コーリー・スパンジェンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • コリー・スパンジェンバーグ
コーリー・スパンジェンバーグ
Cory Spangenberg
埼玉西武ライオンズ #22
Cory Spangenberg (48116546401) (cropped).jpg
AAA級サンアントニオ時代
(2019年6月23日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ラッカワナ郡クラークス・サミット英語版
生年月日 (1991-03-16) 1991年3月16日(29歳)
身長
体重
183 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手左翼手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 2014年9月1日
NPB / 2020年6月19日
年俸 8000万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

コーリー・ジョセフ・スパンジェンバーグCory Joseph Spangenberg, 1991年3月16日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ラッカワナ郡クラークス・サミット英語版出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。NPB埼玉西武ライオンズ所属。愛称はスパンジーSpangy[2]

経歴[編集]

プロ入りとパドレス時代[編集]

A+級レイクエルシノア時代
(2012年6月3日)

2011年MLBドラフト1巡目(全体10位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り[3]

2012年は傘下のA+級レイクエルシノア・ストーム英語版でプレーした。

2013年はAA級サンアントニオ・ミッションズでプレーした。

2014年もAA級サンアントニオでプレーしていた。7月にテキサスリーグの月間最優秀選手に選出された[4]。9月1日にメジャーに昇格し、同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦にて「8番・三塁手」で先発出場してメジャーデビューした[5]。翌2日の同カードでは9回に代打で登場し、ブラッド・ジーグラーからサヨナラとなるメジャー初本塁打を放った[6]。20試合に出場し、打率.290、2本塁打、9打点出塁率.313を記録した。

2015年は開幕をメジャーで迎えた。6月にジェド・ジョーコの不調のより二塁手として出場することが増えたが、6月27日のダイヤモンドバックス戦で相手選手のスライディングで左膝を負傷し、8月中旬まで故障者リスト入りした[7]。108試合に出場し、打率.271、4本塁打、21打点、出塁率.333を記録した。

2016年大腿四頭筋を損傷したため、わずか14試合の出場に終わった。打率.229、1本塁打、8打点、出塁率.302を記録した。

2017年スプリングトレーニング三塁手コンバートされた。開幕後はAAA級エル・パソ・チワワズに配属されたが、4月25日にメジャー昇格。ヤンガビース・ソラーテが三塁から遊撃にコンバートされたこともあり、オールスター以降は正三塁手として定着した。自己最多となる129試合に出場し、打率.264、13本塁打、46打点、出塁率.322を記録した。また、このシーズンは左翼手として32試合に出場した。

2018年は開幕をメジャーで迎えたが、成績を維持できず、メジャーとマイナーを行き来した。前年からは成績を落としたものの116試合に出場し、打率.235、7本塁打、25打点、出塁率.298を記録した。しかし11月20日にDFAとなり[8]、21日にFAとなった[9]

ブルワーズ時代[編集]

2019年1月4日にミルウォーキー・ブルワーズと120万ドルの単年契約を結んだ[10]。開幕は傘下のAAA級サンアントニオ・ミッションズ[11]で迎えた。5月14日にDFAとなり[12]、16日に再びAAA級ミッションズ所属となった。マイナーでは113試合に出場し、打率.309、14本塁打、62打点、出塁率.378を記録した。8月24日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[13]。以降はユーティリティープレイヤーとして32試合に出場し、打率.232、2本塁打、10打点、出塁率.277を記録した。11月1日にAAA級ミッションズ配属となった。

西武時代[編集]

2019年12月6日にショーン・ノリンと共に埼玉西武ライオンズと契約した[14]。年俸8000万円で背番号は「22[15]登録名は姓の「スパンジェンバーグ」をそのまま使用し、9文字で日本プロ野球史上最長となった[16]

2020年は開幕前の練習試合で結果を残し、「1番・左翼」で開幕オーダーに名を連ねる。6月23日の福岡ソフトバンクホークス戦の2回裏にマット・ムーアから来日初本塁打となる満塁本塁打を記録した[17]。最終的に111試合に出場し、本塁打は山川穂高に次ぎチーム2位、リーグでも9位タイの15本、三塁打はリーグトップの8本、二塁打もリーグ3位の26本を放つなどし、打率.268、OPSはチームトップでリーグ9位の.807、打点も山川、栗山巧に次ぐチーム3位の57打点を挙げた一方、三振が2位浅村栄斗楽天)より39も多い両リーグトップの150、四死球も36で、出塁率は.326にとどまった。

選手としての特徴[編集]

