佐藤優悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 優悟
福島レッドホープス #5
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県刈田郡蔵王町[1]
生年月日 (1997-04-02) 1997年4月2日(24歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2019年 育成選手ドラフト7巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 優悟(さとう ゆうご、1997年4月2日 - )は、宮城県刈田郡蔵王町出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。福島レッドホープス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

蔵王町立平沢小学校2年の時に野球を始めた[2]蔵王町立円田中学校では軟式野球部に所属し正捕手を務め[2]、2年秋には宮城県選抜に選出された[3]

宮城県柴田高等学校では1年秋から6番・一塁手でベンチ入りし、2年秋から4番に座った[3]。最高成績は3年春の県大会準優勝で、甲子園大会の出場経験はない[3]

仙台大学で外野手に転向し、1年春から仙台六大学野球リーグ戦に出場[2]。レギュラーに定着した4年春のリーグ戦で[3]、リーグ5位の打率.342、1本塁打、11打点、6盗塁の成績を残しベストナインを受賞した[4]

2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議において、オリックス・バファローズから育成ドラフト7位で指名を受け[2]、11月20日に支度金330万円、年俸240万円で仮契約を結んだ[5]

オリックス時代[編集]

2020年ウエスタン・リーグ35試合に出場し、打率.237、0本塁打、4打点、2盗塁の成績を残した[6]

2021年はウエスタン・リーグ30試合に出場し、打率.241、1本塁打、5打点の成績を残し、リーグ戦終了後はみやざきフェニックス・リーグに参加。フェニックス・リーグでは4番に入ることもあったが、10月29日、球団から来季の契約を結ばない旨を通告された[7]

BCリーグ・福島時代[編集]

2022年1月7日に、ベースボール・チャレンジ・リーグ福島レッドホープスへ入団することが発表された。[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 007(2020年 - 2021年)
  • 5(2022年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 007佐藤優悟選手名鑑2020”. オリックス・バファローズ. 2020年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 【オリックス】育成ドラ7佐藤、早期の支配下登録へ「関西のノリについていく」”. スポーツ報知 (2021年10月24日). 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c d オリックス育成の仙台大・佐藤「浮かれず」神宮狙う”. 日刊スポーツ (2019年10月22日). 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ オリックス育成佐藤優悟、吉田正尚に弟子入り志願”. 日刊スポーツ (2019年10月24日). 2021年9月13日閲覧。
  5. ^ オリックス、佐藤優と合意 育成ドラフト7位、仙台大”. サンケイスポーツ (2019年11月20日). 2021年9月13日閲覧。
  6. ^ 2020年度 オリックス・バファローズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年9月13日閲覧。
  7. ^ “オリックス 育成の田城飛翔、佐藤優悟が戦力外 現役続行を希望”. デイリースポーツ online. (2021年10月29日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/10/29/0014800787.shtml 2021年11月2日閲覧。 
  8. ^ 福島レッドホープス【公式】”. 福島レッドホープス【公式】. 2022年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]