桜井広大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜井 広大
HT-Kodai-Sakurai.jpg
阪神時代
(2009年7月15日、阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県野洲郡野洲町(現:野洲市
生年月日 (1983-07-01) 1983年7月1日(35歳)
身長
体重
181 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 ドラフト4巡目
初出場 NPB / 2007年5月18日
最終出場 NPB / 2010年10月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

桜井 広大(さくらい こうだい、1983年7月1日 - )は、滋賀県野洲郡野洲町(現:野洲市)出身の元プロ野球選手外野手、右投右打)、コーチ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1983年に滋賀県野洲郡野洲町(現・野洲市)で生まれる。野洲町立三上小学校3年時に野球経験のある父の影響で野球を始め、三上スポーツ少年団で滋賀県大会優勝。小学6年生の時点で身長170 cmに成長していた。野洲町立野洲中学校時代は滋賀野洲ボーイズに所属し、関西選抜として世界大会3位。3年時に陸上競技の3種競技A(走高跳砲丸投100 m)で県大会優勝。

1999年PL学園高校へ入学し、2年時に第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。(3年時は部内暴力で活動停止処分で出場できず。)高校通算26本塁打[1]2001年ドラフト会議において、阪神タイガースから4巡目で指名され、入団。PL学園高校から直接、阪神に入団した、初めての選手となった。

阪神時代[編集]

新人時代から二軍の中軸を任されるなど打撃面での期待を寄せられたが、守備難や一軍外野陣の存在もあって入団から5年間は一軍昇格がなかった。6年目の2007年に二軍で打率.333と好調を維持していたところ、濱中治今岡誠アンディ・シーツが不振に陥ったため、5月18日の横浜ベイスターズ戦で一軍初出場し、翌日には初先発出場を果たすと同時にプロ初安打を放った。その後も好調を維持していたが、10月14日のクライマックスシリーズ第1ステージの中日ドラゴンズ戦で走塁中に一塁手タイロン・ウッズと激突して左膝内症と診断され、オフはリハビリに費やした。翌2008年の年俸は当年の560万円から2500万円に上がり、346%増の昇給率は当時の球団歴代最高であった(2016年2017年原口文仁が358%で更新。金額・昇給率は推定。)[2]

2009年に初のシーズン二桁本塁打を放ち、規定打席には届かなかったが自己最多の103試合に出場し、打率.302、12本塁打、42打点を記録した。2010年は開幕からレギュラーとなり、同年のチーム初本塁打を放つも、7月11日に右肘痛が原因で降格する。8月10日に再昇格した2日後の広島東洋カープ戦で城島健司狩野恵輔と共に3者連続本塁打を放った。しかし復帰はしたものの右は完治しておらず、オフに右肘の手術に踏み切った。

2011年も右肘の痛みが完治せず、一軍出場がないまま10月9日に戦力外通告を受け[3][4]。12月2日に自由契約公示された。

独立リーグ時代[編集]

2012年2月16日に独立リーグ四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズ入団が発表され[5]、背番号は0に決まった。

2012年のシーズンは主に指名打者として78試合に出場、打率はリーグ2位の.320、6本塁打、44打点の成績で、リーグのベストナイン(指名打者部門)に選ばれた[6]。11月9日には日本製紙クリネックススタジアム宮城で行われた12球団合同トライアウトに参加、倉敷マスカットスタジアムでの東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストも受験したが合格とはならなかった[7]

2013年のシーズンも引き続き香川で主軸を打ち、10本塁打、59打点をマークして本塁打と打点の二冠王となった[8]

11月18日、現役を引退することを表明した[9]

現役引退後[編集]

引退後は兵庫県明石市内のバッティングセンターで野球を教える。

2015年4月30日、香川オリーブガイナーズの「アンバサダー兼臨時コーチ」に就任[10]。2015年度学生野球資格回復制度により学生野球資格を回復し、2015年秋から滋賀県立高島高等学校野球部の臨時コーチとなり、月に1、2回指導している[11]

2016年11月15日、郷里の滋賀県に発足するベースボール・チャレンジ・リーグの新球団滋賀ユナイテッドベースボールクラブの打撃コーチに就任することが発表された[12]2017年10月3日に退任[13]

