森崎和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「森﨑和幸」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
森﨑 和幸 Football pictogram.svg
名前
愛称 カズ
カタカナ モリサキ カズユキ
ラテン文字 MORISAKI Kazuyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-05-09) 1981年5月9日(36歳)
出身地 広島県広島市安芸区矢野
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サンフレッチェ広島
ポジション MF / DF
背番号 8
利き足 右足
ユース
矢野FC (矢野小)
1994-1996 広島市立矢野中学校
1997-1999 サンフレッチェ広島ユース (吉田高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999- サンフレッチェ広島 491 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森﨑 和幸(もりさき かずゆき、1981年5月9日 - )は、日本プロサッカー選手広島県広島市安芸区矢野出身。Jリーグサンフレッチェ広島所属。ポジションミッドフィールダー広島県立吉田高等学校卒業

来歴[編集]

地元矢野小学校で弟浩司と共に小学2年からサッカーをはじめる[1]山出久男から指導を受け、攻撃的なMFとして活躍[2]、小学6年時に浩司と共に全日本少年サッカー大会に出場している[3]佐藤康之皆本勝弘は矢野中学校の先輩[4]。矢野中学校からサンフレッチェ広島ユースへ入団。同級生は、浩司、駒野友一久保田学木村孝洋から指導を受けた。高校2年時よりボランチにコンバートされる[2]。1999年高校3年時には2種登録選手となり、Jサテライトリーグでのパフォーマンスがエディ・トムソン監督に認められ、同年11月20日ガンバ大阪戦に広島チーム史上初「高校生Jリーガー」として初出場した[注 1][2][5]。トムソンにも気にいられ、その年はその後の公式戦に全試合出場し、天皇杯決勝進出の立役者の一人となった[2][6]

2000年にサンフレッチェ広島に入団、同期入団は、浩司、駒野、八田康介松下裕樹山形恭平中山元気[1][7]。リーグ2戦目には、森保一に代わり先発出場[8]。その後も主力として出場し、Jリーグ新人王および日本プロスポーツ大賞新人賞[9] を受賞した[2]

また、年代別代表では、2001年に浩司や駒野とともに、ワールドユース代表に選出されて出場、翌2002年には釜山アジア大会にU-21サッカー日本代表として出場した。控えが中心だった浩司に対し、和幸はキャプテンを任される事もあるほど中心選手として起用されていたが、ボランチのポジションに阿部や今野、鈴木啓らが台頭しはじめると出番を失い、アテネオリンピックを目指すU-22代表ではアジア一次予選には出場するも最終予選以降召集されることはなく、チームは本大会出場を果たすがその本大会メンバーにも選ばれなかった。

一方、広島では2001年にヴァレリー・ニポムニシに監督が替わるとボランチに固定、それ以降ボランチとしてチームの中心となり活躍、両サイドの駒野や服部公太を操り、第2ステージ3位となる原動力となった。その後2004年にはチーム事情からトップ下へ、2005年にはキャプテンに就任、1ボランチとして全試合に出場し、持ち前のパスさばきでチームを支えた。2006年にはオーバートレーニング症候群(公式発表)により数ヶ月間休んでいる[10]。同2006年、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督に代わってからは右センターバックにコンバートされたが、翌2007年にJ2降格。その冬の天皇杯からボランチに戻り準優勝に貢献。

現在は主力ボランチとして活躍している。2009年、慢性疲労症候群により同年5月12日より離脱(同年6月16日クラブ公式発表)、完全休養後同年9月18日に実戦復帰した[11][12]。以降、シーズン中に休みを取りながらも現役を続けている。

人物[編集]

