西浦颯大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西浦 颯大
Nishiura00.jpg
2018年4月20日 タマホームスタジアム筑後にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 (1999-05-21) 1999年5月21日(23歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2017年 ドラフト6位
初出場 2018年10月1日
最終出場 2020年11月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
西浦 颯大
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年1月20日 -
ジャンル 野球
登録者数 9050人
総再生回数 175,262回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年5月16日時点。
テンプレートを表示

西浦 颯大(にしうら はやと、1999年5月21日 - )は、熊本県八代市出身[1]の元プロ野球選手外野手、右投左打)、YouTuber

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

八代市立鏡西部小学校3年生時に、軟式の小川キングリバーズで野球を始め[2]、6年生時(2011年)には福岡ソフトバンクホークスのジュニアチームでNPB12球団ジュニアトーナメントに出場している[2]。鏡中学校時代は硬式の熊本北リトルシニアに在籍し、3年生時(2014年)には第2回15U野球ワールドカップ日本代表に選出された[2][3]

明徳義塾高等学校では、1年春から公式戦出場を果たす。1年夏の高知県大会でも20人のメンバー入りし、チームは優勝し甲子園出場を果たしたものの、自身は県予選の不振により甲子園本戦の18人メンバーから漏れた[2][4]。1年秋からはレギュラーに定着し、2年春から3年夏まで自身計4度の甲子園出場を果たした。2年春の選抜は3番・右翼手として出場するも1回戦で龍谷大平安に敗退[5]2年夏の選手権では主に3番・一塁手として出場し、3回戦の嘉手納戦で満塁本塁打を放ち[6]、準決勝で今井達也を擁し優勝した作新学院に敗れたものの[7]、ベスト4の成績を残した。3年次は3番・右翼手に戻り、春の選抜では1回戦で清宮幸太郎を擁する早稲田実業に敗退[8]3年夏の選手権では2回戦で前橋育英に敗退[9]。甲子園4大会通算で33打数12安打6打点1本塁打の成績を残した[2]。高校時代のチームメイトとしては1学年先輩に古賀優大、1学年後輩に市川悠太がいる。

2017年度ドラフト会議オリックス・バファローズから6位指名を受け[10]、契約金3000万円・年俸480万円(推定)の条件で契約を結んだ。背番号は00となった[11]

オリックス時代[編集]

2018年、10月1日に初めて一軍出場選手登録されると、同日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)で8番・右翼手の先発としてプロ初出場。5回表の第2打席で藤平尚真から右前にプロ初安打を放つと、そのままプロ初盗塁となる二盗を記録した。

2019年はオープン戦から「2番・中堅手」候補としてスタメン起用され、オープン戦16試合で打率.161・56打数で15三振を喫した一方、3月8日の対読売ジャイアンツ戦(京セラドーム大阪)で菅野智之から3点本塁打を放つなど[12]、.429の得点圏打率と12球団4位タイの12打点を記録した[13]。開幕一軍メンバーに選出されると、3月29日の開幕戦北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)において2番・中堅手として自身初の開幕スタメンを掴み、プロ初打点となる適時打を含む2安打を記録した。8番・中堅手として出場した5月10日の楽天戦で青山浩二からプロ初本塁打を記録した。10代での本塁打は、オリックスでは1993年鈴木一朗(イチロー)以来だった[14]。シーズン通算では打率.195と打撃に課題を残しレギュラー定着は果たせなかったものの[15][16]、77試合出場と前年から大きく出場機会を伸ばし、8盗塁に加えてチームの外野手トップの7補殺を記録するなど、走塁・守備に存在感を発揮した[17][15]。シーズン終了後にはオーストラリア・ウィンターリーグメルボルン・エイシズに派遣された[18]。ウィンターリーグでは打率.326(95打数31安打)、3本塁打、11打点を記録し[19]、11月末から12月初めにかけては打撃好調で、週間ベストナインを2週連続で獲得した[20]

