久野剛司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久野 剛司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府八尾市
生年月日 (1943-05-21) 1943年5月21日(76歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト4位
初出場 1966年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

久野 剛司(ひさの たかし、1943年5月21日 - )は大阪府八尾市出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

八尾高校では、1年生エースとして1959年夏の甲子園に出場。準決勝に進むが、優勝した西条高の金子哲夫(阪神)に抑えられ1-5で敗退[1]。同年の秋季近畿大会県予選準決勝では大鉄高土井正博に本塁打を喫し敗退。1960年の春季近畿大会にも進出するが、1回戦で山城高に敗れている。同年夏の甲子園府予選は準々決勝で明星高に惜敗。

同志社大学に進学。関西六大学野球リーグでは1964年秋季、1965年秋季と2度のリーグ優勝に貢献、1シーズン9勝を2回記録するなどエースとして活躍した。リーグ通算70試合に登板し、33勝16敗、防御率1.52、188奪三振。1965年には春秋季連続で関西六大学記者クラブ賞を受賞した。

卒業後は河合楽器に入社が内定していたが断り、1965年阪神タイガースドラフト4位で指名され入団した。1年目の1966年には自己最多となる38試合登板、5月からは先発としても起用される。6連敗の後、8月20日広島戦で先発。池田英俊と投げ合い初勝利を3安打完封で飾る。しかし翌1967年は一軍登板が無く、1968年も中継ぎでの1勝にとどまる。1969年にはシーズン最終日の10月16日中日とのダブルヘッダー第1戦で門岡信行に投げ勝ち完封勝利。しかしその後はあまり活躍の機会もなく、1970年のシーズン中に西鉄ライオンズに移籍。ここでは中継ぎとして起用されるが、1971年には1試合登板のみにとどまり、同年限りで引退した。スライダー、カーブとシュートのコンビネーションが持味だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 阪神 38 14 1 1 0 1 6 -- -- .143 393 93.1 90 3 30 2 8 36 2 1 40 29 2.81 1.29
1968 11 1 0 0 0 1 2 -- -- .333 82 17.2 24 2 8 1 1 15 1 0 14 14 7.00 1.81
1969 12 1 1 1 1 1 0 -- -- 1.000 95 24.2 15 0 5 0 1 10 1 0 3 3 1.08 0.81
1970 7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 43 8.2 15 1 3 0 0 8 0 0 10 10 10.00 2.08
西鉄 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 70 16.0 20 2 5 0 0 2 0 0 12 10 5.63 1.56
'70計 18 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 113 24.2 35 3 8 0 0 10 0 0 22 20 7.30 1.74
1971 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 10 2.0 4 0 1 0 0 0 0 0 1 1 4.50 2.50
通算:5年 80 16 2 2 1 3 8 -- -- .273 693 162.1 168 8 52 3 10 71 4 1 80 67 3.72 1.36
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 26(1965年 - 1970年途中)
  • 17(1970年途中 - 1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]