佐々木健 (右投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 健
広島東洋カープ #122
Sasakiken122.jpg
2018年2月8日 東光寺球場での春季キャンプにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県御前崎市[1]
生年月日 (1999-04-02) 1999年4月2日(22歳)
身長
体重
189 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト3位
年俸 330万円(2021年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐々木 健(ささき けん、1999年4月2日 - )は、静岡県御前崎市出身[1]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代は「黒潮野球スポーツ少年団」で軟式野球をプレー。同チームでの後輩に、広島で同僚となる二俣翔一がいた[3]

浜岡中学校卒業後は小笠高校に進学[4]。1年生冬の頃に腰を痛めて出遅れるが、2年生のオフに下半身を強化したことで、球速が1年間で10km/hアップした[4]。3年生の夏の甲子園静岡県大会では、1回戦の浜松城北工相手に15個の三振を奪う[5]も、同大会3回戦で敗退[6]

同年のドラフト会議にて広島東洋カープから育成3巡目で指名され、11月16日浜松市内のホテルで支度金300万円、年俸240万円(いずれも推定)で契約を結んだ[7]

広島時代[編集]

2018年は二軍公式戦の登板は1試合のみだった。

2019年は守備練習中に足首を負傷するなどして、公式戦登板なしでシーズンを終えている[8]

2020年は「今年が最後という気持ち」でトレーナーに志願して体幹トレーニングを積んでからシーズンに臨んだ[8]。更には3月より新設されたファームの投球動作解析班(通称:2.5軍)で新球種のナックルボール習得を目指して約1ヶ月間特訓し、8月19日の二軍公式戦復帰登板を迎えた[9]。ナックルボールをその試合で披露しつつ、結果的に1回を3奪三振の無失点で切り抜けたが、与四球や盗塁、暴投で満塁のピンチを招く不安定な内容だった。その後2試合に登板したが、計2回1/3を投げて、被安打4、与四球8、3暴投で自責点6、防御率23.14、WHIP5.14の成績だった[10]。オフにはみやざきフェニックス・リーグに参加したが[11]、ここでも痛打される場面が多かった。11月30日、育成選手制度の規約に従って保留者名簿から外れたが[12]、12月8日、育成選手として再契約を結んだ[2][13]

プレースタイル・人物[編集]

189センチの長身から投げる最速144km/hのボール[14]と、50m5秒9の俊足が持ち味[7]変化球スライダーを武器としていたが、現状、実戦練習などでは打ち込まれることが多い[8]。2020年からはプロでの生き残りをかけ、ファームの投球動作解析班(通称:2.5軍)に所属して、ナックルボールの完全習得を目指している[9][13]

広島球団側は高校2年時から身体能力を評価しており、上記の浜松城北工相手に15三振を奪った時に獲得の意思を固めた[5]。担当の松本奉文スカウトは「(188cmと同じく長身の)薮田のようになれる」と評した[5]

佐々木本人も「広島は選手を育てるのがうまい球団と聞いています。投手陣も充実していて、お手本になる選手が多い」と話し、将来の目標を150km/hとした[5]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 122 (2018年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “【話題】プロ野球静岡県人会の発足!草薙球場にて2017年12月29日(金)「野球教室&チャリティートークショー」が開催、巨人、阪神、広島らのプロ野球選手続々参加表明”. バンキシャ!静岡. (2017年12月5日). https://bankisya.jp/news/1712003/ 2018年2月21日閲覧。 
  2. ^ a b “育成の佐々木投手と再契約”. 中國新聞デジタル. (2020年12月8日). https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=707400&comment_sub_id=0&category_id=124 2020年12月13日閲覧。 
  3. ^ “広島育成1位の二俣が抱負「1日でも早く支配下に」”. 日刊スポーツ. (2020年11月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011090000447.html 2020年11月12日閲覧。 
  4. ^ a b “小笠高の189センチ右腕・佐々木健はMAX143キロ”. スポーツ報知. (2017年10月24日). https://hochi.news/articles/20170606-OHT1T50075.html 
  5. ^ a b c d “【静岡】小笠・佐々木、剛腕15K!スカウト高評価DeNA山崎康のよう”. スポーツ報知. (2017年11月17日). http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20170710-OHT1T50026.html 2018年2月21日閲覧。 
  6. ^ “コイの新星< 5 >岡林飛翔投手/藤井黎来投手/佐々木健投手 - 中国新聞”. 中国新聞. (2018年1月20日). http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=403595&comment_sub_id=0&category_id=124 2018年2月21日閲覧。 
  7. ^ a b “佐々木(小笠高)投手、広島と契約 育成3位指名”. 静岡新聞. (2017年11月17日). http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/427590.html 2018年2月21日閲覧。 
  8. ^ a b c “【野球】広島・佐々木健「今年が最後という気持ち」直球磨いて育成からはい上がる”. デイリースポーツ online. (2020年5月24日). https://www.daily.co.jp/opinion-d/2020/05/24/0013366117.shtml 2020年11月12日閲覧。 
  9. ^ a b “佐々木、ナックルで勝負 育成3年目、19日に初披露し成果と課題”. 中国新聞デジタル. (2020年8月25日). https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=674850&comment_sub_id=0&category_id=129 2020年11月12日閲覧。 
  10. ^ 2020年度 広島東洋カープ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月12日閲覧。
  11. ^ “広島がフェニックスリーグ参加メンバー発表 小園、大盛ら”. デイリースポーツ online. (2020年11月5日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2020/11/05/0013841646.shtml 2020年12月3日閲覧。 
  12. ^ “育成保留者名簿に畝・持丸・コルニエルら”. 中國新聞デジタル. (2020年12月1日). https://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=704759&comment_sub_id=0&category_id=124 2020年12月3日閲覧。 
  13. ^ a b “広島佐々木が育成再契約 2・5軍でナックル習得中”. 日刊スポーツ. (2020年12月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202012080000824.html 
  14. ^ ファーム 試合レポート 試合結果 11月10日(火) 広島東洋カープ 1-8 読売ジャイアンツ(フェニックス・リーグ)”. 広島東洋カープ. 2020年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]