伊藤和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 和雄
阪神タイガース #92
Itokazuo 20160320.JPG
2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県比企郡小川町
生年月日 1989年12月13日(26歳)
身長
体重
186 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト4位
初出場 2012年10月3日
年俸 650万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊藤 和雄(いとう かずお、1989年12月13日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

小川東中学校時代に野球を始めた頃は、控えの二塁手であった[2]

坂戸西高校投手となり、2年時の秋からエース。3年時の夏は、埼玉県予選3回戦で武藤祐太擁する飯能南高に敗れる[3]

広島を3度の日本一に導いた古葉竹識東京新大学野球連盟に加盟している東京国際大学で指揮を取ることを知り進学[4]。1年時の春からリーグ戦に登板。4年時の春にはエースとなり、3完封を含む7勝を挙げ同校を初のリーグ優勝に導きMVPとベストナインを獲得した[4]。この活躍で、東京ヤクルトスワローズが外れ1位候補に検討、他の複数球団からも上位指名にリストアップするなど球界からの評価も高まった[2][5]

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから4位指名を受けた。東京国際大学からは初のドラフト指名選手である。11月24日、契約金4000万円、年俸800万円で入団合意した。背番号は17[6]

プロ入り後[ソースを編集]

2012年には、同姓・同年齢・同期入団の伊藤隼太と共に、新人ながら一軍キャンプに参加[7]。キャンプではストレートに磨きをかけた[7]。しかし、2月22日に右肩を痛めた後に、右肩関節周囲炎との診断を受けて[8]一軍キャンプを離脱。開幕を二軍で迎えた。9月29日マット・マートンと入れ替わる格好で一軍に初昇格[9]10月3日中日戦での先発で一軍デビューを果たしたが、4回7安打4失点(自責3)で一軍初黒星[10][11]。一軍公式戦への登板は、この試合だけで終わった[12]

2013年には、2年連続で一軍キャンプに参加。2月26日京セラドーム大阪で開かれた2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表との強化試合では、救援登板の2イニングで日本代表打線を完全に抑えたことから、非公式記録ながらセーブポイントを獲得した。しかし、その後のオープン戦で結果を残せなかったうえに、利き腕である右腕の肘の故障などで公式戦開幕後も二軍生活に終始。ウエスタン・リーグでも、公式戦12試合の登板で、1勝1敗、防御率11.57に終わった。シーズン終了後の11月11日には、育成選手として契約を更改[13]。背番号も117に変更した。ゼネラルマネジャー中村勝広は、契約更改後に伊藤和を「正直なところ、大学出身の投手で、ファームでの防御率(が11点台に終わったこと)は物足りない」と評するとともに、「(伊藤和の本来の)力はこんなもんじゃない。もう1回(支配下登録まで)はい上がってきて欲しい」という言葉で伊藤に奮起を促していた[14]

2014年には、育成選手として春季キャンプを二軍で迎えた。しかし、キャンプから実戦登板で好投を続けた末に、オープン戦の途中から2シーズン振りに一軍へ合流。さらに、3試合(4イニング)に登板したオープン戦で8奪三振、防御率0.00という好成績を残したことから、一時は「公式戦の開幕前後に支配下登録選手へ復帰 → 先発要員として一軍に登録」という青写真が報じられていた[14][15]。3月下旬に右肩の違和感を訴えたことから、公式戦開幕時点での復帰は見送られた[16]ものの、首脳陣は開幕直後から伊藤を中継ぎ要員として起用することを模索[17]4月11日に支配下登録選手への復帰と背番号92への変更が発表されると[18]、即日一軍へ登録された[19]。登録後は公式戦の救援で好投を続けてていたが、6試合目の登板になった5月5日ヤクルト戦(神宮)に4番手で2回を投げて6点を失うと、翌6日に登録を抹消された。

2015年のシーズンは、故障もあって1軍登板0に終わり、11月17日、50万円減の550万円で契約更改を行った[20]

選手としての特徴[ソースを編集]

本来は、力み無く球持ち良い腕の振りから投げ下ろす最速150km/hのストレートが武器。スライダーフォークチェンジアップなど縦の変化球のキレも良く[4]、外角低めへきっちり投げ込める制球力とスタミナも合わせ持つ。