CFS患者
慢性疲労症候群(CFS)患者でありながら、現役でサッカーを続けているプロサッカー選手である。
プレースタイル
高い戦術理解度を武器にパスで試合を作る右利きのゲームメイカー[13]ボランチをメインに、トップ下リベロもこなす。エディ・トムソンは「リトル・ナカタ[14]ミハイロ・ペトロヴィッチは「ドクトル(ドイツ語で「博士」)」と称した。[2]
双子
元サッカー選手で、同じチームだった森﨑浩司は「二卵性双生児[注 2]」の弟[1][2] であり、佐藤勇人/佐藤寿人兄弟と共に、Jリーグ史上初の双子選手[7]
  • 2004年5月5日J1・1st第8節対セレッソ大阪戦(長居スタジアム)にて初アベックゴール(48分和幸、89分浩司)を達成。Jリーグにおいて同じチームに所属する兄弟が、同一試合でアベックゴールを達成した例は森﨑兄弟と山瀬功治/山瀬幸宏兄弟(2007年に達成)、高木俊幸/高木善朗兄弟(2010年に達成)の三組のみ。
  • 2007年から公式用ユニフォーム背番号の下に「KAZU」と下の名前が入るようになった。弟の浩司のほうは「KOJI」。 世代別の代表の公式戦では、名前のイニシャルが和幸、浩司ともに「K」のため、仕方なくユニフォームには「MORISAKI」とだけ記されていた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 矢野FC
  • 広島市立矢野中学校
  • サンフレッチェ広島ユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1999 広島 38 J1 3 0 0 0 5 0 8 0
2000 20 24 3 4 0 2 0 30 3
2001 8 26 1 3 0 2 0 31 1
2002 25 1 2 0 4 2 31 3
2003 J2 41 1 - 2 0 43 1
2004 J1 28 5 5 0 1 0 34 5
2005 34 4 6 0 2 1 42 5
2006 26 2 1 0 2 0 29 2
2007 32 0 6 0 5 0 43 0
2008 J2 33 2 - 3 0 36 2
2009 J1 18 0 1 0 2 0 21 0
2010 17 0 3 0 1 0 21 0
2011 32 0 2 0 1 0 35 0
2012 33 2 2 0 1 0 36 2
2013 33 0 2 0 5 0 40 0
2014 29 0 2 0 0 0 31 0
2015 33 1 1 0 1 0 35 0
2016 24 0 1 0 1 0 26 0
2017
通算 日本 J1 417 19 41 0 35 3 493 22
日本 J2 74 3 - 5 0 79 3
総通算 491 22 41 0 40 3 572 25
  • 1999年 : ユース所属

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2010 広島 8 4 1 -
2012 - 3 0
2013 0 0 -
2014 0 0 -
2015 - 2 0
2016 1 0 -
通算 AFC 5 1 5 0

出場歴[編集]

アンダーカテゴリー
  • 全国少年サッカー大会 (1993年)
  • 全国中学校サッカー大会 ベスト16
  • Jユースカップ 準優勝(1997年)
  • 国民体育大会広島県代表(1998年、1999年)
トップカテゴリ

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンフレッチェ広島

個人[編集]

代表歴[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この試合には浩司もベンチ入りしている
  2. ^ 似ているためよく勘違いされるが、二卵性双生児である。簡単な見分け方として、左利きで鼻の下にホクロがない方が弟の浩司、右利きでホクロがある方が兄の和幸。

出典[編集]

  1. ^ a b c スペシャルインタビュー Vol.14】サンフレッチェ広島:森﨑浩司選手”. J's GOAL (2005年9月12日). 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 唯一無二の存在へ”. サンフレッチェ広島公式 (2008年11月25日). 2011年1月18日閲覧。
  3. ^ Jリーグで活躍する主な決勝大会卒業生”. 読売新聞. 2011年1月18日閲覧。
  4. ^ 地元の誇り サンフレ写真展”. 中国新聞 (2013年2月14日). 2013年2月15日閲覧。
  5. ^ 18歳森崎和 魅せた可能性”. 中国新聞 (1999年11月20日). 2011年1月18日閲覧。
  6. ^ 「経験」という糧は得た”. 中国新聞 (2000年1月2日). 2011年1月18日閲覧。
  7. ^ a b ゴールデンルーキー サンフレ7人衆”. 中国新聞 (2000年2月12日). 2011年1月18日閲覧。
  8. ^ 若手も成長 トップ4へ忍耐の時”. 中国新聞 (2000年3月18日). 2011年1月18日閲覧。
  9. ^ 日本プロスポーツ新人賞に森崎和ら3人”. 中国新聞(Internet Archive) (2001年1月25日). 2009年8月15日閲覧。
  10. ^ 森崎和幸選手の状況について”. サンフレッチェ広島公式 (2006年5月21日). 2011年1月18日閲覧。
  11. ^ 森崎和幸選手について”. J's GOAL (2009年6月19日). 2009年9月19日閲覧。
  12. ^ 森崎和、頼もしき合流、4カ月ぶり実戦練習”. 中国新聞 (2009年9月19日). 2009年9月19日閲覧。
  13. ^ 選手情報”. Sports Graphic Number. 2011年1月18日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 駒野と森崎兄弟、体調維持に苦労”. 中国新聞(Internet Archive) (2000年2月27日). 2009-02-29閲覧。

関連情報[編集]

CM出演

関連項目[編集]

外部リンク[編集]