山本貴則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 貴則(やまもと たかのり、1981年9月29日 - )はプロ野球審判員。大阪府柏原市出身。

日本野球機構審判部関西支局所属。審判員袖番号は『41』(2010年までは21)。

来歴・人物[編集]

大阪府柏原市立玉手山中学校卒業。

小学校時代は、地元ソフトボールクラブに入り、エースとして活躍。

中学時代は、藤井寺ボーイズに所属。

大阪産業大学附属高校から佐川急便を経て2003年2月1日にセ・リーグ審判員となる。 初出場は2007年4月24日中日-広島3回戦。

2011年から審判員の統合により、クルーチーフの佐藤審判員が『21』を着用するため山本は『41』に変更された。

2021年6月2日に明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦で一塁塁審に出場し、NPB審判員史上132人目となる通算1000試合出場を達成した。

牽制よそ見事件[編集]

2016年のクライマックスファーストステージ第1戦、巨人対DeNA(東京ドーム)の試合で二塁塁審を務めた山本は、8回裏2アウト2塁の場面でインプレー中になぜかよそ見をしており、DeNAの三上朋也の二塁牽制を判定しなかった。しかもタイミングは微妙で、アウトの可能性もあった。すぐにDeNAのアレックス・ラミレス監督が抗議に出た。しかし山本と球審の嶋田哲也は「プレーはかかっていなかった」と説明。しかし、実際の映像では球審の嶋田がプレーをかけているのがはっきりと映されていた[1]。これによってDeNAファンを始め、多くのプロ野球ファンから批判を浴びることとなった。

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2007年4月24日、中日対広島3回戦(ナゴヤドーム)、二塁塁審。
  • 出場試合数:968試合(セ・リーグ497、セ・リーグ304、交流戦128、日本シリーズ12、オールスター5、クライマックスシリーズ22)
  • オールスター出場:2回(2011年、2018年)
  • 日本シリーズ出場:3回 (2018年、2019年、2020年)

(記録は2020年シーズン終了時)[2]

表彰[編集]

  • ウエスタン・リーグ優秀審判員:2回 (2006年、2008年)
  • 審判員奨励賞:1回(2019年)[3]

(記録は2019年シーズン終了時)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]