2020年は7月16日に初めて一軍登録されたが[21]、2度の登録抹消を経験[22][23]。シーズン最終盤の11月に4度目の一軍昇格となり、2試合連続安打を放つも試合中に力が入らないほどの激痛に見舞われ、左大腿骨頸部を疲労骨折が判明し、登録を抹消された[24][25]。関西の医療機関にて検査を行ったところ、特定疾患である両側特発性大腿骨頭壊死症であると診断された。この事実は11月26日に公表され、また、球団が翌年の支配下選手契約を行わないことも発表された[26]。12月2日に自由契約公示されたのち、同月8日、育成選手としてオリックスと再契約を結んだ。背番号は125に変更となった[24][25][27][28]。12月21日に[28]京都市内の病院で、骨盤を骨頭へ移植する左大腿骨頭掻爬手術を受けた[25]

2021年は2月3日に右大腿骨頭掻爬手術を受けた[29]。4月17日に退院し[30]、8月には打撃練習の様子を公開するなど復帰へ取り組んでいたが[31]、病状の悪化を受け現役引退を球団に申し入れ、9月24日に現役引退を自身のSNSで公表し、球団からも発表された[32]

現役引退後[編集]

10月29日、YouTubeチャンネルを開設した[33]2022年1月2日、YouTuberのクーニンの動画に出演。ほっともっとフィールド神戸での草野球の試合だったことからクーニンズの助っ人として声を掛けられたもので、引退セレモニーでも打席に立たなかった西浦にとっては1年ぶりとなる野球をプレーする様子が映された[34]

選手としての特徴・人物[編集]

高校時代に遠投で110m、50m走で5秒9[1]を記録した肩力・脚力を活かした守備走塁が持ち味[16][35]。「鏡で見ながら理想の体形を作るのは楽しい」と、高校時代から半ば趣味として筋力トレーニングに取り組んでおり[36]、高校在学中には背筋力270kgを記録し[37]、オリックス入団直前の身体測定では体脂肪率4.9%と測定された[1]。プロ入り後の課題として打撃面を挙げており[35]、プロ1年目の2018年、2年目の2019年ともにシーズン終了後の目標として「体重を増やしたい」と自身の希望を語った[15][38]

愛称は「にっしー[39]

2020年11月に、国の指定難病である特発性大腿骨頭壊死症と診断された際、「なんだその病気?」と思い[24]、担当医からは「8割強、野球には復帰できない」と宣告されたが、恐怖心を抱いたり、落ち込んだりはしなかった[28]。球団から病気の事実が公表されたあとは、同じ病気を患う人たちから多くのメッセージやアドバイスが届き、気持ちが楽になったという[27]。育成選手として再契約を結んだ契約更改の場では、「復活した人がいないなら僕が一番最初に復活してやろう」「僕が復活すれば、(同じ病気の人も)希望が持てると思う」と気丈に前向きな発言をしていた[24][25][27][28]。結果的に復帰はできなかったものの、何に対しても可能性がちょっとでもあるなら挑戦してみる価値はあると改めて思えたと言う[40]。引退後に開設したYouTubeチャンネルでは、様々なことに挑戦し、挑戦する自身の姿を通して多くの人に病気について周知してもらうことや、同じ病気の人に勇気を与えることを目的としている[41]

特発性大腿骨頭壊死症を患ってからは走ることができる状態までは回復しておらず、引退時点では早歩き程度までしかできない[34]。2022年2月の日刊ゲンダイの取材に対して、長距離を歩くときはを使用しており、医師から重い物を持つこととジャンプは禁止されていること、ビタミンDの薬を服用していることを語っている。また、将来的には人工股関節に換える手術を要するという[40]

同学年の東京ヤクルトスワローズ村上宗隆とは、小学校時代からの親友でライバルの関係にあり、小・中学校では何度も対戦していた[42]。当時から「一緒にプロにいこう」と話していたという[42]。プロ入り後の2021年シーズン中に前述した特発性大腿骨頭壊死症の影響で現役引退を決意した西浦は村上にその意思を伝え、「絶対、優勝しろよ」とメッセージを送った[42]。その後、村上の擁するヤクルトはセ・リーグ優勝を収めている[43]。なお、ヤクルトはその後、巨人とのクライマックスシリーズも制すると、西浦の所属したオリックスと日本シリーズ選手権で対戦し、日本一となった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 オリックス 2 7 6 0 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 0 0 3 0 .167 .286 .167 .452
2019 77 239 220 24 43 8 1 1 56 18 8 3 5 1 13 0 0 56 1 .195 .239 .255 .494
2020 49 97 91 13 17 1 0 2 24 4 3 2 1 0 5 0 0 21 1 .187 .229 .264 .493
通算:3年 128 343 317 37 61 9 1 3 81 22 12 6 6 1 19 0 0 80 2 .192 .237 .256 .493

