菅井直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅井 直樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 キン
カタカナ スガイ ナオキ
ラテン文字 SUGAI Naoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-09-21) 1984年9月21日(34歳)
出身地 山形県山形市
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ベガルタ仙台
ポジション MF / DF
背番号 25
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003- ベガルタ仙台 382 (40)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菅井 直樹(すがい なおき、1984年9月21日 - )は、山形県山形市出身のプロサッカー選手Jリーグベガルタ仙台所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー。登録はMFであるが、右サイドバックとしての出場が大半である。

来歴[編集]

2003年山形中央高から当時J1だったベガルタ仙台に入団。1年目こそ出場機会がなかったが、2年目からは出場機会が増えるようになり、2006年からはレギュラーに定着。「Mr.ベガルタ」と呼ばれた千葉直樹が引退した2011年からは仙台の最古参選手となる[1]

人物・エピソード[編集]

  • 主に右サイドバックを務めながら、優れた得点感覚と攻撃センスを持ち、ゴール前に飛び出してのシュートを得意とする。神出鬼没な菅井の攻撃参加は「何でお前がそこにいるんだよ攻撃」とサポーターから呼ばれており、セットプレーにおいてもチームの得点源となっている[2]しかしそのプレースタイル故の怪我による欠場も多い[要出典]
  • 愛称は「キン」で、由来は同姓の女優菅井きんから来ている。入団当時、越後和男コーチや村上和弘に呼ばれて広まり、本人が気付いた頃にはサポーターにも広がり定着していた[3]。また、仙台の顔というべき存在である千葉直樹と下の名前が同じということも関係していたもよう[要出典]
  • チャントの原曲はClub Princeの「チューナイ!!」であるが、2007年終盤の1試合に使用されただけで、その後は使用されていない。2012年からは新しいチャントが使用されている。
  • スピードスケートのオリンピックメダリストである加藤条治は高校の同級生であり、連絡を取り合う仲[4]菅井が試合で活躍すると、加藤のブログに菅井についての事が書かれたこともあった[要出典]
  • 2009年3月8日札幌ドームで行われたコンサドーレ札幌戦で、先制(決勝)ゴールを決めた直後に喜びのあまりサポーターに駆け寄ろうとして、ピッチが乗っているステージ(高さ約2.5m)から飛び降りてしまった(幸いケガはなかった)[5]
  • 小中学生時代には、同じ学校の1学年下にサッカー選手の今田傑がいた。
  • 2011年はベガルタ仙台が「東北の希望の光になろう」と奮闘したシーズンであり、菅井本人もサイドバックながら自己最多タイの7得点を決めた。菅井は「僕自身にとっては応援してくれる方々が希望の光だ」と語った。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2002 山形中央高 - - - 1 0 1 0
2003 仙台 25 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 J2 19 0 - 2 0 21 0
2005 13 0 - 0 0 13 0
2006 37 7 - 0 0 37 7
2007 40 6 - 1 0 41 6
2008 28 4 - 0 0 28 4
2009 49 3 - 5 0 54 3
2010 J1 26 2 6 0 0 0 32 2
2011 30 7 3 0 2 0 35 7
2012 30 5 6 0 1 0 37 5
2013 22 2 2 0 2 0 26 2
2014 30 3 2 0 1 0 33 3
2015 28 0 1 0 2 2 31 2
2016 16 0 3 0 0 0 19 0
2017 14 1 3 0 1 0 18 1
2018
通算 日本 J1 196 20 26 0 9 2 231 22
日本 J2 186 20 - 8 0 194 20
日本 - - 1 0 1 0
総通算 382 40 26 0 18 2 426 42
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 仙台 25 2 1
通算 AFC 2 1

その他の公式戦

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 河北新報 2011年1月21日より。なお同期入団の中原貴之(2015年よりアビスパ福岡所属)は2006年にアルビレックス新潟へのレンタル移籍を経験している。
  2. ^ 【仙台】菅井「最後にいつ取ったか忘れた」3年ぶりゴールでダメ押し!”. スポーツ報知 (2017年4月30日). 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ ベガパラ/菅井選手インタビュー(2006年11月)
  4. ^ 仙台・菅井、マブダチ条治メダル届かず「ショックです」”. サンケイスポーツ (2014年2月12日). 2017年12月7日閲覧。
  5. ^ 【J2日記】仙台:菅井が、消えた!!”. J's GOALアーカイブ(Jリーグ.jp) (2009年3月13日). 2017年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]