岡崎大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「岡﨑大輔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
岡﨑 大輔
オリックス・バファローズ #52
D.Okazaki.jpg
2019年3月17日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県幸手市
生年月日 (1998-09-17) 1998年9月17日(21歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
初出場 2017年10月3日
年俸 610万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡﨑 大輔(おかざき だいすけ、1998年9月17日 - )は、埼玉県幸手市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幸手市立東中時代は久喜シニアに所属。チームの同学年には、高校でもチームメイトとなり後に同じドラフトで共にプロ指名される高橋昂也がいた[2]

花咲徳栄高等学校では1年秋から二塁手のレギュラーを獲得[3] 。自身が甲子園初出場を果たした2年夏の選手権では、3番・遊撃手として4番の大瀧愛斗らとクリーンナップを形成し、ベスト8に進出した。準々決勝で、優勝した東海大相模に敗れるも、この時吉田凌から2安打、小笠原慎之介から1安打を放った[3][4]。2年秋からは主将に就いた[5]3年春のセンバツでは秀岳館に1回戦敗退。3年夏の選手権では、今井達也を擁して優勝した作新学院に3回戦敗退。甲子園3大会出場7試合通算で打率.333を残した[3]。1学年先輩に大瀧愛斗、1学年後輩に清水達也西川愛也がいる。

2016年度ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位指名を受けた[6]。中学からのチームメイト[7]高橋昂也広島東洋カープから2位指名を受け、花咲徳栄高初の複数選手指名となった[2]

プロ入り後[編集]

2017年は、春季キャンプで一軍の紅白戦に出場した。ファームで80試合に出場し打率こそ1割台とプロの壁に当たるも、守備では主に二遊間を守り安定した守備を見せた。シーズン終盤に一軍に昇格し、最終戦では先制タイムリーを放つなど5試合に出場した[8]。11月20日、舞洲の球団施設において契約更改に臨み、10万円アップの年俸610万円(金額は推定)でサインした[8]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[9]。 2019年10月22日、戦力外通告を受けた。

選手としての特徴・人物[編集]

ミート力や守備でのスローイング、一塁到達4.01秒の脚力が持ち味[6][10]。高校で主将を務めたキャプテンシーや精神力も評価されている[11]。高校では主に遊撃手だったが、プロ入り後は二塁・三塁守備にも挑戦している[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 オリックス 5 14 14 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
通算:1年 5 14 14 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



遊撃












2017 オリックス 5 6 8 0 0 1.000
通算 5 6 8 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (2017年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年12月5日閲覧。
  2. ^ a b <高校野球>ドラフト、徳栄から初の2人指名 埼玉西武は作新の今井”. 埼玉新聞 (2016年10月21日). 2017年6月11日閲覧。
  3. ^ a b c 2016 ドラフト候補の群像/その9 岡崎大輔[花咲徳栄高]”. Yahoo!ニュース (2016年10月18日). 2017年6月11日閲覧。
  4. ^ 花咲徳栄 対 東海大相模 - スコア速報 - 第97回高校野球選手権(2015)”. 日刊スポーツ (2015年8月17日). 2017年6月11日閲覧。
  5. ^ 花咲徳栄7回コールド発進 主将岡崎が2安打けん引”. 日刊スポーツ (2015年9月20日). 2017年6月11日閲覧。
  6. ^ a b 2016年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2016年10月20日). 2017年6月11日閲覧。
  7. ^ 背中で考えわかるよ 花咲徳栄・高橋投手支える幼なじみ”. バーチャル甲子園 (2016年8月16日). 2017年6月11日閲覧。
  8. ^ a b 【オリックス】岡崎、10万円増の610万円でサイン「一番の課題は守備」”. スポーツ報知 (2017年10月20日). 2017年11月21日閲覧。
  9. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月21日閲覧。
  10. ^ <高校野球>花咲徳栄の岡崎、オリ入団決定 背番号52…長く活躍を”. 埼玉新聞 (2016年11月16日). 2017年6月11日閲覧。
  11. ^ 「オリックスの一員実感」 花咲徳栄・岡崎が仮契約”. 産経ニュース (2016年11月16日). 2017年6月11日閲覧。
  12. ^ オリックス 経験を積むドラ3ルーキー岡崎大輔”. 週刊ベースボールONLINE (2017年6月8日). 2017年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]