中山翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 翔太
東京ヤクルトスワローズ #8
YS-Shota-Nakayama20190608.jpg
2019年6月8日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1996-09-22) 1996年9月22日(25歳)
身長
体重
185 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2019年6月9日
年俸 1200万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中山 翔太(なかやま しょうた、1996年9月22日 - )は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

城星学園小学校時代に軟式野球を始め、大阪市立本庄中学校では東成シニアに所属[2]

履正社高校では2年秋からベンチ入りし、4番レフトで近畿大会ベスト4に貢献。第86回選抜高等学校野球大会に出場し、決勝まで勝ち進み、近畿大会で敗れた高橋奎二らを擁する龍谷大平安高校と再び対戦するが準優勝で終わった[3]。3年夏はレギュラーを外れ、ほとんど出番がなく、準決勝で香月一也正隨優弥青柳昴樹らを擁する大阪桐蔭高校に敗れ、ベスト4[4]。甲子園通算5試合、打率.176(17打数3安打)4打点。1学年先輩に宮本丈、2学年後輩に寺島成輝がいる。

法政大学に進学し、2年春から出場し、2年秋にレフトでレギュラーを確保。2年秋は大竹耕太郎加藤拓也から本塁打を放つなど3本塁打を記録し、明治神宮外苑創建90年記念奉納試合東京六大学選抜メンバーに選ばれた[5]。その際に当時のヤクルトのセットアッパーであった秋吉亮から安打を放つなど、鋭い当たりを連発した[6]。3年春からファーストに回り、4年春はリーグ史上8人目のサイクル安打を記録するなど[7]、打率.380を記録し、一塁手のベストナインを獲得。4年秋は小島和哉らから3本塁打を放ち、12季ぶりの優勝に貢献した[8]第49回明治神宮野球大会では初戦の環太平洋大学戦で1安打を放ったが敗れた。東京六大学通算64試合、打率.306(248打数76安打)、11本塁打、47打点。

2018年度ドラフト会議にて東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月30日に契約金7500万円、年俸1300万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は8[9]

ヤクルト時代[編集]

2019年シーズンは、初打席で初安打を記録すると[10](オープン戦でも初打席初安打を記録している[11])、6月16日の対埼玉西武ライオンズ戦でプロ初本塁打を記録[12]。35試合に出場し、打率.289、5本塁打、14打点と非凡な長打力を見せたが、好不調の波が激しかった[13]。特に広島東洋カープ相手に強く、5本中3本を広島戦で放った[14]

2020年シーズンは29試合の出場にとどまり、打率、安打数、本塁打数など軒並み前年のシーズンを下回る成績となったが、主に代打として存在感を見せた[15]。特に9月には、お得意様の広島戦で豪快な一発を放つなど[16]、球団最多タイ記録となる月間3本の代打本塁打を放った[17]。チームでは大杉勝男以来の成績である[18]。本塁打数は4本に留まり、目標の30発には届かなかった[19]

2021年シーズンはキャンプで青木宣親内川聖一にアドバイスを受けるも[20]、自己最少の9試合の出場に留まり、1安打しか打てなかった。12月10日に契約更改を行った[21]

2022年、1月26日に新型コロナウイルス感染症に感染したことが発表された[22]

選手としての特徴[編集]

長打力が武器のスラッガー[23]。右の大砲として期待されている[24]。ヘッドスピードや日本人離れした打球の速さも魅力[25]

人物[編集]

趣味はウエイトトレーニング[26]。鍛え上げられた筋肉が自慢[27]。愛称は同姓のお笑い芸人であるなかやまきんに君(なお本名が「中山翔二」と翔まで同姓同名である)に因み「きんに君」[28]。チームメイトからは「筋ちゃん」、「筋さん」と呼ばれている[29]

憧れの選手はジャンカルロ・スタントン[30]

