藤原通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤原 通
HT-Toru-Fujiwara.jpg
2009年7月16日、阪神鳴尾浜球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県高砂市
生年月日 (1979-06-18) 1979年6月18日(39歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手右翼手中堅手
プロ入り 2001年 ドラフト6巡目
初出場 2002年8月11日
最終出場 2009年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤原 通(ふじわら とおる、1979年6月18日 - )は、兵庫県高砂市出身の元プロ野球選手。現役時代は阪神タイガースに所属していた。内野手登録だったが、外野手としても出場した。

経歴[編集]

神港学園神港高等学校では一塁手として、2年生の夏の甲子園に出場。立命館大学に進学後は3年生から4番に座り、通算8本塁打を記録した。

期待の長距離砲として2001年ドラフト6巡目で阪神に指名され入団。入団後、大学時代まで守った一塁手以外に、三塁手外野手にも挑戦、内野・外野どこでも守れるユーティリティプレーヤーに成長した。

二軍では早くから力を発揮し、プロ1年目となる2002年ファーム日本選手権では3安打4打点の活躍で最優秀選手に選ばれた。しかし、一軍では戦力が充実していたために、なかなか出場の機会に恵まれなかった。

2003年7月21日、ウエスタン・リーグの対大阪近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)において、満塁の場面で打席に立ち、バックスクリーンを直撃する打球を放った。ところが二塁塁審のいなかった試合でありながら、残りの審判(主審と一・三塁の塁審の3人)が通常の4人制ジャッジに則した動きをしていたために、どの審判も直撃を確認していなかった。結局、木戸克彦二軍監督の抗議も覆らずに二塁打と判定され、幻の満塁本塁打になってしまった。

2006年のファーム日本選手権では、千葉ロッテマリーンズ成瀬善久から、喜田剛桜井広大とともに3者連続本塁打を放っている。この年オフ、結婚を発表。

2007年シーズンはオープン戦でアピールし、開幕一軍候補に挙げられた。結局は二軍スタートとなるが、ファームで4割超の打率を残し一軍昇格。5月に一軍で実に5年ぶりとなる安打を打った。代打代走要員、さらには外野手一塁手の守備固めもこなして一軍に定着した。外野手21試合、一塁手4試合、二塁手1試合、三塁手2試合とさまざまな守備位置で貢献し、ユーティリティーぶりを発揮した。スタメンにも中堅手4試合、一塁手1試合で起用された。

しかし2008年は一軍出場がなく、また2009年には右腕の故障にも悩まされるようになった[1]。「プロ選手として満足のいくプレーができない」と自ら判断し[2]、2009年10月2日に現役引退を発表した。

引退後は阪神の球団職員となり、二軍の用具担当兼サブマネジャーを経て一軍のサブマネジャーに就任している[3]2014年からは一軍マネージャーに昇格する[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 阪神 4 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .125 .222 .125 .347
2003 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2004 6 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2005 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2006 2 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2007 44 31 20 5 3 1 0 0 4 2 1 0 5 0 4 0 2 6 0 .150 .346 .200 .546
2009 2 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 60 48 36 7 4 1 0 0 5 2 1 0 5 0 5 0 2 12 0 .111 .256 .139 .395

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 2 (2002年 - 2004年)
  • 44 (2005年 - 2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]