人物[編集]

下戸であり、煙草も吸わない。

筋肉質の体格で、高校3年の時にはベンチプレス120kg、背筋力280kg、握力70kgを記録している。阪神入団時の計測では胸囲110cm、太もも周り64cm、遠投110メートル、100メートル走11.06秒であった。

阪神時代は金本知憲左翼手を、赤星憲広マット・マートン中堅手を不動のレギュラーとして務めていたため、主に右翼手のレギュラーを争った。長打力が持ち味であり、大砲としての将来を嘱望されたが、外野守備のまずさに加え故障の多さが安定した出場機会を得られない一因であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 阪神 91 291 260 31 73 18 2 9 122 43 1 1 2 2 22 0 5 71 2 .281 .346 .469 .815
2008 25 44 40 2 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 4 0 0 13 1 .125 .205 .125 .330
2009 103 320 281 33 85 14 4 12 143 42 2 4 2 2 32 1 3 53 4 .302 .377 .509 .886
2010 89 272 243 22 62 7 1 9 98 30 1 0 0 2 23 0 4 50 5 .255 .327 .403 .730
通算:4年 308 927 824 88 225 39 7 30 368 116 4 5 4 6 81 1 12 187 12 .273 .345 .447 .792

独立リーグでの打撃成績[編集]

以下の数値は四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の各シーズン選手成績による[14]









































2012 香川 .320 78 317 256 35 82 15 0 6 44 42 53 1 0 7 3 .449 .429
2013 .250 78 332 272 31 68 11 0 10 59 49 51 6 0 3 4 .401 .377
通算:2年 .284 156 649 528 66 150 26 0 16 103 91 104 7 0 10 7 .424 .402
  • 各年度の太字はリーグ最高。

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 51 (2002年 - 2011年、2017年)
  • 0 (2012年 - 2013年)

関連情報[編集]

関連書籍[編集]

  • 『プロ野球 戦力外通告を受けた男たちの涙』(美山和也・加藤慶・田口元義共著、宝島SUGOI文庫、2012年5月、ISBN 9784796697262

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、23頁。ISBN 4-408-61577-3
  2. ^ 原口、虎史上最高アップ率!358%増2200万円でサイン 誓った正捕手獲り.デイリースポーツオンライン.2016年12月3日閲覧。
  3. ^ 阪神・桜井が戦力外に…右肘手術も完治に至らず スポーツナビ、2011年10月9日閲覧。
  4. ^ 桜井、戦力外…真弓阪神リストラ第1弾 sanspo.com, 2011年10月9日閲覧。
  5. ^ 元・阪神タイガース桜井広大選手入団のお知らせ”. 香川オリーブガイナーズ (2012年2月16日). 2012年2月16日閲覧。
  6. ^ 2012年 ベストナイン確定 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2011年11月7日)
  7. ^ “元阪神・桜井、楽天テスト不合格”. DAILY SPORTS ONLINE. (2012年11月20日). http://www.daily.co.jp/baseball/2012/11/20/0005539798.shtml 2012年11月20日閲覧。 
  8. ^ 四国アイランドリーグplus2013個人タイトル確定 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2013年9月25日)
  9. ^ 桜井広大選手 任意引退のお知らせ 香川オリーブガイナーズ(2013年11月18日). 2013年11月18日配信
  10. ^ 桜井広大香川オリーブガイナーズアンバサダー就任のお知らせ - 香川オリーブガイナーズプレスリリース(2015年4月30日)
  11. ^ 元阪神・桜井さんが指導 滋賀・高島、15安打で快勝 朝日新聞 2016年7月21日
  12. ^ “元阪神・桜井広大氏が独立リーグ・滋賀の打撃コーチ就任”. デイリースポーツ. (2016年11月15日). http://www.daily.co.jp/baseball/2016/11/15/0009668650.shtml 2016年11月16日閲覧。 
  13. ^ 監督・コーチ退任のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(2017年10月3日)
  14. ^ 記録 - 四国アイランドリーグplus

関連項目[編集]

外部リンク[編集]