非常に明るい性格[31]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 ヤクルト 35 100 97 11 28 4 0 5 47 14 0 0 0 0 3 0 0 25 2 .289 .310 .485 .795
2020 29 53 48 4 11 1 0 4 24 8 0 0 0 1 3 0 1 19 2 .229 .283 .500 .783
2021 9 14 11 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 3 3 0 .091 .286 .091 .377
NPB:3年 73 167 156 15 40 5 0 9 72 23 0 0 0 1 6 0 4 47 4 .256 .299 .462 .761
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2019 ヤクルト 28 43 0 0 0 1.000
2020 15 15 0 0 0 1.000
2021 3 5 0 0 0 1.000
通算 46 63 0 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8(2019年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ 中山翔太 プロフィール”. 週刊ベースボール. 2021年11月7日閲覧。
  3. ^ 龍谷大平安 対 履正社”. 日刊スポーツ. 2021年11月7日閲覧。
  4. ^ 大阪桐蔭 6-2 履正社”. スポーツブル. 2021年11月7日閲覧。
  5. ^ SANKEI DIGITAL INC (2018年12月28日). “【直撃】夢も筋肉もモリモリ!ヤクルトD2・中山翔太、将来は「三冠王」&「日本の4番」”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  6. ^ ヤクルト・中山翔太外野手 破格のパワー誇る「きんに君」/2019年このルーキーに注目! | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2019年1月7日). 2022年1月30日閲覧。
  7. ^ ドラフト候補の法大・中山“きんに君”サイクル”. 日刊スポーツ (2018年5月13日). 2021年11月7日閲覧。
  8. ^ 【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 閉会式 12季ぶりの優勝&向山、中山、小林、相馬の4選手がベストナインを獲得!!”. スポーツ法政 (2018年10月28日). 2018年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月7日閲覧。
  9. ^ ヤクルト2位中山「きんに君」に大杉、広沢の背番8”. 日刊スポーツ (2018年11月30日). 2021年11月7日閲覧。
  10. ^ SANKEI DIGITAL INC (2019年6月10日). “1軍初昇格のヤクルトD2・中山きんに君、代打でデビュー!プロ初安打初打点”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  11. ^ ヤクルト中山「思い切っていこうと」サファテ撃ち”. 日刊スポーツ (2019年3月17日). 2022年1月30日閲覧。
  12. ^ SANKEI DIGITAL INC (2019年6月17日). “ヤクルトD2「きんに君」中山が豪快弾!球団31年ぶり代打で新人1号”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  13. ^ SANKEI DIGITAL INC (2019年11月12日). “ヤクルト・池山2軍監督が熱血ブンブン丸塾 中山きんに君開眼へ”. イザ!. 2022年1月30日閲覧。
  14. ^ SANKEI DIGITAL INC (2019年9月16日). “ヤクルト・中山、5本塁打中3本がマツダスタジアム”. イザ!. 2022年1月30日閲覧。
  15. ^ ヤクルトの〝きんに君〟中山 代打出場から大活躍 2号ソロ&タイムリー! – 東京スポーツ新聞社”. 東スポWeb (2020年9月12日). 2022年1月30日閲覧。
  16. ^ SANKEI DIGITAL INC (2020年9月8日). “ヤクルト・中山、代打で1号ソロ!「積極的にいこうと思っていた」”. イザ!. 2022年1月30日閲覧。
  17. ^ ヤクルト・中山“きんに君”また打った!今季4本目代打弾で球団2位に並ぶ”. スポーツニッポン (2020年10月4日). 2021年3月13日閲覧。
  18. ^ 【ヤクルト】中山翔太、月間代打3発球団記録 燕の「きんに君」が76年の大杉勝男に並んだ”. スポーツ報知 (2020年9月18日). 2022年1月30日閲覧。
  19. ^ 【ヤクルト】来季2年目の中山は微増で初の契約更改「来年は30本打てるように」”. スポーツ報知 (2019年12月4日). 2022年1月30日閲覧。
  20. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年2月19日). “ヤクルト中山2000安打コンビの助言効いた!新フォームで快音連発”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  21. ^ 契約更改について”. 東京ヤクルトスワローズ (2021年12月10日). 2022年1月30日閲覧。
  22. ^ 新型コロナウイルス陽性判定について”. 東京ヤクルトスワローズ (2022年1月26日). 2022年1月30日閲覧。
  23. ^ 野望もドでかい「燕のきんに君」 | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2018年12月26日). 2022年1月30日閲覧。
  24. ^ SANKEI DIGITAL INC (2018年12月1日). “大杉、広沢を継ぐ右の大砲へ!ヤクルトD2位・中山が背番号「8」”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  25. ^ ヤクルト2位、法大・中山翔太は「和製大砲候補」”. 日刊スポーツ (2018年10月25日). 2022年1月30日閲覧。
  26. ^ ヤクルトのドラ2“きんに君”中山はプロテイン持参で入寮”. デイリースポーツ online (2019年1月5日). 2022年1月30日閲覧。
  27. ^ ヤクルト2位・中山翔太(法大・内野手) 燕の「きんに君」。「神宮で特大ホームランをかっ飛ばします」 | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2018年12月26日). 2022年1月30日閲覧。
  28. ^ ヤクルトのドラ2中山が新入団発表で自慢の筋肉披露、ファン歓声”. デイリースポーツ (2018年12月7日). 2021年11月7日閲覧。
  29. ^ SANKEI DIGITAL INC (2019年7月5日). “ヤクルト・中山きんに君、5戦3発!村上とヤング大砲コンビで鯉叩き3連勝”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  30. ^ SANKEI DIGITAL INC (2018年12月8日). “ヤクルトD2・中山、憧れはスタントン”. サンスポ. 2022年1月30日閲覧。
  31. ^ ヤクルトのドラ2“緊張しない男”法大・中山が「緊張」した瞬間とは”. スポニチ Sponichi Annex (2018年11月2日). 2022年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]