右肘を痛めた2013年には、ストレートが最速でも140km/hを下回るほど投球フォームを崩したため、入団2年目にして育成契約での再契約を余儀なくされた。このため、2014年には、二軍投手コーチ・久保康生の指導でフォーム改造に着手。その結果、オープン戦序盤の時点で、ストレートは最速で147km/hにまで回復した[14]。2016年には一軍でも登板し最速152km/hを記録した。

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2012 阪神 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 22 4.0 7 0 3 0 0 2 0 0 4 3 6.75 2.50
2014 6 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 45 10.0 8 1 8 0 0 11 0 0 7 7 6.30 1.60
2016 5 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 33 7.1 9 0 3 0 0 9 2 0 4 2 2.45 1.64
通算:3年 12 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 100 21.1 24 1 14 0 0 22 2 0 15 12 5.06 1.78
  • 2016年シーズン終了時

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 17 (2012年 - 2013年)
  • 117 (2014年 - 同年4月10日)
  • 92 (2014年4月11日 - )

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月7日閲覧。
  2. ^ a b “外れ1位に東京国際大150キロ右腕・伊藤…ヤクルト”. スポーツ報知. (2011年10月20日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20111020-OHT1T00027.htm 2011年11月2日閲覧。 
  3. ^ デイリースポーツ 2011年10月28日号 12版B
  4. ^ a b c “【阪神4位】伊藤和雄 古葉監督の愛弟子 津田さん思い出す150キロ!”. スポーツニッポン. (2011年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/27/kiji/K20111027001902680.html 2011年11月2日閲覧。 
  5. ^ “古葉監督の教え胸に…人生初の寮生活へ”. スポーツニッポン. (2011年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/26/kiji/K20111026001891990.html 2011年11月3日閲覧。 
  6. ^ “阪神、ドラ4位の伊藤和雄と入団合意”. サンケイスポーツ. (2011年11月24日). http://www.sanspo.com/baseball/news/111124/bsb1111242001014-n1.htm 2011年11月24日閲覧。 
  7. ^ a b “伊藤は「隼太」だけじゃない 「和雄」も1軍キャンプ”. 産経新聞. (2012年1月29日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/120129/wsp12012907070000-n1.htm 2012年2月7日閲覧。 
  8. ^ “阪神ドラ4位・伊藤和、右肩痛で離脱”. サンケイスポーツ. (2012年2月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120223/tig12022321210021-n1.html 2102年3月29日閲覧。 
  9. ^ “虎・マートン29日に抹消、近日中に帰国”. サンケイスポーツ. (2012年9月29日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120929/tig12092905010005-n1.html 2012年10月18日閲覧。 
  10. ^ “阪神・伊藤和、プロ初登板初先発も黒星”. サンケイスポーツ. (2012年10月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20121004/tig12100405010003-n1.html 2012年10月18日閲覧。 
  11. ^ 東京国際大学公式サイト・ニュース「本学初のプロ野球選手 阪神タイガース 伊藤和雄投手 初登板」
  12. ^ 日本プロ野球機構・個人年度別成績・阪神タイガース伊藤和雄
  13. ^ “阪神 大卒2年目の伊藤和と育成契約”. スポーツニッポン. (2013年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/11/kiji/K20131111006994020.html 2013年11月11日閲覧。 
  14. ^ a b c “阪神伊藤和あるぞ支配下復活”. 日刊スポーツ. (2014年3月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140310-1268384.html 2014年3月13日閲覧。 
  15. ^ “阪神伊藤和、開幕後に支配下契約へ”. 日刊スポーツ. (2014年3月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140321-1273324.html 2014年3月26日閲覧。 
  16. ^ “防御率0・00の剛腕が1軍から消えた”. デイリースポーツ. (2014年3月25日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/03/26/0006809462.shtml 2014年3月26日閲覧。 
  17. ^ “伊藤和の支配下登録は当面見送り”. デイリースポーツ. (2014年4月8日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/04/08/0006845688.shtml 2014年4月8日閲覧。 
  18. ^ http://www.npb.or.jp/players/2014pn_registered.html 2014年4月11日閲覧。
  19. ^ http://www.npb.or.jp/announcement/roster_cl20140411.html 2014年4月11日閲覧。
  20. ^ “阪神伊藤和&西田、背水契約更改「来年こそ恩返し」”. 日刊スポーツ. (2015年11月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1567274.html 2016年3月30日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]