団する[4]

1998年、一軍初出場を果たす[4]。以降、2000年までの3年間で一軍の試合に計62試合出場するが、2002年に戦力外となる[5]。同年オフに現役を引退する[4]

現役引退後、スコアラーを経て、2004年から広島東洋カープの九州地区担当スカウトを務める[1]2013年のドラフト会議では、担当スカウトとして球団史上初めて抽選に臨み、大瀬良大地の交渉権を獲得したことで話題になった[6]

人物[編集]

高校時代、福岡真一郎とのバッテリーはアイドル的な人気を博した[7]。田村自身も「黒縁眼鏡の捕手」として注目を集め[1]、強肩も相俟って「古田2世」と評されることもあった[4]

スカウトとしては選手の伸びしろを重視しており、スカウト活動では「選手が24、25歳になった時の成長曲線を描く」ようにしているという[8]。担当した選手には、上述した大瀬良の他、安部友裕[1][4]松山竜平[1]今村猛[1][4]中崎翔太[4]戸田隆矢[4]などがいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 広島 28 44 41 4 9 2 0 0 11 0 0 0 0 0 3 0 0 7 3 .220 .273 .268 .541
1999 12 23 20 1 5 1 0 0 6 1 0 0 1 0 2 0 0 1 1 .250 .318 .300 .618
2000 22 19 19 1 2 1 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .105 .105 .158 .263
通算:3年 62 86 80 6 16 4 0 0 20 1 1 0 1 0 5 0 0 9 4 .200 .247 .250 .497

記録[編集]

背番号[編集]

  • 60 (1995年 - 2002年)

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]