下水流昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下水流 昂
広島東洋カープ #35
下水流昴20160617.jpg
2016年6月17日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市青葉区
生年月日 (1988-04-23) 1988年4月23日(29歳)
身長
体重
178 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 ドラフト4位
初出場 2013年10月3日
年俸 1,200万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

下水流 昂(しもずる こう、1988年4月23日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兄の影響で野球を始め、横浜市立鴨志田第一小学校から横浜市立鴨志田中学校に進学。中学時代に所属した緑中央シニアで本格的に野球に打ち込んだ[2]

横浜高時代は、1年時春からベンチ入り。2年秋になって中堅手のレギュラーに定着。3年時春の第78回選抜高等学校野球大会では、準決勝から4番に座り、同校8年ぶりとなる優勝を達成した[3]。夏の第88回全国高等学校野球選手権大会では、1回戦で大阪桐蔭高に6-11で敗れた。高校の同期に福田永将佐藤賢治西嶋一記、2学年先輩に涌井秀章石川雄洋、1学年後輩に高濱卓也、2学年後輩に土屋健二倉本寿彦がいる。なお、福田とは小・中・高で同じチームでプレーしていた。

高校卒業後は、青山学院大学に進学し東都大学野球連盟に加盟する硬式野球部に入部する。1年時春からリーグ戦に出場。2年時春には1試合2本塁打を放つ[4]。3年時に右膝後十字靱帯を部分断裂するという大怪我を負い[3]、さらに秋にチームが1984年以来となる2部降格となってしまう[2]。4年時は、自ら主将に立候補してチームを牽引し[2]、1季で1部リーグに返り咲いた。2時春と4年時秋にベストナインを受賞している。大学通算13本塁打(1部9本、2部4本)。

大学卒業後は、社会人野球Hondaに入団。普段は工場に勤務し、自動車製造の心臓部といえるエンジンの鋳造や不具合のチェックなどの社業に携わった[3]。1年目の2011年から公式戦に出場。同年の第82回都市対抗野球大会は初戦敗退に終わった。2年目の2012年は、第83回都市対抗野球大会の2回戦で新垣勇人擁する東芝に0-3で敗れた。在籍時のチームメイトには、佐藤達也諏訪部貴大がいる。

2012年10月25日プロ野球ドラフト会議広島東洋カープから4巡目指名を受けた[5]

プロ入り後[編集]

2013年の春季キャンプでは2軍スタートであったが、紅白戦などで結果を残し1軍に帯同。しかし3月15日に右長内転筋損傷と診断され離脱した[6]。同年はシーズンの大半を二軍で過ごしたものの、リーグ戦が残り2試合となった10月3日に一軍登録され、同日の試合でスタメンとしてプロ初出場・初安打を記録[7]、10月6日のシーズン最終戦では代打としてプロ初打点を記録した[7][8]クライマックスシリーズは左投手対策の右打者としてメンバーに登録され[7]、ファーストステージの第1戦(阪神戦)に代打で出場した。

2014年は一軍出場の機会はなかった。

2015年は二軍で14本塁打と好調で9月3日に1軍登録、5試合で10打数2安打、打率.200だった。9月11日に登録抹消された。

2016年は試合後の二軍降格が予定されていた3月6日埼玉西武ライオンズとのオープン戦で代打ホームランを放ち、開幕一軍を勝ち取った[9]。開幕戦に7番ライトで出場したが、4試合6打席で無安打4三振と結果を残すことができず降格となった。交流戦で一軍に復帰し、プロ入り初本塁打を放つなど5本塁打を記録した。また、この活躍を受け広島市下水道局のPRポスターに起用された[10]。その後も安定して一軍に定着し1年を通し48試合を出場しリーグ優勝に献上した。

2017年は9試合に留まった。

選手としての特徴・人物[編集]

2017/6/21 ウエスタンリーグにて

積極的でパンチ力を秘めた広角打法に加え[11][12]、50メートル走6秒2、遠投110メートルの俊足強肩の外野手[3]

目標とする選手はHondaの先輩でもある長野久義である[13]

フジテレビアナウンサーの三田友梨佳とは青山学院大学硬式野球部の選手とマネージャーという間柄で、大学では同期である。「プロで活躍して三田アナのインタビューを受けるのが目標のひとつです」と語っている[7][14]

2015年1月21日に中学時代の同級生の一般女性と入籍し、2016年12月3日にハワイで挙式を行った[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 広島 2 5 5 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .400 .400 .400 .800
2015 5 10 10 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
2016 48 116 104 11 26 6 0 5 47 18 0 0 0 0 12 0 0 26 7 .250 .328 .452 .780
2017 9 9 9 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .111 .111 .222 .333
NPB:4年 64 140 128 12 31 7 0 5 53 19 0 0 0 0 12 0 0 32 7 .242 .307 .414 .721
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2013 広島 1 4 0 0 0 1.000
2015 3 4 0 0 0 1.000
2016 34 41 0 0 0 1.000
2017 2 0 0 0 0 .---
通算 40 49 0 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c プロ野球ドラフト会議2012で広島東洋カープから4位指名を受けた下水流昂さん”. タウンニュース (2012年12月13日). 2013年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 遅れてきた黄金世代…下水流 マエケン、マー君に「食らいつく」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年1月17日). 2013年4月4日閲覧。
  4. ^ リーグ7季ぶりの2発!中西7打点で亜大快勝”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月13日). 2013年4月4日閲覧。
  5. ^ 2012年プロ野球ドラフト会議 交渉権獲得!”. 広島東洋カープ (2012年10月25日). 2013年4月4日閲覧。
  6. ^ 残念…広島 下水流が故障離脱 野村監督「開幕1軍も見えていたが…」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年3月15日). 2013年4月4日閲覧。
  7. ^ a b c d 広島下水流「能見撃て」CS第2戦起用へ - プロ野球ニュース”. 日刊スポーツ nikkansports.com (2013年10月10日). 2013年11月4日閲覧。
  8. ^ a b “【広島】ドラ4下水流が代打でプロ初打点”. 日刊スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131006-1200634.html 2013年10月6日閲覧。 
  9. ^ 広島下水流 起死回生弾で初の開幕1軍に望み”. 日刊スポーツ (2016年3月7日). 2016年10月4日閲覧。
  10. ^ カープ下水流選手が水道局PR役”. 中国新聞 (2016年8月19日). 2016年10月4日閲覧。
  11. ^ 下水流が1軍昇格 野村監督は「積極的な打撃」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月8日). 2013年4月4日閲覧。
  12. ^ 鯉ドラ4下水流“打率6割”で1軍昇格”. デイリースポーツ online (2013年2月6日). 2013年4月4日閲覧。
  13. ^ 若ゴイ、侍ジャパン戦へ意気軒昂 下水流「見るだけでも勉強」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月17日). 2013年4月4日閲覧。
  14. ^ 下水流が同級生ミタパンに「会いたい」 - プロ野球ニュース”. 日刊スポーツ nikkansports.com (2013年1月19日). 2013年11月4日閲覧。
  15. ^ “広島・下水流 ハワイ挙式 中学同級生・知加さんと”. スポニチアネックス. (2016年12月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/05/kiji/K20161205013848350.html 2016年12月5日閲覧。 
  16. ^ 広島下水流「ダメならクビ」覚悟のプロ1号”. 日刊スポーツ (2016年6月20日). 2016年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]