内山太嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内山 太嗣
東京ヤクルトスワローズ #118
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県平川市
生年月日 (1996-04-21) 1996年4月21日(23歳)
身長
体重
171 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

内山 太嗣(うちやま たいし、1996年4月21日 - )は、青森県平川市出身[1]プロ野球選手捕手育成選手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

八戸工大一高時代は、甲子園出場経験はなし。捕手以外にも投手として最速140km/h以上をマークし、三塁手遊撃手もこなした[2]。3年次の2014年、春季青森大会の八戸地区予選で相手野手と交錯し腹部を強打し内臓損傷の大けがを負った[3][4]

高校卒業後は社会人野球トヨタ自動車東日本へ入団。3年間の在籍で都市対抗野球大会および社会人野球日本選手権大会の2大大会への出場は果たせなかった。

2018年ベースボール・チャレンジ・リーグ栃木ゴールデンブレーブスでプレー。盗塁阻止率.450の成績を残した[5]

2018年10月25日プロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから育成選手ドラフト1位指名を受け[6]、入団。

人物・プレースタイル[編集]

二塁送球1.88秒を記録する強肩が武器の捕手[7]

プロ入りする際に、BCリーグ・栃木に在籍時にマンツーマンで指導をしてくれた外野手兼コーチの飯原誉士と、困った時には連絡してこいと言ってもらった村田修一に感謝の言葉を口にした[7]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 118 (2019年 - )

独立リーグでの成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト育成・内山、成長誓う”. 東奥日報 (2018年12月28日). 2019年10月12日閲覧。
  2. ^ 八戸工大一が県切符/高校野球”. 日刊スポーツ (2013年5月11日). 2019年10月12日閲覧。
  3. ^ 青森山田ルーキー内山満弾で東北大会出場”. 日刊スポーツ (2014年5月26日). 2019年10月12日閲覧。
  4. ^ 平成30年12月29日(土)付紙面から ヤクルトS育成指名の内山選手が地元表敬”. 津軽新報 (2018年12月29日). 2019年10月12日閲覧。
  5. ^ 内山「一日でも早く支配下選手に」 GBからヤクルト育成1位”. 下野新聞 (2018年12月8日). 2019年10月12日閲覧。
  6. ^ プロ野球ドラフト会議”. 東京ヤクルトスワローズ (2018年10月25日). 2019年10月12日閲覧。
  7. ^ a b 【球界ここだけの話(1461)】 ヤクルト育成D1位は“内山キャノン”を武器に支配下登録目指す”. サンスポ (2018年11月27日). 2019年10月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]