年度別守備成績[編集]



外野












2018 オリックス 2 2 0 0 0 1.000
2019 73 130 7 1 0 .993
2020 42 57 1 2 0 .967
通算 117 189 8 3 0 .985

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 00(2018年 - 2020年)
  • 125(2021年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c オリックス6位西浦、イチロー越え体脂肪率4・9%”. 日刊スポーツ (2017年12月17日). 2018年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道”. 高校野球ドットコム (2017年12月1日). 2018年3月25日閲覧。
  3. ^ 全世代侍ジャパン選手リスト 西浦颯大”. 野球日本代表侍ジャパン公式サイト. 2018年3月25日閲覧。
  4. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 明徳義塾(高知)”. 毎日新聞. 2018年3月25日閲覧。
  5. ^ センバツスコア速報 龍谷大平安 対 明徳義塾”. 日刊スポーツ (2016年3月21日). 2018年3月25日閲覧。
  6. ^ 夏の甲子園2016 明徳義塾 対 嘉手納”. 日刊スポーツ (2016年8月16日). 2018年3月25日閲覧。
  7. ^ 夏の甲子園2016 作新学院 対 明徳義塾”. 日刊スポーツ (2016年8月20日). 2018年3月25日閲覧。
  8. ^ 第89回センバツ高校野球大会 ▼1回戦 2017/03/24(金) 早実(東京)-明徳義塾(高知)”. サンケイスポーツ (2017年3月24日). 2018年3月25日閲覧。
  9. ^ 夏の甲子園2017 明徳義塾 対 前橋育英”. 日刊スポーツ (2017年8月16日). 2018年3月25日閲覧。
  10. ^ 2017年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズ (2017年10月26日). 2018年3月25日閲覧。
  11. ^ 「目標はイチロー選手」 明徳・西浦選手、オリックスと仮契約 /高知”. 毎日新聞 (2017年11月10日). 2018年3月25日閲覧。
  12. ^ 同点タイムリーや3ランや!オリ・西浦、菅野撃ち4打点「めちゃくちゃ気持ちよかった」”. サンケイスポーツ (2019年3月9日). 2019年3月29日閲覧。
  13. ^ プロ野球 オープン戦打者成績 - 打点”. スポーツナビ. 2019年3月29日閲覧。
  14. ^ 【オリックス】西浦、イチロー以来の10代弾「うれしかった」”. スポーツ報知 (2019年5月11日). 2019年5月12日閲覧。
  15. ^ a b c オリ西浦 870万円アップで更改「守備面での手応えはメチャメチャあります」”. スポーツニッポン (2019年11月6日). 2019年11月16日閲覧。
  16. ^ a b オリックス西浦「ぜいたくランチ特打」定位置獲得だ”. 日刊スポーツ (2019年11月5日). 2019年11月16日閲覧。
  17. ^ オリックス・西浦870万円増でサイン チームトップの補殺7、右翼定着に期待”. デイリースポーツ (2019年11月6日). 2019年11月16日閲覧。
  18. ^ 【オリックス】オーストラリアWLに佐野、宗、西浦、富山を派遣”. スポーツ報知 (2019年11月6日). 2019年11月16日閲覧。
  19. ^ “来季に向けて期待大!? オリ西浦が豪州WL最終戦最終打席で有終弾、9回にダメ押し3号”. Full-Count. (2019年12月30日). https://full-count.jp/2019/12/30/post649419/ 2020年1月28日閲覧。 
  20. ^ “オリ西浦、打率.471で豪州WL週間ベストナイン獲得 バキバキ“肉体美”も公開”. Full-Count. (2019年12月9日). https://full-count.jp/2019/12/09/post630225/ 2020年1月28日閲覧。 
  21. ^ “2020年7月公示 出場選手登録・抹消”. オリックス・バファローズ. https://www.buffaloes.co.jp/news/announce/entry/202007/index.html 2020年12月13日閲覧。 
  22. ^ “2020年8月公示 出場選手登録・抹消”. オリックス・バファローズ. https://www.buffaloes.co.jp/news/announce/entry/202008/index.html 2020年12月13日閲覧。 
  23. ^ “2020年10月公示 出場選手登録・抹消”. オリックス・バファローズ. https://www.buffaloes.co.jp/news/announce/entry/202010/index.html 2020年12月13日閲覧。 
