トニー・ヒバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トニー・ヒバート Football pictogram.svg
Tony Hibbert 1.jpg
エヴァートンFCでのヒバート (2009年)
名前
本名 アンソニー・ジェームズ・ヒバート
愛称 ヒボ、トニー
ラテン文字 Anthony James Hibbert
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1981-02-20) 1981年2月20日(37歳)
出身地 マージーサイド州リヴァプール
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション DF(ライトバック)
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2016 イングランドの旗エヴァートンFC 264 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンソニー・ジェームズ・”トニー”・ヒバートAnthony James "Tony" Hibbert, 1981年2月20日 - )は、イングランドリヴァプール出身のサッカー選手。ポジションはDF

経歴[編集]

1996年、エヴァートンアカデミーに加入。現マンチェスター・ユナイテッドウェイン・ルーニーと同期入団で、かねてよりの大親友である。当時はセントラル・ミッドフィルダーとしてプレーしていた。

1998年、リチャード・ダンフランシス・ジェファーズレオン・オズマンと共にFAユースカップを制し、初のタイトルを手にする。

2001年、FAプレミアリーグ第31節のウェストハム・ユナイテッド戦(2001年3月31日)でスタメン出場。トップチームデビューを果たす。(2-0で勝利)

2003年、初のプロ契約を結びレギュラーの座を確保する。2004-05シーズンには、選手の格付けを行うACTIM indexより「プレミアリーグ最高のライトバック」と称された。

2005年7月、エヴァートンFCとの4年契約にサインし「生涯エヴァートン」を誓う。

2006年4月、ヘルニアを患ってしまい戦列を離脱。長期的な離脱となり、翌シーズンはわずか13試合の出場となってしまった。

2007-08シーズンでもフィットネスが戻らず、主にフィリップ・ネヴィルがライトバックを務めていた。その後膝を負傷し、またもシーズン終盤に戦列を離れてしまった。

2008年1月、生え抜きの盟友オズマンと共に3年契約を結んだ。 そして2008-09シーズン第7節のリヴァプールFC戦で復帰を果たした。

所属クラブ[編集]