白井一行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年4月14日 横浜スタジアムにて

白井 一行(しらい かずゆき、1977年10月3日 - )は、兵庫県明石市出身のプロ野球審判員である。日本野球機構審判部・関西支局所属審判員袖番号は「20[1]

来歴・人物[編集]

兵庫県立明石高等学校甲賀総合科学専門学校を卒業後、1997年パシフィック・リーグ審判部に入局。2000年8月に初めて一軍戦の審判を務めた。2002年にはウエスタン・リーグ優秀審判員として表彰を受けている。

ストライクコールが非常に甲高いのが特徴。また、ストライクコールをする際に指で「K」の字を作る(ただし、2020年シーズンは指で「K」の字を作らなかった)。※しかし2021シーズンでは再び指で「k」の文字を作っていることが確認された。

2007年にはオールスターゲームに初出場を果たし、第1戦(東京ドーム)で球審を務めている。また、2014年には日本シリーズ(阪神ソフトバンク)に初出場を果たし、ソフトバンクが日本一を決めた第5戦(10月30日、ヤフオクドーム)で球審を務めている[2]。2011年シーズンから審判員が統合されたが、白井は引き続き「20」を着用している。

2015年プレミア12に出場。1次ラウンド・メキシコ対アメリカ戦では球審を務めた。

2016年7月6日、オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークス11回戦(京セラドーム大阪)で二塁塁審を務め、史上124人目となる通算1000試合出場を達成した[3]

2020年終了時点での出場試合数は1421。

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2000年8月8日オリックスロッテ18回戦(倉敷)、三塁塁審。
  • 出場試合数:1421試合(パ・リーグ792、セ・リーグ387、交流戦195、日本シリーズ15、オールスター4、クライマックスシリーズ28)
  • オールスター出場:2回(2007年、2014年)
  • 日本シリーズ出場:3回(2014年、2016年、2018年)

(記録は2020年シーズン終了時[4]

表彰[編集]

  • ウエスタン・リーグ優秀審判員:1回 (2002年)
  • 審判員奨励賞:2回 (2018年・2019年)

(記録は2019年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ 宝島社刊 『プロ野球選手データ名鑑 2012ポケット判』
  2. ^ 2014年度 SMBC日本シリーズ 試合結果(第5戦) - 日本野球機構オフィシャルサイト(2015年9月10日閲覧)
  3. ^ 白井一行審判員 1000試合出場達成のお知らせ - NPBニュース(日本野球機構オフィシャルサイト)、2016年7月6日
  4. ^ 審判員【白井 一行】 日本野球機構オフィシャルサイト 2019年3月5日閲覧

関連項目[編集]