  24. ^ a b c d “オリックス・西浦が育成選手契約、背番号125 難病から復活誓う「僕が最初の人に」”. デイリースポーツonline. (2020年12月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/12/08/0013923124.shtml 2020年12月13日閲覧。 
  25. ^ a b c d “オリックス西浦 両足手術へ 医師から「8割強復帰できない」も前向き【NPB】”. デイリースポーツonline. (2020年12月9日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/12/09/0013924585.shtml 2020年12月13日閲覧。 
  26. ^ “オリックス 右肘手術の近藤、特発性大腿骨頭壊死症の西浦と支配下選手契約せず”. デイリースポーツ online. (2020年11月26日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/11/26/0013893308.shtml 2020年11月26日閲覧。 
  27. ^ a b c “【オリックス】国の指定難病を患った西浦颯大は育成で再契約「僕が一番に復活してやろう」”. スポーツ報知. (2020年12月8日). https://hochi.news/articles/20201208-OHT1T50103.html 2020年11月26日閲覧。 
  28. ^ a b c d “オリックス・西浦 難病からの復帰決意「僕が一番最初に復活しようと」 育成選手として契約”. Sponichi Annex. (2020年12月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/08/kiji/20201208s00001173259000c.html 2020年11月26日閲覧。 
  29. ^ オリックス・西浦が2度目の手術を受ける 厚労省指定の特定疾患で昨年12月にも” (日本語). デイリースポーツ online (2021年2月3日). 2021年2月3日閲覧。
  30. ^ “オリックス・西浦が退院を報告 国指定の難病「両側特発性大腿骨頭壊死症」で手術、入院”. Sponichi Annex. (2021年8月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/17/kiji/20210417s00001173558000c.html 2021年9月24日閲覧。 
  31. ^ “難病克服へ オリックス・西浦の練習公開にファン感動「明徳魂!」「回復ぶりすごい」”. デイリースポーツ online. (2021年8月28日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/08/28/0014630998.shtml 2021年9月24日閲覧。 
  32. ^ オリックス西浦颯大が現役引退申し入れ 28日広島2軍戦で引退セレモニー”. 日刊スポーツ (2021年9月24日). 2021年10月12日閲覧。
  33. ^ 西浦颯大 [@nishiura_hayato] (2021年10月29日). "すみませんこっちでした。 チャンネル登録よろしくお願いします。" (ツイート). Twitterより2022年1月3日閲覧
  34. ^ a b 元オリックス西浦颯大…クーニンズで復帰!難病を克服して大活躍 - YouTube
  35. ^ a b オリックス西浦870万円増 打率「280が目標」”. 日刊スポーツ (2019年11月6日). 2019年11月16日閲覧。
  36. ^ 明徳義塾・西浦颯大 自称“Cロナ級”肉体「人から憧れられる体が理想」”. 東スポWeb (2017年8月10日). 2018年3月25日閲覧。
  37. ^ オリ・ドラ6西浦“イチ超えボディー”体脂肪率は驚異の5%”. スポーツニッポン (2017年12月17日). 2018年3月25日閲覧。
  38. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.94.
  39. ^ 00 西浦 颯大 選手名鑑2018|オリックス・バファローズ” (日本語). オリックス・バファローズ オフィシャルサイト. 2021年8月21日閲覧。
  40. ^ a b 大腿骨頭壊死症で引退…元オリックス西浦颯大さんが苦闘を語る”. 日刊ゲンダイヘルスケア. 独白 愉快な“病人”たち. p. 4 (2022年2月21日). 2022年3月14日閲覧。
  41. ^ 大腿骨頭壊死症で引退…元オリックス西浦颯大さんが苦闘を語る”. 日刊ゲンダイヘルスケア. 独白 愉快な“病人”たち. p. 5 (2022年2月21日). 2022年3月14日閲覧。
  42. ^ a b c SANKEI DIGITAL INC (2021年10月27日). “【優勝特別手記】ヤクルト・村上、有言実行『チームを勝たせる4番』になった page2” (日本語). サンスポ. 2021年10月27日閲覧。
  43. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年10月27日). “【優勝特別手記】ヤクルト・村上、有言実行『チームを勝たせる4番』になった” (日本語). サンスポ. 2021年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]