望月惇志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
望月 惇志
阪神タイガース #61
もっちー.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1997-08-02) 1997年8月2日(20歳)
身長
体重
189 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年10月1日
年俸 500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

望月 惇志(もちづき あつし、1997年8月2日 - )は、阪神タイガースに所属する神奈川県横浜市出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

5歳で野球を始めると、芹が谷小では東芹が谷ジュニアフェニックス、芹が谷中では横浜南ボーイズに所属。横浜創学館高校では2年春からベンチ入り[2]。3年時には最速148kmを計測した[3]。3年夏は県8強で敗退[2]

2015年のプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目で指名[2]。契約金4,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は61[4]

プロ入り後[編集]

2016年には、春季キャンプから二軍で育成。6月9日オリックス・バファローズとのウエスタン・リーグ公式戦(阪神鳴尾浜球場)で先発投手として実戦デビューを果たすと、5回無失点の好投でプロ初勝利を挙げるとともに、ストレートで151km/h(当時の自己最速記録)を計測した[5]。同リーグ通算では、公式戦14試合の登板で、5勝3敗(1完投)、防御率3.84をマーク。チームの高卒新人投手では藤浪晋太郎2013年)以来となる一軍公式戦での先発デビューの可能性を首脳陣が示唆するまでに至った[6][7]が、チーム事情などとの兼ね合いで先発登板は実現しなかった。9月30日にプロ入り後初の出場選手登録を果たすと、翌10月1日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で、6点リードの9回表に4番手投手として一軍デビュー。最初の対戦打者ギャレット・ジョーンズに対して自己最速(153km/h)のストレートを投げ込み、1回を無失点に抑えるとともに、福原忍の引退試合でもあったチームのレギュラーシーズン最終戦を継投による完封勝利で締めくくった[8]

2017年のシーズンは度重なる怪我に悩まされ[9]、1軍登板なかった。2軍のウエスタン・リーグでは14試合に登板し、5勝3敗、防御率3.84の成績であった。

選手としての特徴[編集]

189cmの長身から繰り出すストレートが持ち味[10]。高校時代の最速記録は148km/hであったが、二軍では自己最速155km/hを計測した。

変化球はスライダー、フォークを投げ分ける。制球力に課題を残す。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 4 1.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


投手












2016 1 0 0 0 0 .000
通算 1 0 0 0 0 .000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 61 (2016年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]