内外野守れるユーティリティープレイヤーであり、メジャー6年間で二塁はUZR+0.5、DRS+6、三塁はUZR-2.8、DRS±0、遊撃はUZR+0.1、DRS±0、左翼はUZR-3.4、DRS-2、中堅はUZR-0.1、DRS±0、右翼はUZR-0.6、DRS-1の守備指標を記録した[18]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 SD 20 65 62 7 18 2 1 2 28 9 4 2 1 0 2 0 0 14 1 .290 .313 .452 .764
2015 108 345 308 38 82 17 5 4 121 21 9 4 8 3 28 1 2 75 4 .271 .333 .399 .733
2016 14 53 48 6 11 1 1 1 17 8 1 0 0 0 4 0 1 13 0 .229 .302 .354 .656
2017 129 486 444 57 117 18 2 13 178 46 11 3 2 1 34 1 5 128 2 .264 .322 .401 .723
2018 116 329 298 35 70 9 4 7 108 25 6 1 4 0 25 0 2 108 6 .235 .298 .362 .661
2019 MIL 32 102 95 11 22 2 2 2 34 10 3 0 1 0 6 1 0 36 1 .232 .277 .358 .635
2020 西武 111 445 407 51 109 26 8 15 196 57 12 2 0 2 32 0 4 150 2 .268 .326 .482 .807
MLB:6年 419 1380 1250 154 320 49 15 29 486 119 34 10 16 4 99 3 10 374 14 .256 .315 .389 .704
NPB:1年 111 445 407 51 109 26 8 15 196 57 12 2 0 2 32 0 4 150 2 .268 .326 .482 .807
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 SD 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 4 0 3 0 0 0 0 0 3 3 13.50 3.50
MLB:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 4 0 3 0 0 0 0 0 3 3 13.50 3.50
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

内野守備


二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS)




































2014 SD 3 3 5 1 0 .889 9 4 14 3 0 .857 -
2015 70 87 173 4 39 .985 19 2 25 0 0 1.000 -
2016 13 22 35 5 12 .919 - -
2017 7 7 6 0 1 1.000 96 47 173 13 20 .944 -
2018 49 60 77 2 20 .986 44 18 64 4 5 .953 1 0 0 0 0 ----
2019 MIL 22 24 35 1 8 .983 6 3 12 0 2 1.000 4 2 4 0 0 1.000
2020 西武 - 54 26 53 6 3 .929 -
MLB 164 208 338 13 82 .977 174 74 288 20 27 .948 5 2 4 0 0 1.000
NPB - 54 26 53 6 3 .929 -
外野守備


中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF) 外野
















































2014 SD - 4 3 0 1 0 .750 - -
2015 1 0 0 0 0 ---- 1 0 0 0 0 ---- 2 0 0 0 0 ---- -
2016 - - - -
2017 - 32 32 1 0 1 1.000 - -
2018 - 5 4 0 0 0 1.000 - -
2019 MIL - 3 6 1 0 0 1.000 - -
2020 西武 - - - 75 131 2 4 1 .971
MLB 1 0 0 0 0 ---- 45 45 2 1 1 .979 1 0 0 0 0 ---- -
NPB - - - 75 131 2 4 1 .971
投手守備


投手(P)












2018 SD 2 0 1 0 1 1.000
通算 2 0 1 0 1 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB初記録

背番号[編集]

  • 15(2014年 - 2018年)
  • 5(2019年)
  • 22(2020年 - )

登場曲[編集]

  • 「THE OUTSIDERS」Eric Church(2020年 - )

脚注[編集]

  1. ^ S西武、スパンジェンバーグら獲得” (日本語). 2020年5月30日閲覧。
  2. ^ Padres' Players Weekend nicknames explained MLb.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ Speedy infielder tops Padres' busy Draft day
  4. ^ Cory Spangenberg: ‘AS GOOD AS I’VE FELT’
  5. ^ Spangenberg calls big league callup 'surreal'
  6. ^ Spangenberg's pinch HR lifts Padres to 2-1 win
  7. ^ Spangenberg making slow progress” (英語). San Diego Union-Tribune (2015年7月11日). 2020年5月30日閲覧。
  8. ^ Jeff Todd (2018年11月20日). “Padres Designate Colin Rea, Cory Spangenberg, Allen Cordoba” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年4月1日閲覧。
  9. ^ Padres Release Cory Spangenberg” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年5月30日閲覧。
  10. ^ Adam McCalvy (2019年1月4日). “Brewers add Spangenberg to infield mix” (英語). MLB.com. 2019年4月1日閲覧。
  11. ^ 2019年にコロラドスプリングス・スカイソックスより球団名変更。以前所属の同名球団とは別母体
  12. ^ Mike Rosenbaum (2019年5月14日). “What to expect from Brewers' Hiura in bigs” (英語). MLB.com. 2019年5月15日閲覧。
  13. ^ Adam McCalvy (2019年8月24日). “Brewers DFA Opening Day starter Chacin” (英語). MLB.com. 2019年8月25日閲覧。
  14. ^ 選手契約について”. 西武ライオンズ オフィシャルサイト (2019年12月6日). 2020年1月30日閲覧。
  15. ^ ショーン・ノリン投手、コーリー・スパンジェンバーグ選手 入団会見”. 西武ライオンズ オフィシャルサイト (2020年1月29日). 2020年1月30日閲覧。
  16. ^ 西武・スパンジェンバーグ 秋山に代わる1番期待「“スパンジー”と呼んで」”. スポーツニッポン (2020年1月30日). 2020年2月24日閲覧。
  17. ^ 西武スパンジェンバーグ満弾に興奮「うれしいよ!」”. 日刊スポーツ (2020年6月23日). 2020年6月23日閲覧。
  18. ^ Cory Spangenberg - Stats - Batting | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年5月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]