岡村晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡村 晃
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市新町
生年月日 (1943-07-18) 1943年7月18日(75歳)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト外
初出場 1969年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡村 晃(おかむら あきら、1943年7月18日 - )は、大阪府[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

桃山学院高校では外野手関西大学へ進学し三塁手に転向。関西六大学野球リーグでは1962年春季リーグで優勝を経験。同年の秋季リーグからレギュラーとして活躍。翌1963年秋季リーグでも首位に立つが、「西川事件」により優勝取り消し、1964年春季リーグ出場辞退の処分を受ける。同年の秋季リーグでは8打席連続安打のリーグ新記録を作る。4年生時には主将を任された。リーグ通算68試合出場、227打数58安打、打率.256、2本塁打。

1965年プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから6位指名を受けるも拒否し、社会人野球河合楽器へ入社[1]1966年から2年連続で都市対抗に出場。この時のチームメートには二塁手武上四郎遊撃手阪本敏三らがいた。

1967年ドラフト外阪急ブレーブスへ入団[1]。俊足攻守の内野手として期待されるが活躍の場には恵まれず、1969年限りで引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 阪急 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号[編集]

  • 44 (1968年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、118ページ

関連項目[編集]