石井将希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 将希
阪神タイガース #121
M.Ishii.jpg
2018年5月26日 ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県高崎市
生年月日 (1995-07-12) 1995年7月12日(25歳)
身長
体重
180 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト1位
年俸 300万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石井 将希(いしい まさき、1995年7月12日 - )は、阪神タイガースに所属する群馬県高崎市出身のプロ野球選手投手育成選手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三人兄弟の末子。6歳年上の長兄・3歳年上の次兄ともバスケットボールを習っていた影響で、自身も小学3年時まではバスケットボールに興じていた。しかし、ソフトボール大会へ偶然参加したことをきっかけに、小学4年時から軟式野球へ転向した。ただし、転向当初は野球の知識がないまま、右利き用のグラブでプレー。その姿を見た指導者の勧めで左投げに変えたことが、大きな転機になったという[2]

佐野中学校時代には、軟式野球部へ所属[3]。当時白夜書房から発行されていた『野球小僧』に有望選手として取り上げられるほど、左腕投手として抜群の能力を発揮した[2]。卒業後に進学した桐生第一高校では、1年時からベンチ入り[3]。3年春の群馬県大会で死球を受けて右手甲を骨折するが、夏の群馬大会2回戦で実戦に復帰したところ、5回3失点という内容でチームの勝利に貢献した[4]。もっとも、次の3回戦で敗退する[5]など、在校中には春夏とも甲子園球場の全国大会と無縁であった。

上武大学への進学後は、2年時の春に関甲新学生野球のリーグ戦へ初めて登板すると、4勝を挙げて最優秀新人賞を獲得[6]。在学中は、主に救援で起用された[7]。同学年に島田海吏がいる。

2017年のNPB育成ドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で指名。支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した[8]。背番号は121[9]。ちなみに、育成ドラフト会議の前に開かれた支配下登録選手向けのドラフト会議では、島田も阪神から4巡目で指名[10]。後に入団したため、石井と再びチームメイトになった。

プロ入り後[編集]

2018年には、ウエスタン・リーグの公式戦で12試合に登板。勝敗は付かず、防御率も9.00にまで達した。シーズン終了後には、台湾で催されたアジア・ウィンター・リーグに、NPBウエスタン・リーグ選抜チームの一員として参加。2試合で先発を任されるなど、4試合に登板した[11]

2019年には、救援投手として、ウエスタン・リーグ公式戦トップの48試合に登板[12]。2勝2敗1セーブ、防御率3.46という成績を残した。

選手としての特徴[編集]

左腕から最速150km/hのストレート[13]と、スライダーカーブフォークチェンジアップといった多彩な変化球を投げ分ける[8]

阪神へ入団した2018年まではセットポジションで投げていたが、同年の秋季キャンプから投球フォームを改造。右足を高く上げたまま、軸足である左足に体重を乗せるなど、身体を大きく使いながら思い切って投げることを意識するようになった[14]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 121(2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「スポットライト」 - HISATOMI (2018年 - )

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年1月29日閲覧。
  2. ^ a b 阪神育成1位・石井 野球知識ゼロのバスケ少年が偶然に導かれて…スポーツニッポン 2018年1月20日
  3. ^ a b 『やせたら藤浪投手』阪神の育成ドラフト1位・石井、年俸300万円で仮契約 サンケイスポーツ 2017年11月28日閲覧
  4. ^ 桐生第一・石井 骨折から復活/群馬大会 日刊スポーツ 2017年11月28日閲覧
  5. ^ 10年春夏連覇の興南が散る/地方大会 日刊スポーツ 2017年11月28日閲覧
  6. ^ 阪神育成1位藤浪似の石井仮契約「痩せたら似てる」 日刊スポーツ 2017年11月28日閲覧
  7. ^ 阪神・育成ドラフト1位の上武大・石井、驚きも「勝負したい」/ドラフト サンケイスポーツ 2017年11月28日閲覧
  8. ^ a b 自称「痩せたら藤浪」の育成ドラフト1位・石井「一軍の舞台で勝負したい」 デイリースポーツ 2017年11月28日閲覧
  9. ^ ドラフト1位馬場は「18」 2位高橋は「29」新入団会見で背番号発表 デイリースポーツ 2017年12月4日閲覧
  10. ^ 阪神ドラフト4位島田海吏“藤浪返り討ち”で開幕一軍だ 日刊スポーツ 2017年11月28日閲覧
  11. ^ 2018アジアウインターベースボールリーグ(AWB)試合結果NPB日本野球機構
  12. ^ 2019年度 ウエスタン・リーグ  リーダーズ(投手部門)NPB日本野球機構
  13. ^ 阪神育成の石井、2回0封も平田二軍監督は辛口採点日刊スポーツ 2019年10月19日
  14. ^ 阪神石井フォーム改造奏功、支配下へ戦友活躍も励み日刊スポーツ 2019年6月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]