同志社大学新町キャンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
同志社大学 > 同志社大学新町キャンパス

同志社大学新町キャンパス(どうししゃだいがくしんまちきゃんぱす)は同志社大学のキャンパス。

写真は臨光館。右側にある尋真館と臨光館を三階で結ぶ渡り廊下には創立者である新島襄の言葉『諸君ヨ、人一人ハ大切ナリ』と書かれている。

2005年秋には政策学部と社会学部が主に使用する臨光館が改築、完成した。臨光館は五摂家のひとつの近衛家の邸宅の跡地でもある。現在も地下に遺跡として眠っている。また、学生会館があり、サークル活動の拠点として使用されている。政策学部が開設され臨光館が建設される前は、主に外国語科目の再履修のクラスが多く行われており、新町キャンパス(尋真館:Z)に再履修に行かなくてはならない学生を揶揄して「Z戦士」と学生同士で呼称していた。 今出川・新町・室町の3キャンパスは近接し、ほぼ一体として利用されており、3キャンパスを併せて今出川校地と呼ぶことが多い。

歴史[編集]

新町キャンパスは、1959年に旧日本電池本社跡地に設置された。

使用学部[編集]

  • 使用学部:主に政策学部及び社会学部、および外国語科目
  • 使用研究科:なし

施設[編集]

教育施設[編集]

  • 臨光館 (りんこう-かん 略称:R)
    教室、社会学部事務室、政策学部事務室、新町カフェテリア(食堂)
  • 尋真館 (じんしん-かん 略称:Z)
    教室、施設課、管財課
  • 渓水館 (けいすい-かん 略称:KS)
    社会学部事務室分室、政策学部事務室分室

運動施設[編集]

  • 育真館 (いくしん-かん 略称:IS)
    体育館

その他施設[編集]

  • 学生会館
    サークル棟、新町ショップ
  • 新町別館
    サークル棟

アクセス[編集]

外部リンク[編集]