第60回全日本大学野球選手権記念大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 第60回全日本大学野球選手権記念大会 Baseball pictogram.svg
試合日程 2011年6月7日 - 6月12日
出場校 26校
参加校数 188校
優勝校 東洋大学東都、2年連続4回目)
準優勝校 慶應義塾大学東京六
試合数 25試合
選手宣誓 天野勝仁(南東北東日本国際大学
最高殊勲選手 藤岡貴裕東都東洋大学
大会本塁打 6本塁打
タイブレーク導入
 < 20102012 > 
テンプレートを表示

第60回全日本大学野球選手権記念大会(だい60かいぜんにっぽんだいがくやきゅうせんしゅけんきねんたいかい)は、2011年6月7日から6月12日までの6日間にわたって明治神宮野球場および東京ドームで行われた全日本大学野球選手権大会である。

概要[編集]

キャッチフレーズは「 ANNIVERSARY 60th 」。 全日本大学野球連盟に所属する26連盟の春季リーグ優勝26校によって25試合が行われた。 東日本大震災による電力危機の影響で1・2回戦に第1試合の開始時間を30分前倒しして午前8時30分からに変更したり、タイブレーク制度を導入(延長10回以降は一死満塁から攻撃)するなどの対策をとった。[1]

日程[編集]

出場校[編集]

北海道地区

東北地区

関東・甲信越地区

北陸・東海地区

関西地区

中国・四国地区

九州・沖縄地区

組み合わせ・結果[編集]

1・2回戦、準々決勝・準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
9日(5) 東京D
 
 同志社大学 0
8日(6) 東京D
 九州共立大学 3
 福井工業大学 2
10日(1) 神宮
 九州共立大学 5
 九州共立大学 7
8日(5) 東京D
 富士大学 5
 近畿大学工学部[5][6] 3
9日(4) 東京D(延長10回)
 名桜大学 0
 近畿大学工学部 1
 富士大学 2
 
11日(1) 神宮
 
 九州共立大学 0
7日(8) 東京D
 東洋大学 2
 四国学院大学 2
9日(3) 東京D(延長10回)
 大阪体育大学 6
 大阪体育大学 2
7日(7) 東京D
 道都大学 3
 上武大学 1
10日(2) 神宮(8回コールド)
 道都大学 4
 道都大学 0
7日(6) 東京D
 東洋大学 10
 京都学園大学 0
8日(7) 東京D
 福岡大学 6
 福岡大学 2
 東洋大学[7][6] 3
   
   
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
 
8日(4) 神宮
 
 日本体育大学 7
7日(5) 東京D
 奈良産業大学 3
 徳山大学 2
10日(3) 神宮
 奈良産業大学 3
 日本体育大学 0
7日(4) 神宮
 東京国際大学 1
 東京情報大学 2
8日(3) 神宮(延長10回)
 日本大学国際関係学部 0
 東京情報大学 1
7日(3) 神宮(延長10回)
 東京国際大学 3
 東京国際大学 3
11日(2) 神宮
 龍谷大学 2
 東京国際大学 4
 慶應義塾大学 6
 
8日(2) 神宮
 
 慶應義塾大学 5
7日(2) 神宮
 東京農業大学生物産業学部 2
 横浜商科大学 2
10日(4) 神宮
 東京農業大学生物産業学部 3
 慶應義塾大学 4
7日(1) 神宮
 愛知学院大学 1
 東日本国際大学 2
8日(1) 神宮
 愛知学院大学 4
 愛知学院大学 5
 東北福祉大学 4
   
   

決勝戦[編集]

12日 神宮球場
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
慶応義塾大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
東洋大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 3
  1. 慶応義塾大 : 福谷 - 阿加多
  2. 東洋大 : 藤岡 - 岡
  3. :  東洋大 – 小田(1)

表彰[編集]

  • 最高殊勲選手賞 : 藤岡貴裕(東洋大)[8][9]
  • 最優秀投手賞 : 藤岡貴裕(東洋大)
  • 首位打者賞 : 佐藤大道(九州共立大)
  • 敢闘賞 : 福谷浩司(慶応義塾大)
  • 特別賞 : 東京国際大学硬式野球部

脚注[編集]

  1. ^ 大学野球選手権、タイブレーク制導入 読売新聞
  2. ^ 野球・大学選手権、全26校の組み合わせ確定 読売新聞
  3. ^ 東洋大、慶大破り大学日本一…2年連続4度目 読売新聞
  4. ^ 劇的サヨナラ本塁打!東洋大 史上5校目の2連覇 スポーツニッポン(2011年6月12日)
  5. ^ 近畿大学工学部の久保田高弘がノーヒットノーランを達成。
  6. ^ a b 全日本大学野球選手権大会 大会記録(個人成績)
  7. ^ 東洋大学の藤岡貴裕が1試合19奪三振の大会タイ記録。
  8. ^ 前年の大会に続いての受賞。2年連続の受賞は史上初。
  9. ^ 東洋大が連覇、藤岡は史上初の2年連続MVP 日刊スポーツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]