名幸一明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名幸 一明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県那覇市
生年月日 (1968-10-19) 1968年10月19日(49歳)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1986年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

名幸 一明(なこう かずあき、1968年10月19日 - )は、沖縄県那覇市出身の元プロ野球選手捕手)、プロ野球審判員。審判員袖番号は10

来歴・人物[編集]

興南高時代は、捕手として高校同期の友利結、1年下の西岡洋とバッテリーを組む。1985年秋季九州大会県予選決勝に進むが、上原晃を擁する沖縄水産高に惜敗。翌1986年も、夏の甲子園県予選決勝で沖縄水産高に敗退し甲子園出場を逸する。

1986年オフ、ドラフト外横浜大洋ホエールズに入団。一軍公式戦への出場がないまま、1995年限りで現役を引退。チームに残り、ブルペン捕手を務めた。

退団後、ハリーウェンデルステッド審判学校を経て1998年セントラル・リーグ審判部入局(東京勤務)。審判員袖番号はそれまで元審判部長の富澤宏哉が着けていた10番を引き継いだ[1]

2008年にはオールスターゲームに初出場。2009年には審判員奨励賞を受賞するとともに、クライマックスシリーズ初出場を果たした。

2003年から2014年まで12年連続で日本プロ野球選手会が行っている「選手が選ぶ!ベストアンパイア」に選出されている[2][3]。なお、2010年まではセ・パそれぞれ1名がベストアンパイアに選出されていたが2004年以降全ての年度で名幸が両リーグ1位の得点を獲得している。また、2002年には規定未満のためにベストアンパイアには選ばれなかったもののセ・リーグベストアンパイアの友寄を上回る得点を獲得している。選手からは「初回から9回まで、ストライクとボールを同じ基準でとる」審判として評価されている[4]。また、塁審を務めるときの打球を避ける足さばきや、正確な位置での判定なども定評がある。

2014年には日本シリーズ阪神ソフトバンク戦)初出場を果たし、10月26日の第2戦(甲子園)で球審を務めた[5]

2016年6月17日、東京読売ジャイアンツ千葉ロッテマリーンズ(交流戦)1回戦(東京ドーム)で球審を務め、史上123人目となる通算1000試合出場を達成した[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 68 (1987年 - 1995年)

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2002年4月16日、ヤクルト対広島1回戦(神宮球場)、一塁塁審
  • 出場試数:1147試合
  • オールスター出場:2回(2008年、2016年)
  • 日本シリーズ出場:1回(2014年)

(記録はシーズン2017年終了時)

脚注[編集]

  1. ^ セ・リーグでは、1988年に採用された際は新採用の審判には専用の袖番号を与えていたが、初採用時の審判が引退もしくは退職した結果空番が増えたため、この年から新採用審判には空番を与える事にしている。名幸審判はその初年度の採用審判である
  2. ^ 選手が選ぶ!ベストアンパイア - 日本プロ野球選手会公式サイト(2016年10月23日閲覧)
  3. ^ 選手が選ぶ!ベストアンパイア - Internet Archive(2016年10月23日閲覧)
  4. ^ 野球 : 名幸一明、ベストアンパイアの心得 SPORTS COMMUNICATIONS 2012-03-23
  5. ^ 2014年度 SMBC日本シリーズ 試合結果(第2戦) - 日本野球機構公式サイト(2014年10月27日閲覧)
  6. ^ 名幸一明審判員 1000試合出場達成のお知らせ - NPBニュース(日本野球機構公式サイト)、2016年6月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]